病気

1歳前後、保育園に入ってからの病気の記録

熱があっても比較的元気なヨーちゃん

娘ヨーちゃん、すでに修正1歳になっております

修正1歳当日(出産予定日)は夫含め、周囲の関心は思いのほか薄かったのですが、私は一人で喜びをかみしめていました。

本来の1歳は修正で9か月、やはりまだ赤ちゃんでした。しかし修正1歳になり、顔も体もしぐさも、赤ちゃんを卒業して子どもっぽくなってきています。

赤ちゃんもかわいいけれど、幼児もかわいいです。これからまた新しい育児が始まるんだな、とわくわくしました。

さて、ヨーちゃんは保育園に通い始めてからというものの、本当に絶え間なく病気を頂戴しています。今回は備忘録的にこれまでかかった病気をまとめてみました。

保育園に入るまでほぼ病気知らずだったので、「この子強いのかしら?!」と喜んでいたのですが、なんてことはない、病気との接触が少なかったんだろうと思わされています。

幸い、今のところ入院するまでには至っていません。また、それなりの症状がありながらも、ぐったりしたり顔色が悪くなったりする状態までになっていないので、私も冷静に対処できているのが救いです。



初めての発熱

記念すべき(?)初めての発熱は、保育園に通い始めてから2週間目の金曜日でした。

昼過ぎに「ヨーちゃん、お熱があるので、お迎えに来てください」という呼び出し電話。

保育園の呼び出しって、これか! …… と、妙な感動を覚えつつ、すぐにお迎えに行きました。当時は求職活動中だったので、面接やアポがなければすぐにお迎えに行けました。

初めての発熱で、慌てるかと思いきや、ヨーちゃんが元気だったので私も冷静に対処できました。この日は病院に連れていくこともなく、家でゆっくり過ごしたところ、一晩で熱は下がって翌日には元気になりました。

子どもが新しい環境に慣れるために疲れてしまう「知恵熱」ってやつだったのかな、と思っています。

高熱が4日続いて大病院へ

二度目の発熱は慌てました。40度前後の高熱が4日続いたのです。

土曜日の夕方に発熱、翌日曜日も高熱。さらに夕食を大規模に吐いたのでびっくりしてしまい、休日対応の病院に連れて行きました。しかし、熱以外の症状がなかったので解熱剤が出ただけ。改めてかかりつけ医に行ってくださいとのことでした。

翌月曜日、熱が下がらないので当然保育園は休んでかかりつけ医へ。相変わらず熱以外の症状なし。ウイルス感染ではなく、もし尿路感染症などの細菌感染だった場合、ほっておいても治らないので、フォローアップを受けている病院で検査してもらった方がいいとの指示をいただきました。

火曜日、フォローアップの病院へ。大病院なので、いきなり行っても受診できません。朝一に電話で予約外診察を相談したところ、通院しているおかげで受け入れてもらえることになりました。

この日も熱が続いていたので、隔離された個室で診察。ホカホカしてるヨーちゃん、そこで熱を測ったらやはり40度ほどありました。

診察前に「もし細菌感染で入院になった場合、今うちの小児科は満床なので他の病院に入院になります」と言われました。切迫早産で入院時、この病院のNICUが満床で他の病院に搬送されたことを、瞬時に思い出しました。デジャヴ……。

血液と尿を検査してもらった結果、幸い細菌感染ではなくウイルス感染でした。お守り代わりに解熱剤だけ処方してもらいました。尿路感染症だとおしっこは濁るそうで、今回は採尿直後から先生が「きれいだから大丈夫そう」って言ってくれました。

ヨーちゃんは採血だけでなく、採尿もカテーテルを使ったもので、大変な(痛い)思いをしたようです。私は待合室で、いつもより長い雄たけびを聞いていました。

満身創痍でボロボロになって帰宅。しかし午後から急に元気がよくなり、そのまま翌日には熱が下がって回復しました。何だったのだろうという終わりでしたが、心配で辛い4日間でした。



手足口病

手足口病については以下の記事でまとめています。
→「「手足口病」に親子で感染……症状と経過(写真あり)

