シンガポール生活(おでかけや食事)

ムスタファセンターに行ってきました


リトルインディアのスーパーマーケット、ムスタファセンターに行ってきました。24時間営業、豊富な品揃え、お手頃価格、エキゾチック…と、居住者だけではなく観光客にも人気のスポットのようです。かく言う私も地球の歩き方をチェックしてから行ってきました。

最寄駅から徒歩2分程度ですが、駅についたら土砂降りでして。こちらのシャワーのような雨はすぐに止むから待っていればいいと聞きますが、結局駅の出口で30分近くは待ちぼうけになりました。さらにその後、極度の方向音痴が祟って道に迷い、もう諦めて帰ろうかと思ったくらいです。。


一人ふてくされながらも着きました。あー、インド人たくさん!当たり前?インド人の隙間を縫うように中華系の地元民や、観光客らしき他の人種が紛れているような按配。そして本当に「商品がみっちり」並んでました。みっちり、ぎっちり。それもきれいに陳列されていて、その棚を見てるだけで買い物好きはわくわくするでしょう。特にスパイスや穀類の種類がすごいです。アジア料理を作るのが好きの人は小躍りしそう。そしてインドのものばかりと思いきや、欧米や日本、韓国などの食材も豊富です。大好きなオーストラリアのティムタムというチョコクッキーがなんと1.4ドル。日本だと500円弱した気がする。恐らくご近所のインドネシア製なのかと。


特段買うものはなかったので、食品を中心にひたすら見てるだけでしたが、それだけでお腹いっぱいになりました。近所にあったら助かるだろうなぁ。

ちなみに引越したら絶対必要な物干しで、鉄製ではなくプラスチック版のものが安く売っており、その話を夫にしたらぜひそれを買おうと言ってます。私は鉄製がよかった…余計な報告をしてしまった。

ショッピングセンター:リャンコートとION(アイオン)オーチャードに行ってきました


昨日、リャンコートとIONオーチャードというショッピングセンターに行ってきました。リャンコートはリトルジャパンと呼ばれるような日本のお店が集まったビルです。IONオーチャードはオーチャードという銀座のような繁華街の中心にあるお洒落モール。

リャンコートは8月の下見で不動産屋さんにちらっと見せてもらったので、来るのは二回目です。日本語のフリーペーパーが欲しくて行ってきました。代表的なお店は地下の明治屋、4階の紀伊国屋書店でしょうか。明治屋の入り口でフリーペーパーをゲットし、ついでに店内散策。前回の下見で高い物ばかりでとても手が出ない印象だったのですが、どうしてもほしい物があった場合は利用するかもと思いました。駅から結構歩くので、頻繁に来ることはないと思いますが…。

紀伊国屋では目立つところに日本語の村上春樹の新作が並んでて、日本人ターゲットの陳列だなぁと思いました。また、家電量販店をのぞいたところ、なかなかの品ぞろえでした。明らかに日本メーカーが多く、ローカルのお店ではパナソニック、ソニー、シャープあたりがメインだったところ、このお店では重電の三菱や日立も登場。ゆっくり見たかったのですが、平日昼間でお客さんが少なく、暇そうな店員が四方からじりじりと日本式に頭を下げながら寄ってくるので、早々に退散しました。冷やかしでごめんなさい。

ちなみにリャンコートも透け透け仕様のビルです。


電車でオーチャードに移動。IONオーチャードは駅直結で迷わないのが助かります。Home FixというDIY屋で物干しを物色しました。今の仮住まいで使ってる屈強な物干しが気に入っておりまして、同じものを探しています。このお店に似たものがあったので、引越ししたらこのお店で買おうと思います。

IONオーチャードには無印良品とダイソーもあります。ダイソーは見つけるたびに入ってますが、買っちゃったのは今回初めて。税込み2ドル(170円くらい)なので安くはないのですが、品質を考えればありだと思います。リサが好きなインスタント味噌汁は「高い!」と言って喜んでもらえませんでしたが…。


