GCU通いの一日とGCUについて(2)

GCU通いの一日とGCUについて(2)

GCU通いの一日とGCUについて(1)」の続きです。

GCUについてと、娘ヨーちゃんがNICUからGCUに移るまでについて書きましたが、GCUについてもう少し自身の視点を加え、詳しく書いてみたいと思います。

GCU通いの一日のスケジュール

GCUは前述のとおり、ケアの主体が看護師さんから母親に変わります。やることが増えて、それに伴い滞在時間も長くなります。ただ、そうは言っても病院なので、親が来なければ看護師さんがそのケアを行うまでです。それをやれるか、やれないか(やりたいか、やりたくないか)は親次第でした。

私はNICU時代、できることが限られているのが切なかったため、GCUでヨーちゃんのお世話ができるのはとても嬉しかったです。しかも看護師さんのサポートがあるので、育児についていろいろ教えてもらえる貴重な時間になりました。

なので、土日含め毎日ほぼデイタイムはGCUで過ごしていました。

そんな私のGCU通いの一日は以下のようなものでした。

~GCU通いの一日~
02:00 搾乳(1)
05:00 起床→搾乳(2)→家事→朝食
08:00 搾乳(3)→家事(洗濯、掃除)
09:00 病院へ移動
10:00 沐浴
11:00 直母→ボトル授乳→搾乳(4)
13:00 昼食
14:00 直母→ボトル授乳→搾乳(5)
16:00 帰宅→買い物
17:00 搾乳(6)→家事→夕食
20:00 搾乳(7)→入浴→家事
22:00 自由時間
23:00 搾乳(8)→入眠

滞在時間はだいたい10~16時でした。行きも帰りも通勤ラッシュの時間を避けていました。

ケア内容は主におっぱい関連(直母、ボトル授乳、搾乳)で、加えて沐浴、あやす、おむつ替え、先生とのお話などです。

このおっぱいがなかなか大変でした。体重が2kgを超えたところで直母の練習が始まったのですが、うちは退院までうまくいきませんでした。

直母はうまくいきませんでした
直母はうまくいきませんでした

30分以上授乳室でヨーちゃんと格闘し、諦めてコットに戻ってボトル(病院が調乳してくれた冷凍母乳もしくは粉ミルク)を飲ませ、寝かしつけたらまた授乳室に戻って搾乳をすることになるのです。

この一連の作業に、なんだかんだ1時間半から2時間くらいかかりました。直母がうまくいっていたらボトルも搾乳も不要なので、直母がうまくいかないがための労力ですが……。

まぁ、これは退院後の今も続いていることなので、その練習を病院でできたのはやはり良かったと思います。

直母がうまくいっているお母さんは、余った時間でわが子との触れ合いを楽しんでいる様子でした。


GCUって、もっと言うとこんな場所だったと思う

さて、GCUがどんな場所かについてここまで書いてきましたが、もう少し主観的な視点で思ったことを書いてみたいと思います。

私見といいますか、私が個人的に感じたことであって、同じように捉えている人がいるかどうかはわかりません。ご了承ください。

赤ちゃん差別がみえてしまうGCU

NICU時代は気づかなかったのですが、新生児病棟内で特にかわいがられている赤ちゃんたちがいる、ということに気づきました。

言い方が悪いですが、赤ちゃん差別みたいなものが見えてしまったのです。やはり、入院が長い赤ちゃんが比較的かわいがられている印象でした。

ヨーちゃんも恐らくかわいがられていた方でして、GCUに短期入院した赤ちゃんのお母さんから「ヨーちゃん、かわいがられていますよね」と言われてハッとなったのです。

ただ、ヨーちゃんも一番ではなく、ヨーちゃんよりさらにかわいがられている赤ちゃんたちがいました。一部のスタッフの方たちは、その赤ちゃんのお世話をするときの声色が完全に変わっていたし(笑)、慌ただしいGCUの中でのその赤ちゃんへの気にかけ方も違って見えました。

赤ちゃんはそんなこと気にしていないと思いますが、やはり、はたから見ている母親としては複雑な気持ちです。

しかしもし、「うちの子、かわいがられてないなぁ」と感じたお母さんがいたら、気にせずわが子にたくさんの愛情を注いであげればいいかと思います。

私はモノ言う立場ではないし、そもそも誤解もあるかもしれませんが、どんな赤ちゃんにも平等に接しているスタッフの方の方が、プロ意識が高く見えました。

親の面会頻度があらわになるGCU

NICUではほとんどの赤ちゃんが閉鎖型保育器に入っており、加えていろんな機械に囲まれています。面会に来るお父さん、お母さんは、そのような機器類に紛れて座っているので、他の面会者の顔を認識することはあまりありませんでした。

また、他の保育器を覗くことはもちろん禁止ですし、プライバシーへの配慮で他の親御さんをじろじろ見るのもはばかられる雰囲気でした。(せいぜい両隣しかわかりませんでした。)