保育園で流行っており、例外なく頂戴してきました。

回復して登園した時、保育士さんに「ヨーちゃんは最後の方でしたよ~」と言われました。この保育園の子どもは、全員感染したのかもしれません(笑)。

この手足口病、さらに後日談がありまして、現在母子で爪の剥落らしきものが始まっています。爪の一部が薄く浮いている状態なのですが、これ、この後どうなるんだろう。

「手足口病」の後遺症? 爪が浮いています
「手足口病」の後遺症? 爪が浮いています

なんらかの風邪ウイルスと父母両方への感染

発熱はないものの、目ヤニ、鼻水、咳が出ました。しばらくして私に似た症状が出ました。

ヨーちゃんは症状が続きつつも元気だったのですが、感染した私の症状(目ヤニ、咳)がかなりひどかったので、念のため先にヨーちゃんを病院に連れて行きました。アデノウイルス(はやり目)かと心配したのです。しかし、アデノは高熱が出るそうなので、検査せず、普通の風邪の対処療法で終わりました。

その後、私はひどい咳症状に悩まされ、何日も夜間のたうち回りました。さらにこの風邪は夫にも感染し、私ほどではありませんが、会社を早退して寝込む羽目になり、わが家でひと騒動を起こしたウイルスでした。



下痢ウイルスとRSウイルス

2つのウイルスに連続して感染しました。そして、今回も私に感染しました。。

とある週末、ヨーちゃんはお腹をくだしました。週明けには調子を戻し、発熱などの他の症状がなかったので、保育園へ。しかしやはり少しお腹が緩めという指摘を園からもらい、さらに咳と鼻水が出始めたので、翌日は休んで病院に連れて行きました。

かかりつけ医の先生曰く、恐らく下痢のウイルスと、咳・鼻水のウイルスは別だろうとのこと。お腹の調子がよくなってきたところで別の病気をもらったと言われました。対処療法的に咳、鼻水、お腹の薬をもらいました。

先生の予言が当たったのか、この後下痢は完全に収まった一方で、咳・鼻水の症状が悪化。咳がひどくて夜間のたうち回っているし、咳による嘔吐は計2回。鼻水はずっとダラダラ。そのまま保育園には行けず、週末にとうとう38度台の熱が出ました。

再びかかりつけ医に行った結果、RSウイルスへの感染が分かりました。打つ手はないので、もらった薬を引き続き飲み、症状を抑えるだけになりました。

RSウイルスは早産児の大敵です。重症化するリスクが高いため、ヨーちゃんは公費で半年ほどシナジスという重症化を防ぐ注射を受けていました。1歳(12か月)を超えた現在は対象外なので、今後は病に立ち向かわなくてはなりません。

かかりつけ医の先生曰く、入院の検討は「ご飯を食べられるか、と眠れるかが目安」とのことでした。食欲はかなり落ちていましたが、一応好きなものは食べたし、夜も咳が出ないときは寝ていたので、入院まではいかないと思いました。

熱は5日目に39度台まで上昇。この時がピークでした。翌日には熱が下がり、咳・鼻水の症状も徐々によくなっていきました。そして7日目には保育園へ。

私の症状は、ヨーちゃん発症後の2日後くらいでした。咳・鼻水のみで熱はなし。特にひどいのが咳で、夜間は喘息のような激しい咳を一晩中繰り返しました。あまりに苦しくて涙も出るし、お腹が筋肉痛になりました。

私も内科で症状を抑える薬はもらっていたのですが、咳に効いたのはヴェポラップを足の裏に塗る、という民間療法だったように思います……。

熱があっても比較的元気なヨーちゃん
熱があっても比較的元気なヨーちゃん

保育園と病気について思うこと

現在までの病気は以上です。

保育園に入ってから、約6回の病気をしたことになります。保育園最初の1年、そして1歳台は特に病気をよくもらう、と聞いてはいましたが、わが家も典型的な事例になったと思います。保育園も本当によく休んでいます。

ヨーちゃんが生まれてからの1年超、切迫早産やその後の長期入院も含め、育児を辛いという気持ちはあまりなかったのですが、子どもの病気が自分に感染し、病を抱えて家事・育児することを初めて「辛い」と感じました。

手足口病に苦しんでいた時、まだ仕事が決まっていなかったので、保育園をやめることが一瞬頭によぎりました。

保育園をやめれば、病気をもらうことも減るだろうと。

しかし、保育園の集団生活はヨーちゃんの発達にとって良いと感じ始めた矢先でもあったので、病気によくかかることを理由に保育園を辞めるのはもったいないと思いました。

また、保育園に行っていないのに子どもが手足口病や風邪にかかったというお母さんの話を聞く機会があり、子どもにそれなりの社会生活を送らせていれば、病気になるのは避けられないと感じました。

