保育園での「ケガ」のまとめ

保育園での「ケガ」のまとめ

最近、ヨーちゃんの絵本好きが加速しています。そういうお年頃になったようです。読んでほしい本を持ってきて、私か夫の膝に後ろ向きに座り、「読んで」という仕草をするのがたまらなくかわいいです。

好きな絵本はいろいろありますが、直近でブームなのが「あしたうちにねこがくるの」。母乳マッサージの先生のおすすめの絵本で、夫に図書館から借りてきてもらったところ、毎晩のように読まされています。

あと、保育園で人気の「だるまさん」シリーズ。

読むと、保育園で覚えてきたポーズをとってくれます。たとえば、だるまさんがオナラをするシーンで「くさい」と鼻をおさえます。「だるまさんが」を買ったら、「だるまさんの」をもらったので、「だるまさんと」も購入し、3冊揃えました。

さて、今日はヨーちゃんの保育園でのケガの話を書きたいと思います。

1歳のお誕生日の記事で書いたように、1歳まではケガらしいケガをしませんでした。
→「祝・娘ヨーちゃんが1歳になりました

わが家はマンション住まいで部屋に階段はなし。夜は布団で寝ていますし、ソファーもローソファーなので、子どもが高い所から落ちる、ということがありません。また、1歳(修正9か月)は動き回る前だったので、ケガをする要因自体が少なかったと思います。

その後も家でのケガらしいケガはないのですが、保育園でケガをして帰ってくることがしばしば起きています。保育園に入れる懸念として、病気しか頭になかったのですが、ケガも結構してくるものなのだと切なくなりました。

これまでの保育園でのケガを簡単に書き出してみました。

経過を見守った小さなケガ(7回~)

小さなケガを7回覚えています。2回は同日にかみつかれ、5回は顔のケガだったのでよく覚えているのですが、もしかすると他にもあったかもしれません。

最初のケガは、修正10か月。左ほおの目じりから下にかけて赤くして帰ってきました。写真が残っています。お友だちにひっかかれたそうです。

あとの2回もお友だちによるひっかき。1回はまぶたで、少し間違えば目に入るような場所が内出血していて焦りました。もう1回は頬っぺたど真ん中だったのですが、えぐられたような深い傷で、4か月くらいたった今も跡が残っています。

かみつきは、同じ日に手と腕をかまれたそうです。腕の方はくっきり歯型が残っていました。2回とも同じ子なのかは分かりませんが、1歳児クラスの子にかまれたそうです。

どれも大事には至っていないので、私がショックを受けて落ち込み……それでおしまいです。園の方針で加害児の親には連絡がいかないそうですが、もしヨーちゃんがほかの子をケガさせたら教えてほしいなぁと思います。(ちなみに、ヨーちゃんがかみついたことはないそうです。)

残りの2回は室内にて自分で転んで額を打ったり、おもちゃを取り出そうとしてやはり自分で転んだりしたそうです。見た目に大きな変化はなく、元気だったので気にしていません。



病院にも行った、そこそこ大きなケガ(1回)

一番直近のケガはそこそこ大きなケガでした。念のため、病院にも行きました。

金曜日、迎えに行ったらなんと顔の3分の1くらいに擦り傷が。目じり、頬に擦り傷があり赤くなっており、一瞬目が腫れているのかと思ったほどでした。一番ひどかったのは鼻で、鼻頭全体が擦りむけ、中心部と擦り傷の周囲からはまだ鮮血が出ていました。加えて頭も打ったとのことで、前髪をかきあげたらおでこにも擦り傷……。

今までで一番ひどいケガ
今までで一番ひどいケガ

今までで一番ひどいケガだったので、その場で私が半べそ状態になりました。

午前中、公園の滑り台から落ちて顔面を地面に打ち付けたようです。保育士さんは謝っていましたが、どこか私の衝撃に比べると冷静な感じだったのに違和感を覚えました。午前中に起こったことなのに連絡はなかったし、連絡ノートにもこのケガについての報告・記載がありませんでした。あとから思うと、その保育士さんにとって日常茶飯事なのかもしれません。

帰宅してから特に不機嫌になることもなく、元気そうだったので、あまり心配はしていなかったものの、翌土曜日に夫と病院に連れて行きました。

形成外科を受診しようと中堅の病院へ。受付に聞いたら形成外科は首から下が対象とのこと。顔の場合、部位ごとの診察になるそうです。頭も打っているのですが、その病院に脳神経外科はないので、耳鼻咽喉科を受診しました。

先生はパッと見て、すぐに大丈夫そうと判断したようです。鼻頭はずり剥けていましたが、腫れや変形はありませんでした。

鼻水を吸引した後、念のためスコープを入れてくれましたが、「鼻汁で何にも見えない」と言われました。しかし、問診で「おっぱい飲めています?」と聞かれ、「飲めている=鼻呼吸できている」ということが確認できたので、大丈夫です、との診断をいただきました。