さて、次はどこに行きましょうか。シンガポール居住初心者向けスタンプラリーなんてあったら面白いなぁ。

台湾料理を食べてから太鼓コンサートを聞いてきました


土曜日の今日、リサが仕事が終わらないと言って二人で朝から引きこもりでした。外はひどいヘイズ(大気汚染)で出ていく気もわかなかったのですが。ランチも建物伝いで行けるフードコートで済ませ、再び部屋に戻ってリサは仕事、私はブログやFacebookの更新なんぞにいそしんでました。

夕方、リサがさすがにどこか出よう、と言いだし、ハーバーフロント駅にあるVIVO cityというショッピングモールに行ってきました。まずは腹ごしらえということでフードコートに行ったのですが、激混み。ビルに入った瞬間からすごい人出ではありましたが、フードコートもごった返していて、席が見つかりません。食事を終えそうな人を見定めてその後を巡って争奪戦が繰り広げられており、うんざり…。私たちはフードコートの一角に別スペースになっていた台湾料理屋さんに入ることにしました。そしたらここが当たりで、美味しい上に値段はフードコートと変わらず。大満足でお店を出てきました。ちなみにリサはオイスターの麺を食べ、私は揚げ魚入りのお弁当(BENTO)セットをいただきました。


その後、屋外から聞こえてくるリズムに誘われ、賑やかな屋外ステージを覗くと、「Celebration of drums」という太鼓のコンサートをやってました。いくつかのグループが順番に演奏していくステージだったのですが、どのグループも本格派。世界各地の太鼓を激しくリズムするマレーのグループ、椅子を叩いて演奏するグループ、本格サンバ、中国太鼓など…。プロかアマかわかりませんが、正直なところ打楽器だけのライブをここまで楽しめると思いませんでした。途中から聞いたのですが、結局最後まで聞いてしまいました。

シンガポールってあまり文化的なイメージがわかなかったのですが、こんな風に手軽に楽しめるライブがあったら今後も足を運びたいです。

シンガポールの日本風ごはん(その2)


たこ焼き食べました。味がいろいろありましたが、定番のタコとパイナップル&チーズをいただきました。ソースと鰹節をかけてくれるのですが、オプションでチーズソースもかけられます。味は「おいしいけど何か違う」…でした。リサも同じこと言ってました。恐らく生地が違うのだと思います。ふわふわしてて甘くて、ホットケーキの素を緩くしたような生地なのです。とろみがないんですね。こちら風にアレンジされてました。8つで7ドル(600円弱)だったので、ちょっと高いかな。おばちゃんがお店のたこ焼きくちゃくちゃ食べながら接客するのがおかしかったです。飲みこんでから出てくればいいのに。


次は味噌スープ。The soup spoonというスープ屋さんが日本キャンペーンで日本風のスープを提供中です。私はツナと味噌を煮込んだような不思議なスープをいただきました。味噌汁ではないので味噌入りスープ?具だくさんでお腹は満足でしたが、また食べたいとは思わないなぁ。9ドルくらい(800円弱)でした。

ショッピングモールに行くと日本の飲食店の多さにびっくりします。飲食店だけでもこれだけ進出してれば、日本人が3万人いるのも理解できます。ちなみに日本食、普通のレストランとか居酒屋風のお店でも高くて手がでないですよ…。食べるのはせいぜいファーストフードか現地の「日本風」くらいです。

シンガポールの日本風ごはん


こっちに来てからまだ1週間しか経ってないのに、ぼちぼち日本ごはんに手を出してます。それくらい身近ということではあります。きちんとしたお店は高くて手が出ないので、カジュアルなものが中心ですが。

最初に手を出したのはスーパーのお寿司。あんまり食べたくないけど何か食べなきゃ…くらいの夕食時、スーパーで遅い時間に値引きのお寿司を買いました。1パック2.5ドル。かっぱ巻きとサーモン巻きが各3つと、握りが3つくらい。それなりにおいしかったです。値段次第ですが、時々食べたくなりそう。

ショッピングセンターのフードコートで食べたのが、冒頭の写真のお弁当。なにやらこのおりに入った「BENTO」なるものは、あちこちのフードコートで見かけます。鮭食べたい!と思って選んだのですが、焼き鮭じゃなくて揚げて甘酢がかかってました。中華風ですね…。左上の味噌汁は味は悪くないですが、ぬるかったです。

