続・保育園や幼稚園……就学前をどうしようか問題(認証保育園に入園しました)

続・保育園や幼稚園……就学前をどうしようか問題(認証保育園に入園しました)

前回の記事で「手足口病」に親子で罹患した話を書きましたが、その後またわが家に病魔がやってきました。今回も娘ヨーちゃんから始まり、それが私に感染。そして残念ながらこの度は夫にも感染しました。

私は発熱はなかったものの、全身倦怠感から大量の目ヤニに悩まされ、そして喉の激痛と激しい咳… … という経過を辿りました。目が開かないほどの目ヤニに驚き、「もしや、アデノ(はやり目)!?」と戦々恐々としましたが、病院に行ったところ、熱がなければアデノではないだろうとのことでした。

ヨーちゃん、実は保育園に通い始めております。それでわが家が「病気祭り」の状態になったのでした。

というわけで、今回は「保育園や幼稚園……就学前をどうしようか問題」の続きです。

最初に現状を申し上げると、認証保育園に入園しました。東京の方はご存知かと思いますが、認証保育園とは認可外ではあるものの、東京都の基準で設置・運営されている保育園です。

本稿は認証保育園に入るまでの体験談です。保活をした人には当たり前のことばかり書いていますが、振り返ると本当に何も知らなかったなぁというのが実感です。

認可保育園を知るために区役所へ

娘ヨーちゃんの保育園探しを始めたのは3月でした。前回の記事で触れていますが、ヨーちゃんの成長や健康状態に不安が無くなってきたのがきっかけでした。

最初に向かったのは区役所です。現在仕事をしていない(育休中でもない)私は認可保育園を選択肢から外していましたが、きちんと状況を理解し、情報を整理することから始めました。

結論から書くと、やはり現状で認可保育園に入るのはほぼ無理※。点数が足りなすぎます。(※不人気エリアの保育園に空きがありましたが、そこに入ると通勤が非常に困難になります。)

ただ、1歳4月以降の入園を目指すことは不可能ではないことが分かりました。ざっくり書くと、以下が今後私に必要なことでした。

  • 申し込みをして「待機児童」になること
  • 就業すること(就労時間でポイントは変わる)
  • 認証や認可外、ベビーシッターなどを利用

まず、申し込みについてですが、「求職中」でも「認可保育園の申し込みはできる」とのこと。これは私の理解が不十分だった点で、区役所で改めて話を聞いてよかったと思います。

恐らく他の自治体でも同じではと思いますが、申し込みをして落選すると待機児童になり、その待機期間が長くなると待機のポイントが付きます。これは1点、2点を争う保活において最低限必要なポイントであり、つまり求職中であってもまず保育園の申し込みはしておくことが大事とのことでした。

0歳4月入園は前年にすでに申し込み・審査が終わっているので、ヨーちゃんは5月以降の途中入園の申請です。必要な書類を揃え、4月に申し込みをしました。当然(?)落選となり、ヨーちゃんは現在「待機児童」となっています。

続いて就業についてですが、わが家に病気や介護などその他の事由はないので、保育園の目的を考えれば当然ながら働く必要があります。私の場合、いくら子どもを預かってもらってもフルタイムに復帰する自信がなく、悩ましい点です。

また、働く場合は子ども預け先が必要になりますが、認証や認可外、ベビーシッターなどを利用するとポイントが加算されます。

なお、上記のほかに両親遠方・就業中のポイントがありますが、わが自治体ではこの加算が少ないのが意外でした。若くて元気、そしてリタイア済みの両親が近くに住んでいる人は助かるだろうと思います。



認可保育園の見学

区役所で聞いた話を踏まえ、ハードルの高さは認識しつつも、1歳4月からの認可保育園入園を目指すことにしました

待機児童になるための申し込みをするにあたり、希望園を記入します。点数が低く、選べる立場ではないことは承知しつつも、どこでもいいわけではありません。通勤が難しくなる立地は不可ですし、子どもを預ける以上、園の運営、設備や雰囲気など、すべて大事です。