それがGCUに移った途端、かなりオープンになります。

赤ちゃんはコットに移ってお顔が見えるようになったし、機械類が減って一人当たりの専有面積が減ったことで、面会者同士の物理的な距離もぐっと近くなりました。

さらに、お母さんに関して言えば、授乳時間に直母の練習のため授乳室で顔を合わせることになります。

そんな日々を送っていると、だんだんと親の面会頻度がわかるようになってきました。

私の印象では、来るお母さん(お父さん)は毎日来るのですが、来ない人はほとんど来ません。

お隣の赤ちゃんは親が滅多に来ませんでした
お隣の赤ちゃんは親が滅多に来ませんでした

正直なところ、親が来ない赤ちゃんは少しかわいそうに見えます。看護師さんがお世話してくれますが、忙しければ泣いてても放置されてますし、無償の愛を込めて抱いてくれるのはやはり親でしょう。

赤ちゃんがほかの赤ちゃんと自分を比較しているとは思えないので、勝手な視点ではありますが、親に愛おしそうに抱かれている赤ちゃんの隣で、一人コットで泣く赤ちゃんの姿は、どうにも切ない光景です。

あちこちから見聞きした話をまとめると、親が面会に来ないのは以下のような理由があるそうです。

  • 病院が遠い
  • 家を空けられない(上の子どもがいる等)
  • 身体的に通えない(親も入院中等)

自分が同じ立場だったら、やむを得ないかなと思える事情です。
一方で、驚いたのは下記の理由でした。

  • 仕事を再開した
  • 子どもの状態を受け入れられない

子どもがNICU/GCUに入院している間、仕事を再開するお母さんがいるそうです。それは、退院後に仕事と育児を両立する態勢を整えるためだとか。

また、子どもの状態を受け入れられなくなり、足が遠のく親御さんもいるそうです。具体的なことは聞けませんでしたが、病気や見た目の問題を抱えたわが子に会うのが辛くなってしまう人がいるようです。

切ないです。しかし、その立場にならないとなんとも言えませんが、いずれ赤ちゃんは退院するわけですから、精神的なケアを受けた方がよいのではと思いました。

上記以外に単純に子どもに会いたいと思える程度の愛情を持てない親もいると思います。毎日面会することだけが愛情だとは思いませんが、はた目には少々冷たいものを感じてしまいます。


適度な期間GCUにいられてよかったと思う

私なりのGCUの描写をしてまいりましたが、こうして振り返ると、親(特に母親)にとってありがたい時間を過ごしたなぁと思います。

命の危険な状態を脱し、ある程度の医療的なサポートを受けつつ、家に迎え入れる準備の指導を受けられる場所。そこに一か月弱もいられたことは、初めての育児を行う、かつ子育てにまったく自信がない私にとっては、貴重な時間だったと思います。

授乳や沐浴の練習はもちろん、看護師さんたちとの雑談から得る育児のヒントも役立ちました。そして、母子分離から始まった親子関係を、このGCUで築き上げることができ、家に帰ってからも他の親子に負けないくらいの愛情をもって子育てに臨めています。

赤ちゃんにとっては親と家で過ごすことが一番いい、というのは退院後の今、強く感じていますが、私にとっては必要な時間であったと思います。

私、NICU時代に病院で泣いたことは一度もなかったのですが、実はGCUの終わりくらいで一度泣いてしまったことがありました。それは、悲しい涙ではなく、うれし泣きに近かったと思います。

授乳室で婦長さんと二人きりで話す機会があり、その時にこんな話を聞きました。

「私たち看護師にとって、長期入院した赤ちゃんとお母さんが、回復に伴って幸せになっていく姿を見るのが、何よりも喜びなんです」

NICUの子どもの親たちは、程度の差はあれ、誰もが大きな不安や悲しみを抱えています。時にはそれを爆発させ、泣き出して止まらないお母さんもいるそうです。

それが赤ちゃんが回復し、成長することでやがて不安が幸福感へと変わり、GCUに移るころには、多くのお母さんたちは幸せに満ちた顔でわが子を抱きしめています。

あんどうさんが、ヨーちゃんを愛おしそうに抱いている姿を見て、とても嬉しかった

と言われ、急に涙があふれて止まりませんでした。自分の幸せを、他の誰かが一緒に喜んでくれていることが、本当に嬉しかったのだと思います。

大好き、ヨーちゃん
大好き、ヨーちゃん

GCUはそんな場所でした。

GCUに来たときは(NICUとの看護体制の違いに)不安がありましたが、退院するときはNICUだけでなく、GCUにも感謝の気持ちでいっぱいでした。

GCU通いの一日とGCUについて(1)

GCU通いの一日とGCUについて(1)

ご無沙汰しました。
実はヨーちゃん、NICUからGCUに移り、そして無事退院しました!

超低出生体重児として生まれ、3か月を超す長期入院となりましたが、比較的元気な赤ちゃんとして退院することができました。

ヨーちゃん、退院しました!
ヨーちゃん、退院しました!

