For Ages 22 plus Years

You are the th visitor, Thank you !

ほぼ毎日更新中のブログはこちら
※ご注意:素材サイトではありません。画像の二次利用、配布はご遠慮ください
>>2002年09月


余計な思考 9/22(日)09:58:24


道徳、
倫理、
正義、
極度な保守的思考。

こだわりすぎた自分を変えたい。
その代償が大きすぎる気がする。


あのひとの私の中での存在 9/21(土)23:07:04


会えなくても
コミュニケーションがなくても
それでも心の中で甘えてしまう人っていませんか?

そばにいないのに
これは一体どういうことだろうと
「ハテ?」と首を傾げたりするんだけど
それがその人の私の中での存在なんだと
そう結論づけてみました。


消えないわだかまり 9/21(土)21:18:45


理不尽なことがあったのだけど、
それを理解してくれる人がいない。

でも、理解してくれようとする人はいて、
その気持ちには救われる。
(理解すべき立場の人が理解しないというのに。)

結局、誰かが理解をしてくれて
相手の否も自分の否も明確になるのなら
その理不尽な言葉を少しは許そう。

今回の場合
わかってくれと言うのは贅沢じゃないと思う。


他人に対する評価 9/21(土)13:01:56


周りの人間の評価に左右されてはいけなくて、
自分の目や耳や心で判断しなきゃいけない。


仕事の人間関係で 9/21(土)12:00:05


「あの人とは一緒に仕事したくない」と思った時、
自分がそう思われたら嫌だと思う。

一緒に仕事をしたくない理由は
その人の仕事が遅かったり
その人の仕事が雑だったり
色々あるけど、やっぱり一番は
その人の人間性自体に疑いを感じることだ。

相性も勿論ある。
でも、
自己中心的で絶対的に
「どうかしている」と思える人もいるし、
他人への思いやりがあって、
「一緒に仕事すると気持ちがいい」と思える人もいる。

だから、他者を否定的に見たとき、
「自分はどうだろう?」って思う。
人間性を磨いて、
「一緒に仕事したいな」と思われる人になりたい。

以前、追いつめられて職場で号泣したとき、
違う部署の一緒に仕事をしたことのない人が
短い言葉で慰めてくれたことがあった。

その人が本当に私を理解していたかといえば
そうではないけれど、
それでもその人の言葉やその裏にある優しさで
私は十分慰められた。

人間性。
結局最後はここに行きつくんだと思う。


反省点 9/19(木)23:49:13


できるだけ早く、自分の間違いに気がつくのは大切。
かっとなったり、ぐさっときたとき、どうしても
自分を守るためにそれを忘れがち。
冷静に自分の行動が判断できるようになれば
きっとその後の物事もうまくすすむ。

でも、ダメなんだよねぇ。
やっぱり性格もあるよね…。

会社勤め向いてないかな…。


甘えたい 9/19(木)23:42:11


人に甘えたくなることがあるでしょ。
私は人一倍甘えたがりなので、
ちょっとでもへこむと
すぐに誰かにすがりたくなる。
そう思うたびに
自分の弱さも嫌で、
もっと毅然と、凛としていられないのかと
自分を振り返る。


嫌なこと 9/19(木)23:40:16


生きていれば必ず嫌なことがあるのは知っている。
絶対ある。

でも、いざ、それに直面すると、
途端に辛くなって、逃げたくて仕方が無い。


満足 9/11(水)06:42:41


自分がどこで満足できるのか。

ときどきそれが果てしないように思えて
暗い気持ちになったり、
自分にがっかりしたりする。

「世間一般で理解されないこと」を理解はしていても、
結局毎日の欲望に忠実に生きてしまう。

こういう人、実は結構いると思うんだけどなぁ。
わたしが極端に実践し過ぎなのだろうか。


わたしがしたこと 9/5(木)07:07:21


後悔していない。

こんなに自分に素直になれることは
あまりなかった。


そしてさらに。 9/5(木)00:13:11


自分の中の
飢えた感情に気がつくのは
大切だなぁ、と。


あの人の魅力 9/5(木)00:12:30


他人を通して
自分の存在意義を確認できたのは
初めてかもしれない。

それがあの人の魅力。


- 戻る -