そして初めて入ったシンガポールのマック。ただいま「EBI」バーガーを売り出し中です。「シュリンプ」ではなく「エビ」として売ってます。海苔入りのもあって、ソースも明太子、CMも日本風でプロモーション中です。味は日本のエビバーガーを少しアレンジした感じ。バーガーよりもポテトにびっくり。サツマイモポテト。


ほんのり甘くて、辛いソースをつけて食べるとなかなかおいしかったです。マックフルーリーはハニーデュー味があります。食べてみたい…!

シンガポールのIKEAで食事


シンガポールのIKEAに行った際、レストランでランチをとりました。私は定番のミートボールです。これ、一人で食べようと思うと結構な量ですね。無理やり全部食べようとしたら夫がひいてました。。あとシンガポールらしいマレーっぽいお料理があったようですが、今回はミートボールしか眼中になかったのでまた次回チェックします。

そして、ソフトクリームもあります!日本は50円だったと思うので、50セントは同じくらい?


レジでお金を払うとコーンとトークン(コイン)をくれます。あとはセルフサービス。ソフトクリームマシーンにコーンをセットして、トークンを入れると自動でソフトクリームがうにょうにょと出てきます。回しながら出てくるのではなく、ただ出しているように見えます。なので仕上がりがいい感じで不格好です。写真ぶれててすみません。これかわいい。


購入家具リスト作成のためにまた一人で行こうかなと思っています。

イード・アル=アドハー(犠牲祭)でご馳走になりました。


今日はイード・アル=アドハー(犠牲祭)というイスラムの祝日で、シンガポールは祝日でした。このお祭りは親戚や知人に食事をふるまうのが風習だそうで、夫のバングラディッシュの同僚の方が自宅の食事会に招待してくださいました。

イスラムのお宅にお邪魔するのは初めてで、手土産を悩んだのですが、夫の別の同僚のおすすめはフルーツ。ちょうど日本の食品を扱うお店が行く途中にあったので、日本の梨を買いました。(1つ4ドル。340円くらい。ひょえー。他にも日本の加工食品がびっくり価格で並んでました。)さらにお花もゲット。生花を気軽に買えるお店が見当たらず、モールを2軒まわってようやく小さなお店でこぶりな蘭をかすみ草とブーケっぽくしてもらいました。そしてお宅に伺い、玄関で梨とお花を渡したところ、お花の方がうけが良かった印象です。小さい娘さんに「For you!」と渡したところ、「お花もらったの~」と喜んでました。そして奥様が早速マスターベッドルームに飾っていました。

お部屋では、私たち以外のゲストの方もいて、早速一緒に食事をいただきました。辛すぎるものが出てきたらどうしよう、とか、どうふるまえばいいかなどいろいろ心配でしたが、いただいた食事は何もかもおいしくて感激しました。肉料理が中心で、聞きなれないお肉もありましたが、どれもクセがありませんでした。

特に「ボルハニ」というスパイス入りのヨーグルトジュース(写真)がおいしかったです。ヨーグルトにパクチ、唐辛子、胡椒などのスパイスの他、砂糖と水を加えてミキサーにかけたものだそうです。日本人では好き嫌い分かれるみたいですが、妙にくせになる味で、私はまた飲みたいくらい好きです。口の中がさっぱりするので、脂っぽい料理とは特に合いそうです。

そして食後は、私たちが不動産探しをしているのを知っているので、快くお部屋を見せてくれました。築年数のわりにどこもきれいで、やはり住んでいた人の生活の仕方なんだろうなぁと思いました。彼女いわく、中国系の人や日本人は部屋をきれいに使うそうで、そういう人が住んでいたところならきれいだろうとのことです。

しばらくまったりした後、デザートをいただいたのですが、どうやらゲストは入れ替わり立ち代わり来ているようなので、私たちもデザートをいただいた後においとましました。お食事はおいしかったし、何よりも違う民族、宗教の方のお宅にお邪魔できたのは貴重な経験だったなぁと思います。