そして、ヨーちゃんは病気から回復すると、なんだかいつもパワーアップしています。病気のたびごとに逞しくなっている感じがして、まさに鍛えられているように思うのです。その姿を見ると、成長の過程で病気になるのは、ある程度いたしかたないことなのだと思えます。

これから冬に向けて、インフルエンザや胃腸炎など、また違った感染症の季節を迎えます。ヨーちゃんのこと、そして私や夫への感染も含めて心配は尽きませんが、保育園1年目、家族で頑張りどころになりそうです。

「手足口病」に親子で感染……症状と経過(写真あり)

夜中にヨーちゃんが雄たけびを上げていました

自分の子どもは何もかもがカワイイと思います。親バカ万歳です。そして、私は娘ヨーちゃんの襟足がかわいくて仕方ありません。

娘ヨーちゃんのちょろりん襟足
娘ヨーちゃんのちょろりん襟足

このチョロンとした感じがたまりません。薄毛の時期限定なので、毎日毎日後ろ姿を愛でています。

さて、娘ヨーちゃんが手足口病にかかりました。ニュースでもさんざん騒いでおりましたが、2年ごとに流行し、今年がその流行り年だそうです。乗りたくない流行に乗ってしまいました。

小さい子どもがかかるのは珍しくないのですが、今回は私にも感染し、非常にしんどい経験をしました。備忘録的に母と娘の「手足口病」経過を記録しておきたいと思います。

なお、発疹の写真を掲載しています。苦手な方はご注意ください。



母と娘の「手足口病」経過

病気の発症は娘ヨーちゃんの発熱から始まりました。ただ、最初は発熱していたか不確かで、思い返してみると「あれが始まりだったのか?」という出来事でした。

娘1~2日目

週末ことでした。真夜中、ヨーちゃんが泣きながら起きて汗だくで突進してきました。

夜中にヨーちゃんが雄たけびを上げていました
夜中にヨーちゃんが雄たけびを上げていました

ヨーちゃんは夜中にあまり起きない子なのに、突然泣きわめきながらハイハイで突進してきたのです。頭は汗びっちょり。かわいそうなくらい激しく泣いていましたが、抱っこしたり授乳したりしてあやしたところ、落ち着いて寝てくれました。

寝室の冷房が壊れており、部屋が夜も少し暑かったのが原因だと思い、あまり気に留めていませんでした。冒頭にも書きましたが、思い返すとあの時発熱していた可能性があります。測っていないので分かりませんでしたが……。

娘3日目

朝、ヨーちゃん38度台の微熱。元気で食欲もあったので、なんだろうと思っていたのですが、お昼前には下がりました。前の晩のこともあったので、部屋が暑くて体温が一時的に上がったのかと思いました。

そしてこの日の午前中、エアコン修理が来たので、部屋の温度は快適になりました。

ただ、夕食はあまり食べなかったです。

あと、気になる点として、よだれが多いように感じました。ひどいときは服がびしょびしょになるくらいの量でした。恐らく発症していた1週間くらい、よだれが増えるという症状が出ていたと思います。

娘4日目

元気に過ごすも、足の膝部分にぽつぽつと発疹が。虫刺されにしては多いなと思いつつも、イメージしていた手足口病よりは数が少ない気がする、という自己判断。そして他に目立つ発疹がなかったので、気にしないことにしました。

朝ごはんは完食でしたが、昼、夜はあまり食べませんでした。いつも3食わりとしっかり食べるので、食欲の低下が気になりました。

娘5日目、母1日目

相変わらず元気ですが、朝から食欲が低下気味。加えて発疹が手首、肘、肩、そしてお尻あたりに増えてきたので「これはもしや…」と思い、小児科受診を決めました。

くだった診断は、やはり「手足口病」。口の中にも、多くはないものの、水泡ができていたようです。食欲低下の原因はそこにあったようです。発熱や、まったく食べられないといった症状はなかったので、治療や薬の処方はなしでした。

そして、ここから私の発症です。地獄でした…… 。以降は私の経過の話がメインになります。

暑い中、やや遠方の小児科からヒーヒー言いながらベビーカーを押して帰ってきたところ、ヨーちゃんはすでに夢の中。

一方私は、帰宅直後から体に違和感を感じ始めていました。悪寒、倦怠感、にぶい筋肉痛……。ナニコレ、オカシイ。。えい、やー、と寝ているヨーちゃん布団に移した後、私も畳にバタンと倒れこみ、まだ午前中だというのにそのまま気を失いました。