ただ、頭も打っているのであれば、そちらの方が心配なので、数日間は意識の低下などないかよく見ていてくださいとのことでした。

ちなみに、看護師さんが「先生、びっくりしたでしょうね」と、保育士さんに同情的だったのが印象的でした。見ていなかったのは保育士さんの責任だと思うのですが、その場にいたらショックだったとは思います。



子どものケガって難しい

大きなケガの後日談ですが、朝たまたま会った園長先生からも改めて謝罪の言葉がありました。園長先生が感情的になり、担任の先生をかなり叱責したとのことでした。私は「保育園ではよくあること」としてモヤモヤを打ち消そうとしていたところだったので、「怒っていいことなんだ」と思えたら少し気持ちが楽になりました。

年齢があがると、もう少し子ども同士のいざこざも増えていきそうに見えます。かみつきがある子がいる、という話は入園前に聞いていたし、お迎えの際によく2歳児クラスがどつき合いのケンカをしているのを見るからです(先生は止めています)。ヨーちゃんのクラスにも、ほかの子をバシバシ叩いている女の子がいて、見ていて(やられないかと)ハラハラします。

保育園でのケガについては、親としてできることにかなり限りがあるように感じますが、気になることは保育園に言えるようにしたいと思っています。保育士さんたちには今後も、子どものことは安全を第一に見守ってほしいです。

「未熟児フォローアップ外来」+「小児内分泌」10回目

「未熟児フォローアップ外来」+「小児内分泌」10回目

先月から娘ヨーちゃんが靴を履き始めました。まだきちんと歩けないのですが、保育園から用意するように指示があったからです。

子どもの初めての靴、ファーストシューズは記念にとって置くなど思い入れがある親御さんが少なくない聞いていたので、私もこだわって選ぶつもりでした。が、お店に行って、それが難しいことがわかりました。ヨーちゃんの足がとても小さかったのです。最初に行ったお店ではそもそも製造していないサイズで、お店の人がソックスシューズならサイズがあるだろう、と教えてくれました。

まだ歩けないとはいえ、保育園のお散歩で使う靴。きちんとしたスニーカーが欲しいと思いつつ、急いでいたので、このソックスシューズを購入。試しに家で履いて立たせてみたところ、軽いし、一応安定していたので、これを使うことにしました。(見た目もかなりかわいいです。)

しかし、保育園に持っていって先生に感想を聞いたところ、何か困った顔をされて言葉を濁されて、ダメなんだと思い込み、改めて靴を探すことに。

今度は大きめのベビー用品店へ行きました。やはり足が小さくて、適当なものがないように思えました。しかし店員さんに相談したところ、1点だけ在庫がありました。デザインが選べなかったのは不本意でしたが、足に合ったものが大事。ヨーちゃんも嫌がらず履いてくれるし、この靴で平日も週末も立位やあんよの練習をしています。

ヨーちゃんのファーストシューズはmiki houseになりました。
ヨーちゃんのファーストシューズはmiki houseになりました。

保育園のお散歩では、みんながかけずりまわっているところに、果敢にハイハイで輪に入っていくそうです。がんばれ、ヨーちゃん!

さて、娘ヨーちゃんの通院、未熟児フォローアップおよび小児内分泌のご報告です。これまでの通院の模様は以下の通りです。

「未熟児フォローアップ外来」+「小児内分泌」

10回目の今回は、前回から4か月あいた修正1歳3か月、月齢1歳6か月の受診でした。

フローはほぼ毎回同じになってきた「計測」→「採血」→「フォローアップ外来」→「内分泌」。今回も特筆するようなことはあまりなかったです。



計測と採血

まだ独りでしっかり立てないので、計測は赤ちゃんと同じ寝転ぶ量りで行いました。

ベビーベッドに載せておむつ一丁にすると、まだまだ赤ちゃんっぽい感じがしてかわいいです。怒り出すと看護師さんがメリーをつけてくれて(笑)、これまた赤ちゃんみたい。でも、次回の計測はさすがにお姉さん測りになると思います。それはそれでわくわくします。

ベビーベッドでメリーをつけられた1歳児
ベビーベッドでメリーをつけられた1歳児

続いて、先生が到着したところで採血。採血もまだまだベッドに縛り付けての作業です。お母さんは外で待っていてください、と言われ、カーテンが閉められて見えないように行われます。「ぎょおおおー」とヨーちゃんの激しい雄たけびが小児科外来全体に響き渡り、母は毎度廊下で複雑な気持ちで立ちすくんでいます。

