For Ages 22 plus Years

You are the th visitor, Thank you !

ほぼ毎日更新中のブログはこちら
※ご注意:素材サイトではありません。画像の二次利用、配布はご遠慮ください
>>2005年12月


困難 12/27(火)21:54:52


困難
出会うと
途端にいつも
くじけそうな自分


足りないもの 12/27(火)21:50:16


足りないものが
強さなら
強くなりたい
最強になりたい


空っぽ 12/27(火)21:48:24


空っぽなところまで
空っぽなところまで
行ったら
行けたら
きっと前に進める。


それは勇気でしょうか。 12/27(火)21:46:52


困難から逃げ出さないために必要なもの。
それは勇気でしょうか。
勇気?
強さじゃなくて?


幸せの正体 12/27(火)21:43:20


気持ちが安定しているときは
いつも幸せの正体を知っているかのように
ふるまっているけれど
いざ
心が迷ったり
孤独なときは
そんな思いはどこか遠くへ行ってしまう。

何も知らないのか。
何も知らないのか。


あの高揚感 12/9(金)23:14:42


あの高揚感が
馬鹿みたい。
うかれた自分が
馬鹿みたい。

前に進めると思ったのに
背伸びしたのに
馬鹿みたい
馬鹿みたい。


閉塞感 12/9(金)23:12:39


また小さな孤独な箱に詰められて
その中で太陽の光に憧れながら
背中を丸くして
上を見上げてため息をつくような
そんな閉塞感が
じわじわと歩み寄ってくる。


それは 12/9(金)23:10:48


だったら
もっと早く知りたかったと
そう思ったけど
もっと遅くならなくてよかったと
惨めな思いをしなくてよかったと
そういう風にも
思えなくは無いけれど。


結末 12/9(金)23:07:21


どうしてだろう
なぜだろう
どうしたらいいだろう
悲しいよ。


支えてくれるもの。 12/9(金)23:06:33


支えてくれるものを
いつの間にか
探すようになっていた。
今までは
それでも
自分で耐えていたと
そういうこと?


事実 12/9(金)23:03:20


ただ、事実を知っただけ。
何かが変わったのではなく
ただ、事実を知っただけ。

それは
そうであるかもしれないと
思うこともできたのに
自分のいいように
考えていた
罰のようなもの。

罰。
罰・・・。


- 戻る -