昼頃、玄関のチャイムで起こされ、なんとか対応するものの、頭にはモヤがかかっていてふらっふら。喉も痛い。そして普通に元気なヨーちゃんは元気にお目覚め。

離乳食を用意する気力・体力は皆無。ベビーフードを食べさせるのでも精いっぱい。ただ、ヨーちゃんも元気に見えてまだ本調子ではないのか、あまり食べませんでした。(口の中が痛いのかも。)

この後、夫が帰宅するまでどう乗り切ったのかあまり覚えていません……。ソファに倒れて一人遊ぶヨーちゃんを横目で見ていましたが、一人遊びは途中で飽きてしまうので、なんどか相手をさせられました。オムツ交換や水分補給はやらずにはいられませんし。

また、ヨーちゃんの夕食は、フリーズドライの米粥や、離乳食初期に使うようなペーストをあげました。この時点でまだあまり食べなかったです。一方私はまったく食欲がなく、食べませんでした。

最後の方はヨーちゃんも泣いて怒って私の髪をひっぱったりして、ほんと、しんどかった。ちなみに熱は一度しか測っていませんが、38.9度でした。

夫の帰宅時間はいつも通りだったのですが、事前に連絡をして食事はすませてきてもらいました。そして帰宅後はヨーちゃんを一人でお風呂に入れて着替えさせて寝かしつけ、その後洗濯までやってくれました。本当に助かりました。大感謝です。

私はお風呂に入ることもできず、ずるずると夫が敷いてくれた布団に這って入り眠りに落ちました。



娘6日目、母2日目

ヨーちゃんの足首の発疹
ヨーちゃんの足首の発疹

翌朝、午前中だけ夫に在宅勤務をしてもらいました。いつでもできるわけではなく、この日の午前はたまたま会議等がなくて在宅が可能だったようです。仕事をしているので、家事は頼めなくても、いてくれるだけで心強かったです。助かった……。

私の熱は下がったようで、まだしんどさは残っていたものの、シャワーを浴びました。

そして気づいたのが、手の節の違和感。指が曲げにくい。そして、痛む。

実は前日に熱が出た際、手足口病ではなく、風邪かもしれないと勝手に思っていました。というのも、エアコンが壊れていた時に少し薄着で寝たことがあったからです。

しかしこの手の痛みで手足口病が感染したと確信しました。だんだんと赤みが増してきて、痛みが出てきました。また、持病の蕁麻疹がここぞとばかりに腰あたりに登場。抗ヒスタミン薬で抑えました。

夕方は頭痛に悩まされ、前日より家事はできたものの、夫が帰ってくる時間にはまたぐったりしていました。

一方ヨーちゃんは元気で、この日には食欲も復活してきました。3食ほぼいつもの量を食べていました。子どもは3~4日で症状が収まることが多いようなので、ヨーちゃんはすでに回復期だったのだと思われます。

娘7日目、母3日目

手の発疹の痛みが酷くなってきました。ただ、ヨーちゃんが日中よく寝てくれたので、家事はできました。

そして、主に手のひらにあった発疹は、足の裏、膝の裏、お尻にもでてきました。のどの痛み、舌の付け根にも痛みがありましたが、恐らく発疹があったのだと思います。

私の場合、手がとにかく辛かった……。ただ、大人の発症者の体験談を読むと、口にできて食事がとれない状態が最悪のようなので、それに比べれば軽症だったのかもしれません。足の裏がひどくなって歩けないのも困りますけど……。

娘8日目、母4日目

昨日がピークと信じたかった発疹が、まだ痛む状態……。

4日目の状態。力がかかりやすい指先の痛みが特に辛い。
4日目の状態。力がかかりやすい指先の痛みが特に辛い。

家事がとにかくつらいので、対処療法でも痛み止めがもらえないかと思い、蕁麻疹で通った皮膚科に行きました。(手足口病で皮膚科に行く人はいないかと思いますが、内科を受診しても同じだと思ったので、直近で蕁麻疹の通院歴がある皮膚科にしました。)

この日は混んでいて、2時間半も待たされてぐったりでしたが、蕁麻疹の抗ヒスタミン薬を追加でもらったのに加え、痛み止めでカロナールを処方してもらいました。まだ授乳中なので、ロキソニンは強すぎるようです。そもそも対処療法でロキソニンまで飲みたくはありませんでしたが。