今回は手の甲から採っていました。先生によって腕から採ったり手の甲から採ったり、違うようです(血管の状態かな?)。

未熟児フォローアップ外来10回目

フォローアップ、いつもわりとすぐに呼ばれるのですが、この日はそこそこ待たされました。以前はこの待ち時間、授乳するとヨーちゃんはうとうとするので、そのまま抱っこして待っていたのですが、最近は寝やしません。

小児科待合室にはおもちゃがあるのですが、私はどうも病院のおもちゃで子どもを遊ばせることに抵抗があり、あれこれ話しかけたり、うろうろしたりしていたところ、待合室にいた他の母娘(おやこ)がヨーちゃんをとてもかわいがってくれました。若いお母さんと小学生の女の子だったのですが、ヨーちゃんより1歳上の妹がおり、お姉ちゃんは小さい子が大好きだそうです。お姉ちゃんのあやしにヨーちゃんは「うふふー!」と笑顔を見せて喜んでいました。

これまでもこの病院の待合室で、こういったささやかな出会いと交流がありました。ただ、大きい病院なので、二度会うことってまずないんですよね。少し寂しい感じもしつつ、嬉しい気持ちもどこかに残る、そんな体験です。

そして未熟児フォローアップの先生に呼ばれ、計測結果の確認、問診、診察といういつもの順番で進みました。

まず、計測の結果。修正ではなく、本来の月齢での確認です。

体重はぐっと増えて、-1SDに。グラフも急角度で伸びていていました。一方、身長は-2SD。標準の底にようやく張り付いている状態。身長はまだまだですが、体重が伸びているので特にお咎めはありませんでした。

続いて問診。内容は毎回、メモを取る余裕がなく細かくは覚えていないのですが、ヨーちゃんが大きな病気をすることもないので、ここ数回は主に発達の状況確認がメインです。(一応、RSウイルスにかかったとか、胃腸炎になっただとかは報告していますが、入院するくらいのものだったかが大事みたいで。普通の風邪は満期生まれのお子さんもかかりますからね……。)

つたい歩きはいつから、発語とその内容、指示をするかなどなどでした。

運動面は遅れ気味です。修正1歳3か月、月齢1歳6か月時点で、立つ時間はまだ短く、独歩もできていません。周囲で歩き始めが遅かった、というお子さんの話を何人か聞いているので、ヨーちゃんについても少しずつでも進歩があればOKと気にしていません。先生曰く、筋力が弱いのかもしれないけれど、超低出生体重児でも、体重が軽いために歩き始めが早い子もいるそうです。

一方で言語の表出や理解はまずまずで、何かの項目は標準より早いようでした。毎度毎度、3か月入院した出生病院のある看護師さんに口酸っぱく言われた「他の子どもと比べてはだめ!」という言葉を思い出します。ただ、このような一喜一憂は、親の宿命のような気がします。

診察は特に問題ありませんでした。

……フォローアップ受診は以上です。次回はいよいよ修正1歳6か月で「K式発達検査」を受けます。臨床心理士さんの枠を予約しました。未熟児フォローアップ外来は半年後、月齢2歳での受診でOK! ただ、この発達検査の結果を臨床心理士さんから聞くか、先生から聞くかで予約が変わるようです。どちらがいいんでしょうか……。



小児科内分泌10回目

甲状腺ホルモンの血液検査は時間がかかるので、フォローアップから内分泌に呼ばれるまで、いつもだいたい1時間前後間が空きます。先ほどのお姉ちゃんにまた会えたので、ヨーちゃんをかわいがってもらい、楽しく待ち時間を過ごすことができました。

待合室でかわいがってもらいました
待合室でかわいがってもらいました

今回の血液検査の結果はなんと、まったく問題なし。チラーヂンを卒業してから、毎回、問題なしながらもなにかの数値が基準値を超えていたのですが、今回はTSH、FT4、FT3すべて基準値内に収まっていました……!

ただ、今後も身長と体重の伸びを見守っていくことになります。現在体重は-1SDですが、身長はまだ-2SD。今のペースだと、「低身長」として治療対象にならないギリギリくらいで、背の順に並ぶと一番前の女の子になりそうです。

体重の増加が順調なのはいい兆候だそうです。子どもは体重が増えないと背も伸びないとのこと。大人は背が伸びないので、体重が増えると横に伸びてしまいますが、子どもは体重の増加が身長にも影響するそうです。

毎回先生が笑顔で言う「ご飯いっぱい食べてね」のセリフ、本当に大事だなと改めて思いました。家では食べムラがありますが、保育園ではもりもり食べてくれるので、保育園は本当にありがたいです。(内分泌の先生曰く、保育園で子どもは気をつかって食べているらしいですが……。)

また、身長の話の流れで、ヨーちゃんの予想身長について話をしました。これはフォローアップの先生も何度か話していましたが、身長は両親(遺伝)の影響が大きく、子どもの予想身長の計算式があります。