そんなわけで、育休中のママたちから周回遅れで認可保育園の見学を始めました。新年度が始まった4月は忙しいだろうと思いつつ連絡してみたところ、見学は5月からという園があった一方、快く受けていただける園もありました。

園は慣れているので見学はスムーズに進みました。赤子連れなので助かります。ただ、月齢が若い赤ちゃん連れで何か所もまわるのは大変だろうなぁと、産後すぐに保活を始めたお母さんたちの苦労を思わずにはいられませんでした。

申請にはとりあえず4園だけ書きましたが、1歳4月入園の申し込みは秋ごろからなので、それまでもう何園か見学をしたいと思っています。

なお、わが家には「引越しの可能性がある問題」がありますが、希望園の変更は(1歳4月入園の)申し込み締め切り日まで変更が自由です。当面は現住所を基準に検討しつつ、必要に応じて変更することになると思います。



認証保育園3園に申し込み

専業主婦が認可保育園を希望する場合、「仕事を見つけるのが先か、預け先を見つけるのが先か」という問題があるかと思います。

私がこれから仕事を探すにあたり、「子どもの預け先が決まってから就業します」と言って雇ってもらえるとは思えないので、預け先を先に探すことにしました。そもそも、預け先が決まらないと就職活動すらままならないです。(一時保育の選択肢がありますが、できればいろんな場所に預けるのは避けたいと思っているので。)

このような状況で、認可保育園は当然入れないので、認証保育園か認可外保育園、ベビーシッターのどれかを利用することになります

認可外保育園は保育料が高いだけでなく、現状あまりよい選択肢がなく、候補の園がありませんでした。

ベビーシッターは、検討しているお友だちのママさんからお話を聞いて悪くないと思ったのですが、ヨーちゃんに集団生活を送らせたいという一番の目的が達成できないので、選択肢からはずしました。

そのようなわけで、認証保育園のみの希望で動きました

認証は、園ごとに入園の基準やルールがあり、どうしたら入れるのかが分からない一方で、園によっては求職中でも預かっていただけるとのことでした。

まずは立地のみで3園に絞り、見学と入園の申し込みについて問い合わせをしました。3月に問い合わせをしたところ、申し込みは年度で区切っているとのことで、4月に見学となりました。当然ながら0歳4月入園はどこもすでに締め切っており、途中入園の手続きとなります。そして結果は以下のようになりました。

なお、前回の記事に書いたように、妊娠中に問い合わせたある認証保育園では、フルタイム正社員夫婦の子どもが優先と門前払いを受けましたが、以下の3園はすべて求職中でも申し込みが可能でした。

A園

妊娠中も訪れたことがある、最寄りの認証保育園です。

0歳児クラスは昨年秋にすべて締め切っており、その後の認可園の合否による調整も終了。弾力化による追加枠※もすでに前年度内に埋めており、空きはまったくのゼロ。(※敷地面積に合わせて定員に追加できる枠)

現在できるのは1歳4月入園の申し込みのみで、その際に年度内のキャンセル待ちが可能とのことでした。入園ができる可能性の低さをひしひしつ感じつつも、申し込みだけしてきました。

ちなみに、4月1日の朝に電話をして、午後に見学・申し込み、という年度のトップバッターになりました(笑)。新年度早々に迷惑かと思いきや、ならし保育初日で子どもは帰宅しており、園内は静かでした。

B園

立地があまりよくないので考えていなかったのですが、知り合いのお子さんが入っていて、良さそうだったので選択肢に追加した園でした。

見学したところ、やはり立地や設備は気になる点がありましたが、園の運営やスタッフの方々の雰囲気など、ソフト面がとても良さそうでした。お子さんのお迎えに来ていた保護者の方もほめていました。(宣伝で言っているような雰囲気ではありませんでした。)

そしてこちらの園はなんと、空きが複数ありました。ただ、やはり前年度中に申し込みをした人たちに順番に確認をしているとのことで、私たちが希望する入園月までに埋まってしまえば入れないとことでした。