手の発疹には、日常の些細な挙動も制限されます。私の場合、手のひら全体だけでなく指先にもできたのですが、痛くてペットボトルの蓋が開けられませんでした。また、自転車のカギをかけるのは拷問のようでした(笑)。

ヨーちゃんの発疹はすでに峠を越えて回復に向かっているようでした。ただ、手足口病との関連は不明なものの、前日とこの日、お腹をくだしました。

夜、夫が悪寒を訴えて早くに布団に入りましたが、翌朝一時的なものだったと分かり、かなりほっとしました。

母5日目

朝、手を握って痛みを確認し、ようやく回復してきたことを感じました。まだ痛みはあるものの、包丁を握ることができたので、朝からがつがつ離乳食の仕込みができたくらいです。

夜、お風呂上りに指の外側にできた水ぶくれ皮がむけました。第二章の始まりか! と戦々恐々としましたが、小さなものが少しだけだったので、痛みは少なかったです。

また、お尻や足の痛みは手から1日遅れで発症していましたが、鈍くて無視できる程度のもので、生活に支障はありませんでした。

ヨーちゃんは終日元気。下痢もなく、発疹はふくらんだ状態から枯れて小さなかさぶたになっており、きれいになってきました。

母6日目

多少の痛み、発疹の赤みは残るものの、ほぼ治りつつある状態。
これにて母子の「手足口病」事件は終息したと認識しました。辛かった……。

母9日目

後遺症というか、後日談。手のひら全体がガビガビです。発疹の後が乾いてカサカサになっています。また、水ぶくれになって破れたところは痛みがあります。おむつ替えの後などに手をアルコール消毒すると痛いです。水ぶくれがもっと多かったら、もっと長く苦しんだかもしれません……。

発疹の後はどんどん皮が剥けました(写真は10日目)
発疹の後はどんどん皮が剥けました(写真は10日目)



母と娘の「手足口病」症状まとめ

ヨーちゃん(娘)

  • 発熱(38度くらい。微熱?)
  • 発疹:手首、肘、肩、膝、足首、お尻
  • 下痢(関係性は不明)
  • 投薬や治療はナシ

基本的には元気でした。不機嫌な時もありましたが、元気がない、ぐったりしている、といった症状はなかったです。発疹は水ぶくれのように膨れたものと(手足)、小さなものがたくさんザラザラできる(肩とお尻)2タイプでした。痛がったり、かゆがったりする様子はなかったと思います。病院には連れて行きましたが、「手足口病です」と診断がくだっておしまいです。

私(母)

  • 悪寒、倦怠感、筋肉痛、頭痛
  • 発熱(39度くらい)
  • 発疹:手のひら、膝の裏、足の裏、お尻、喉と舌の付け根
  • 痛み止めのカロナールを2回飲んだ(効果不明)

悪寒などの後からの発熱が苦しかったです。熱が下がった後は頭痛に悩まされました。また、発疹が手のひら全体にできたことで、家事をはじめ日常のあらゆる動作に支障が出ました。その痛みは、手のひら全体にマメができている、手のひら全部をやけどした、みたいなものでした。有効な治療がないことは承知していましたが、手の痛みに耐えられず、病院で痛み止めのカロナールを処方してもらいました。



親子感染して思ったこと

親子で感染症にかかるときつい……といった話はよく聞きますが、それを今回、身をもって知りました。

熱でふらっふらの中、なんとかおむつ替え、食事はこなしましたが、ヨーちゃんは元気だったので寝てくれるわけでもなく、それ以外の相手がほとんど無理でした。

倒れている私に、すがるように(相手しろと)泣きながらよじ登ってくるヨーちゃんの姿が切なかったです。

今回は幸い夫が感染せずに元気だったので、フォローしてもらえましたが、もし家族全員体調不良になった場合、シッターさんの利用はありかもしれないと思いました。子どもの面倒を見てもらえるだけでもだいぶ助かると思います。

今後仕事をすることになった場合にも備えて、病児保育を真剣に検討しています。(東京だとサービスの選択肢がわりと多いようですが、現時点で高額の入会金を払ってどこかの会員になるつもりはないので、何かあった際は登録不要のスポットでお願いできるところを試したいと思っています。)

あとは、自身の健康管理の大切さを痛感しています。今回の場合、私に抗体がなかったので感染は避けられなかったように思いますが、それでももう少し体力があればここまで苦しまなくて済んだのかなと……。

高齢育児の厳しさを感じていますが、逆にこれを機会に健康に気を付けるようになりそうです。