For Ages 22 plus Years

You are the th visitor, Thank you !

ほぼ毎日更新中のブログはこちら
※ご注意:素材サイトではありません。画像の二次利用、配布はご遠慮ください
>>2002年1月17〜31日


惚れるね 1/31(木)23:57:19


仕事ができる人が好きだ。

行動力、決断力、
コミュニケーション能力が高い人。

相手に対して威圧的にならず、
謙虚で余裕があり、
かつ動きが早い人。

惚れるね。

特に女性。
女性らしさも備えてたら最高。


奇跡 1/30(水)23:42:15


待っていても何も起こらない。
そんな事実を言葉だけで捉えていたということを
日々実感しつつある。

奇跡は待つものではなく、
突如降ってくるものなのだろう。
自分の顔を向けた方向
自分の歩いている方向
自分の指している方向
それが原点だと。
奇跡や事故はそれに付随するものだと。

「救世主や神秘を待っても
風に舞う答えなんてなかった」(中川敬/向い風)


音楽 1/27(日)21:55:04


とても久しぶりにクラシックのCDを買った。
話題になったCDだったので、ミーハーな
気持ちで買っただけで、恥ずかしいことに
私にクラシックの知識はほとんどない。

しかし、意味はわからないが、
自分は意味を求めていないのも事実。

テンポの早いところで
きれいに音がまとまると
ぶるっと震えがきたり、
やさしい調べにα波が出たり、
ポジティブな眠気に襲われたり、
それでいい。


走りたい衝動 1/23(水)23:32:58


走りたい衝動に駆られることがある。

走りたい衝動に駆られるが、
すぐに自分にはゴールが無いという事実に気が付く。

いつもゴールまで走ってこなかった。
いつもあきらめた。
かっこ悪いんじゃないかと思って
かっこつけて途中で投げ出して、
結局、いつも、かっこ悪かった。

「くやしい話だが、人生ではやり直しがきかない。
出遅れたら、追い込むしかないのだった。」
(寺山修司/おさらばという名の黒馬)


日照権 1/18(金)20:57:16


高層ビルの窓から外を見下ろしてぞっとした。
今自分がいるビルの影が、あたりを大きく覆っていたからだ。
恐らく、このあたりは一日陽が当たらない。

「日照権」とは、太陽の光を享受する権利だという。
改めて言葉にして眺めると、
それが当たり前のことではないという事実に驚く。

天気がよければ、ここからは富士山も見える。
眺望は抜群で、開放的な気分で仕事に望める。
しかし、確実にその犠牲が眼下にあった。
影になっている建物の中には、
屋上にたくさんの鉢植えを並べている家もあった。
残酷に思えた。


失敗を犯した 1/17(木)20:57:52

失敗を犯した。

失敗を避けるような生き方を選んでいるので
失敗の経験が少ない分、
失敗したときの痛みが非常に大きい。
恐らく、「失敗しちゃった。てへ。」
くらいの失敗なのだが、
手におえない(後から思い返すと赤面するような)
言い訳が口からついで出てきた。
大切なのは同じ失敗を繰り返さないこと。
落ち込みすぎないこと。
卑屈にならないこと。
そして人に話したり、
言葉に落とすことで気持ちを前向きに変える。

ちなみに私の人生は、ローリスクである分
ローリターンな人生である。


2002年 1/17(木)20:57:13


一年の計は元旦にあるはずなのだが、
気がついたら1月も半分が過ぎていた。
30分通勤電車に揺られていると、
目標はあふれるほど涌いてくるというのに、
どうして改めて文章にするのにこんなに
時間がかかるのだろう。

映画をみる
音楽をきく
本を読む
人とのつながりを大切にする
…後はナイショ。


- 戻る -