C園

設備が良さそうで気になっていた園でした。難しいかと思いつつも問い合わせたところ、弾力化による枠が1名だけ空いているとのこと。

B園に比べるとソフト面がやや見劣りしましたが、A園、B園より新しく、立地も設備もいいので、申し込みをしました。



ダメかと思った認証保育園に入園が決まる

認証保育園は認可に比べると、入園基準がよく分かりません。フルタイム正社員が優先と明示している園がある一方、先着だったり抽選だったり……。

どうしたら入れるかについて、ネット上に憶測の意見が並んでいますが、 (園が公式に表明していない限り) 答えはないと思います。私も園からの連絡を待っている間、つい検索をしてしまいましたが、無駄に惑わされるだけなので真に受けない方がいいと思います。

なにはともあれ、スッキリしない気持ちで回答があるだろう時期に電話を待ち続けました。

結果、なんとなんと2園から入園のご案内をいただきました……!

どちらも聞いていたタイミングより連絡が遅かったので、もしかすると決まった方が辞退されたのかもしれません。ただ、諦め半分だった私にそんな事情はどうでもよく(笑)、大変ありがたく片方の園に入園申し込みをさせていただきました。(どの園かはご想像にお任せします。)

保育園が決まったときの心境「嬉しいけど寂しい。」
保育園が決まったときの心境「嬉しいけど寂しい。」

このような経緯でヨーちゃん、宣言していた修正1歳より前に保育園に通い始めました。

修正1歳まで待てればよかったのですが、年度途中でそこまで伸ばしたら入園できなかったので、やむを得なかったかなと思います。月齢1歳の予防接種は受けた後なので、その点だけは安心でした。

そして、私は就職活動をしました。職探しは難航……。母娘で保育園通いに慣れるまでも大変なのに、同時に応募先の検索、業界・企業研究、応募書類の作成、面接などなどが押し寄せ、さらに思うような結果が出ず、肉体的にも精神的にもぼろぼろの日々でした。(4日連続面接、うち2日が最終面接だった週は、週末には廃人状態でした。)

私には、やはり子どもを預けずに仕事を探すのは無理だったと思います。そんな仕事探しについてはまたいずれ記事にできたらと思います。

まとめ

成長や健康状態に不安がなくなってきた超低出生体重児のヨーちゃん。発達のために早い時期から集団生活を送らせたいと思い、保育園の入園を検討し始めたのが3月でした。

私が離職中であるし、年度途中なので、0歳4月の認可園の入園は絶望的。しかし、区役所に相談して1歳4月入園は目指せる可能性があることがわかりました。

4月、求職中の状態で保育園を申し込み、ヨーちゃんは「待機児童」に。

続いて、来年4月までの預け先を探し始めました。認証保育園3園を候補として見学・申し込みをし、結果、運よく認証保育園に入ることができました。

なお、ヨーちゃんが通う園は2歳までです。

もし、1歳4月に認可園に入れなかった場合、3歳以降の進路について考えなくてはなりません。現時点で私の仕事が決まっておらず、今後どのような働き方をするかも不明なので、必要な情報は集めつつもまだ決めていません。

わが家の場合、夫の仕事の都合で引越しする可能性があるのも……悩ましいところです。

「手足口病」に親子で感染……症状と経過(写真あり)

「手足口病」に親子で感染……症状と経過(写真あり)

自分の子どもは何もかもがカワイイと思います。親バカ万歳です。そして、私は娘ヨーちゃんの襟足がかわいくて仕方ありません。

娘ヨーちゃんのちょろりん襟足
娘ヨーちゃんのちょろりん襟足

このチョロンとした感じがたまりません。薄毛の時期限定なので、毎日毎日後ろ姿を愛でています。

さて、娘ヨーちゃんが手足口病にかかりました。ニュースでもさんざん騒いでおりましたが、2年ごとに流行し、今年がその流行り年だそうです。乗りたくない流行に乗ってしまいました。