わが家は夫が小柄なので、この式によると、ヨーちゃんの身長は推定154cm。小さめです。

しかし、今回は話の続きがありました。この計算式、±8cmの誤差があるそうです。8cmって大きい……! 私は「160cm超える可能性あるのか!」とポジティブに考えたのですが、先生は「なので小さいと146cmですね」と……。146cmは洋服とか苦労しそう……。

今騒いでも仕方ないことなので、長い目で見守るしかありません。なお、そんなわけで身長は同じ両親から生まれた兄弟でも最大16cmの差があるそうです。

次の受診はフォローアップと同じく、2歳になりました。2歳で問題なければ次はさらに1年後の3歳……! 私が内分泌の先生を大好きなので、お話できないのは残念ですが、ヨーちゃんの採血も通院も減って万々歳です。

まとめ

未熟児フォローアップ、内分泌ともに大きな懸念点はありませんでした。身長だけはまだ小さいので、少しずつでも追いついてくれたらな……と思っています。冒頭に靴のサイズの話を書きましたが、足の大きさも体の大きさに応じたものなのかもしれません。

次の通院は、修正1歳半です。臨床心理士さんによる「K式発達検査」を受けます。関心が高い内容だと思うので、ブログに可能な範囲で書けたらと思っています。(メモできるかな……)。

2020年、あけましておめでとうございます

2020年、あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

元旦と2日は夫の実家に行っておりました。また、2日も東京に戻ってすぐ私の実家に行き、1泊2日の実家行脚のお正月を迎えました。慌ただしいながらも楽しいお正月を過ごしています。

夫の実家近くに白鳥がいる水辺がありました
夫の実家近くに白鳥がいる水辺がありました

娘ヨーちゃん連れで夫の実家に行くのは夏に続いて2回目。前回より少し長めに滞在しました(前回がかなり弾丸だった)。そのため、夫方のおじいちゃん、おばあちゃんとふれあう時間が長くとれ、楽しく過ごせたと思います。

遠出はしなかったのですが、夫が小さいころ遊んだ近所の公園や、白鳥がいる近くの水辺に一緒に行くだけで楽しかったです。白鳥に餌をあげるときはヨーちゃんよりおじいちゃんが喜んでいました(笑。大の鳥好きおじいちゃん。)

娘ヨーちゃんは年末の休み前に風邪を頂戴し、完全復調しないまま旅行をはさんだたため、1週間もぐずぐずしていて少しかわいそうです。熱はなく食欲もあり、鼻水、咳のみなので、今日はおとなしく家で過ごしています。(いとこからおもちゃや絵本をたくさんもらったので、それらで楽しく遊んでいます。)

ヨーちゃんはおせち料理で伊達巻がお気に召した模様
ヨーちゃんはおせち料理で伊達巻がお気に召した模様

年賀状ですが、今年は年末ぎりぎりにかなり枚数を絞って出しました。忙しくて用意ができなかったのに加え、昨年からいただく枚数がかなり減ったためです。(出したけれどお返事がないケースもたくさんありました……)。私が出したがために返信をしたのかな、という空気感もあり、その空気を読んで減らすことにしました。

ただ、そんな状況でも友人・知人の家族写真を見たり、近況を知るのは楽しく、やはり年賀状やめられないなぁと思っています。

さて、今年の抱負。一年スパンで物事を考えるのが難しい性格なので、今年も「これ!」という目標は立てず、一日一日を頑張て過ごす、と言うことを心がけたいと思っています。

また、直近の目標だけ言えば、働き方について考え直したいです。子育てしながら働く、ということをよく理解していなかったといいますか、昨年の生活+就労は自分の能力やキャパを超えていたように思います。ヨーちゃんにも夫にも迷惑をかけました。ヨーちゃんは何も言いませんが(言えませんが)、夫は静かに不満をたれています……。

決めたことを一生懸命やることは大事。しかし、ひずみが出るのは無理をしている証拠。そういう行動で自分が倒れたり、周囲に迷惑をかけるのは正しくないと思います。1月中に新しい環境を整えられたらと思っています。

ヨーちゃんが生まれてから、あまり立ち止まって物事を考える時間が持てませんでした。初めての、そして小さな子どもの子育てはそういうものなのかもしれませんが、ふと時間が持てたとき、小さな後悔の気持ちがぽつぽつ生まれることがあり、それをあまり積み上げたくないと感じています。小さい子どもの1年の成長がいかに大きいかはこの1年で分かったので、ここからの数年は、大事にしていこうと思っています。少し余裕をもとう、ということですね。

引き続き、子どもについては変化の大きい年になると思います。それに合わせて子育ての様子や、私の気持ちをここにつづっていけたらと思っています。