小さい子どもがかかるのは珍しくないのですが、今回は私にも感染し、非常にしんどい経験をしました。備忘録的に母と娘の「手足口病」経過を記録しておきたいと思います。

なお、発疹の写真を掲載しています。苦手な方はご注意ください。



母と娘の「手足口病」経過

病気の発症は娘ヨーちゃんの発熱から始まりました。ただ、最初は発熱していたか不確かで、思い返してみると「あれが始まりだったのか?」という出来事でした。

娘1~2日目

週末ことでした。真夜中、ヨーちゃんが泣きながら起きて汗だくで突進してきました。

夜中にヨーちゃんが雄たけびを上げていました
夜中にヨーちゃんが雄たけびを上げていました

ヨーちゃんは夜中にあまり起きない子なのに、突然泣きわめきながらハイハイで突進してきたのです。頭は汗びっちょり。かわいそうなくらい激しく泣いていましたが、抱っこしたり授乳したりしてあやしたところ、落ち着いて寝てくれました。

寝室の冷房が壊れており、部屋が夜も少し暑かったのが原因だと思い、あまり気に留めていませんでした。冒頭にも書きましたが、思い返すとあの時発熱していた可能性があります。測っていないので分かりませんでしたが……。

娘3日目

朝、ヨーちゃん38度台の微熱。元気で食欲もあったので、なんだろうと思っていたのですが、お昼前には下がりました。前の晩のこともあったので、部屋が暑くて体温が一時的に上がったのかと思いました。

そしてこの日の午前中、エアコン修理が来たので、部屋の温度は快適になりました。

ただ、夕食はあまり食べなかったです。

あと、気になる点として、よだれが多いように感じました。ひどいときは服がびしょびしょになるくらいの量でした。恐らく発症していた1週間くらい、よだれが増えるという症状が出ていたと思います。

娘4日目

元気に過ごすも、足の膝部分にぽつぽつと発疹が。虫刺されにしては多いなと思いつつも、イメージしていた手足口病よりは数が少ない気がする、という自己判断。そして他に目立つ発疹がなかったので、気にしないことにしました。

朝ごはんは完食でしたが、昼、夜はあまり食べませんでした。いつも3食わりとしっかり食べるので、食欲の低下が気になりました。

娘5日目、母1日目

相変わらず元気ですが、朝から食欲が低下気味。加えて発疹が手首、肘、肩、そしてお尻あたりに増えてきたので「これはもしや…」と思い、小児科受診を決めました。

くだった診断は、やはり「手足口病」。口の中にも、多くはないものの、水泡ができていたようです。食欲低下の原因はそこにあったようです。発熱や、まったく食べられないといった症状はなかったので、治療や薬の処方はなしでした。

そして、ここから私の発症です。地獄でした…… 。以降は私の経過の話がメインになります。

暑い中、やや遠方の小児科からヒーヒー言いながらベビーカーを押して帰ってきたところ、ヨーちゃんはすでに夢の中。

一方私は、帰宅直後から体に違和感を感じ始めていました。悪寒、倦怠感、にぶい筋肉痛……。ナニコレ、オカシイ。。えい、やー、と寝ているヨーちゃん布団に移した後、私も畳にバタンと倒れこみ、まだ午前中だというのにそのまま気を失いました。

昼頃、玄関のチャイムで起こされ、なんとか対応するものの、頭にはモヤがかかっていてふらっふら。喉も痛い。そして普通に元気なヨーちゃんは元気にお目覚め。

離乳食を用意する気力・体力は皆無。ベビーフードを食べさせるのでも精いっぱい。ただ、ヨーちゃんも元気に見えてまだ本調子ではないのか、あまり食べませんでした。(口の中が痛いのかも。)

この後、夫が帰宅するまでどう乗り切ったのかあまり覚えていません……。ソファに倒れて一人遊ぶヨーちゃんを横目で見ていましたが、一人遊びは途中で飽きてしまうので、なんどか相手をさせられました。オムツ交換や水分補給はやらずにはいられませんし。

また、ヨーちゃんの夕食は、フリーズドライの米粥や、離乳食初期に使うようなペーストをあげました。この時点でまだあまり食べなかったです。一方私はまったく食欲がなく、食べませんでした。

最後の方はヨーちゃんも泣いて怒って私の髪をひっぱったりして、ほんと、しんどかった。ちなみに熱は一度しか測っていませんが、38.9度でした。

夫の帰宅時間はいつも通りだったのですが、事前に連絡をして食事はすませてきてもらいました。そして帰宅後はヨーちゃんを一人でお風呂に入れて着替えさせて寝かしつけ、その後洗濯までやってくれました。本当に助かりました。大感謝です。

私はお風呂に入ることもできず、ずるずると夫が敷いてくれた布団に這って入り眠りに落ちました。



娘6日目、母2日目

ヨーちゃんの足首の発疹
ヨーちゃんの足首の発疹

翌朝、午前中だけ夫に在宅勤務をしてもらいました。いつでもできるわけではなく、この日の午前はたまたま会議等がなくて在宅が可能だったようです。仕事をしているので、家事は頼めなくても、いてくれるだけで心強かったです。助かった……。

私の熱は下がったようで、まだしんどさは残っていたものの、シャワーを浴びました。

そして気づいたのが、手の節の違和感。指が曲げにくい。そして、痛む。

実は前日に熱が出た際、手足口病ではなく、風邪かもしれないと勝手に思っていました。というのも、エアコンが壊れていた時に少し薄着で寝たことがあったからです。

しかしこの手の痛みで手足口病が感染したと確信しました。だんだんと赤みが増してきて、痛みが出てきました。また、持病の蕁麻疹がここぞとばかりに腰あたりに登場。抗ヒスタミン薬で抑えました。

夕方は頭痛に悩まされ、前日より家事はできたものの、夫が帰ってくる時間にはまたぐったりしていました。

一方ヨーちゃんは元気で、この日には食欲も復活してきました。3食ほぼいつもの量を食べていました。子どもは3~4日で症状が収まることが多いようなので、ヨーちゃんはすでに回復期だったのだと思われます。

娘7日目、母3日目

手の発疹の痛みが酷くなってきました。ただ、ヨーちゃんが日中よく寝てくれたので、家事はできました。

そして、主に手のひらにあった発疹は、足の裏、膝の裏、お尻にもでてきました。のどの痛み、舌の付け根にも痛みがありましたが、恐らく発疹があったのだと思います。

私の場合、手がとにかく辛かった……。ただ、大人の発症者の体験談を読むと、口にできて食事がとれない状態が最悪のようなので、それに比べれば軽症だったのかもしれません。足の裏がひどくなって歩けないのも困りますけど……。

娘8日目、母4日目

昨日がピークと信じたかった発疹が、まだ痛む状態……。

4日目の状態。力がかかりやすい指先の痛みが特に辛い。
4日目の状態。力がかかりやすい指先の痛みが特に辛い。

家事がとにかくつらいので、対処療法でも痛み止めがもらえないかと思い、蕁麻疹で通った皮膚科に行きました。(手足口病で皮膚科に行く人はいないかと思いますが、内科を受診しても同じだと思ったので、直近で蕁麻疹の通院歴がある皮膚科にしました。)

この日は混んでいて、2時間半も待たされてぐったりでしたが、蕁麻疹の抗ヒスタミン薬を追加でもらったのに加え、痛み止めでカロナールを処方してもらいました。まだ授乳中なので、ロキソニンは強すぎるようです。そもそも対処療法でロキソニンまで飲みたくはありませんでしたが。

手の発疹には、日常の些細な挙動も制限されます。私の場合、手のひら全体だけでなく指先にもできたのですが、痛くてペットボトルの蓋が開けられませんでした。また、自転車のカギをかけるのは拷問のようでした(笑)。

ヨーちゃんの発疹はすでに峠を越えて回復に向かっているようでした。ただ、手足口病との関連は不明なものの、前日とこの日、お腹をくだしました。

夜、夫が悪寒を訴えて早くに布団に入りましたが、翌朝一時的なものだったと分かり、かなりほっとしました。

母5日目

朝、手を握って痛みを確認し、ようやく回復してきたことを感じました。まだ痛みはあるものの、包丁を握ることができたので、朝からがつがつ離乳食の仕込みができたくらいです。

夜、お風呂上りに指の外側にできた水ぶくれ皮がむけました。第二章の始まりか! と戦々恐々としましたが、小さなものが少しだけだったので、痛みは少なかったです。

また、お尻や足の痛みは手から1日遅れで発症していましたが、鈍くて無視できる程度のもので、生活に支障はありませんでした。

ヨーちゃんは終日元気。下痢もなく、発疹はふくらんだ状態から枯れて小さなかさぶたになっており、きれいになってきました。

母6日目

多少の痛み、発疹の赤みは残るものの、ほぼ治りつつある状態。
これにて母子の「手足口病」事件は終息したと認識しました。辛かった……。

母9日目

後遺症というか、後日談。手のひら全体がガビガビです。発疹の後が乾いてカサカサになっています。また、水ぶくれになって破れたところは痛みがあります。おむつ替えの後などに手をアルコール消毒すると痛いです。水ぶくれがもっと多かったら、もっと長く苦しんだかもしれません……。

発疹の後はどんどん皮が剥けました(写真は10日目)
発疹の後はどんどん皮が剥けました(写真は10日目)



母と娘の「手足口病」症状まとめ

ヨーちゃん(娘)

  • 発熱(38度くらい。微熱?)
  • 発疹:手首、肘、肩、膝、足首、お尻
  • 下痢(関係性は不明)
  • 投薬や治療はナシ

基本的には元気でした。不機嫌な時もありましたが、元気がない、ぐったりしている、といった症状はなかったです。発疹は水ぶくれのように膨れたものと(手足)、小さなものがたくさんザラザラできる(肩とお尻)2タイプでした。痛がったり、かゆがったりする様子はなかったと思います。病院には連れて行きましたが、「手足口病です」と診断がくだっておしまいです。

私(母)

  • 悪寒、倦怠感、筋肉痛、頭痛
  • 発熱(39度くらい)
  • 発疹:手のひら、膝の裏、足の裏、お尻、喉と舌の付け根
  • 痛み止めのカロナールを2回飲んだ(効果不明)

悪寒などの後からの発熱が苦しかったです。熱が下がった後は頭痛に悩まされました。また、発疹が手のひら全体にできたことで、家事をはじめ日常のあらゆる動作に支障が出ました。その痛みは、手のひら全体にマメができている、手のひら全部をやけどした、みたいなものでした。有効な治療がないことは承知していましたが、手の痛みに耐えられず、病院で痛み止めのカロナールを処方してもらいました。



親子感染して思ったこと

親子で感染症にかかるときつい……といった話はよく聞きますが、それを今回、身をもって知りました。

熱でふらっふらの中、なんとかおむつ替え、食事はこなしましたが、ヨーちゃんは元気だったので寝てくれるわけでもなく、それ以外の相手がほとんど無理でした。

倒れている私に、すがるように(相手しろと)泣きながらよじ登ってくるヨーちゃんの姿が切なかったです。

今回は幸い夫が感染せずに元気だったので、フォローしてもらえましたが、もし家族全員体調不良になった場合、シッターさんの利用はありかもしれないと思いました。子どもの面倒を見てもらえるだけでもだいぶ助かると思います。

今後仕事をすることになった場合にも備えて、病児保育を真剣に検討しています。(東京だとサービスの選択肢がわりと多いようですが、現時点で高額の入会金を払ってどこかの会員になるつもりはないので、何かあった際は登録不要のスポットでお願いできるところを試したいと思っています。)

あとは、自身の健康管理の大切さを痛感しています。今回の場合、私に抗体がなかったので感染は避けられなかったように思いますが、それでももう少し体力があればここまで苦しまなくて済んだのかなと……。

高齢育児の厳しさを感じていますが、逆にこれを機会に健康に気を付けるようになりそうです。