ただいま母子は(母の)実家でお世話になっています。育児のペースがつかめたら帰る予定です。生活はすでに赤子に振りまわされており、通院時代以上に睡眠不足ですが、病院に行かなくていいのは楽ですし、赤ちゃんがそばにいるという点で幸福感は全然違うと感じています。

さて、ヨーちゃんの入院はすでに過去のものとなりましたが、GCUがどんな場所だったかについて私的な感想含め記事にしたいと思います。

NICUについてはこちら
→「NICU通いの一日とNICUでのケア体験内容


GCUとは

恥ずかしながら私、新生児医療に関してNICUは聞いたことがありましたが、GCUについてはその名前すら知りませんでした。ニュースやドラマなどで出てくるのはNICUばかりで、GCUが取り上げられることはあまりないからではと思います。

GCUは「Growing Care Unit」の略です。
以下はWikipediaからの引用。

移行期(回復期)治療室 – GCU(Growing Care Unit)
急性期治療が終了、または集中治療を要さない新生児を収容する。上の新生児集中治療室の後方病床と位置づけられている。

私の理解も含めて簡単に書くと、NICUでの治療を終えた子や、そこまでの治療が要らない新生児たちが入る病床です。

ヨーちゃんは前者で、NICUで必要な治療をほぼ終えてGCUに移動しましたが、NICUを経由せず、最初からGCUに入院した赤ちゃんもいたようでした。満期で生まれたものの、体重が少なめだったり、黄疸が出てブルーライト治療だけを受けるために入った赤ちゃんがいたりしたようです。

また、「家に近い場所」であり、ケアの主体が看護師さんから親(母親)に変わります。治療が少なくなるので、授乳、おむつ替え、沐浴、そしてあやすなどのお世話をお母さんたちが練習し、そして赤ちゃんもそれに慣れていく場所でした。

さらに利用者視点で思うNICUとGCUの大きな違いは、雰囲気。

病院によって異なると思いますが、ヨーちゃんがいたNICUには窓はあるものの、常にスクリーンのようなものがかかっていて、外の光は入らないようになっていました。一方、GCUは日中カーテンを開けており、お天気のいい日は暖かい日差しが入るようになっていました。

また、NICUの赤ちゃんの大半は閉鎖型保育器に入っています。GCUにも、やむを得ず保育器のままの赤ちゃんがいましたが、大半はコットに入っていました。治療は受けているものの、産科病棟の新生児室の雰囲気に近いのではと思います。

GCUではコットに入った赤ちゃんが多いです
GCUではコットに入った赤ちゃんが多いです

そして、看護スタッフの配置も違います。NICUは3対1に対し、GCUは6対1。実際にこの人数でまわしているのかはわかりませんでしたが、NICUは一人一人の赤ちゃんに時間をかけた治療やケアをしている一方、GCUはナースの皆さんが右に左にと常に慌ただしくしている印象でした。医師の先生たちもNICUにいる時間が長いように見えましたが、NICUとGCUの患児の違いを考えれば、当然のことかと思います。

ちなみに、GCUの中はコットの場所移動が頻繁に行われていました。呼吸が完全に安定し、緊急の酸素が不要な赤ちゃんは酸素の機械がない場所に移動します。そしてそこが一番退院に近い場所でした。


ヨーちゃんがNICUからGCUに移るまで

NICU通いの一日とNICUでのケア体験内容」の記事に書いたように、NICUからGCUへの移動は押し出しによるものです。新しい入院があった際、元気な赤ちゃんからGCUに移動します。

入院が少ない時は、GCUにいてもおかしくないコットに入った赤ちゃんがNICUにいることもあるそうです。その場合、まれにGCUを経ずにNICUから元気に退院するケースもあるとのことでした。

一方、新しい入院が続くと、保育器ごとGCUに押し出される赤ちゃんもいました。保育器がズラリと並んだ時のGCUは、看護師さんがなかなか大変そうでした。

ただ、他にもNICUの入院期間には経営的な事情があることがあるらしく、重症度が高い(高かった)子どもは可能な限り長くNICUに留めておくようです。

超低出生体重児だったヨーちゃんもそれに該当し、随分長くNICUでのGCU移動可能性順位が低かったように感じました。(いつGCUに移動になるか気になっていたので、看護師さんに時々NICU内での順位をそれとなく聞いていました。たとえば、10人中9位くらいだった場合、8人移動するまで移動しないという理解でした。)

そんなわけで、ヨーちゃんは割と長くNICUにいたと思います。NICUに長居すると、GCUの6対1という看護体制に不安が芽生えてしまい、NICU時代終盤はできればGCUに移動せずに退院できればなぁなんてちょっと甘えた気持ちにもなっていました。

そうこうするうちにヨーちゃんは順調に成長し、カンガルーケアに続いて沐浴やボトル授乳も始まり、明らかにGCUに移ってもおかしくないくらいの状態になりました。

保育器も、閉鎖型から開放型になりました。密閉されていない保育器なので、呼吸や体温が安定した、比較的元気な赤ちゃんが使える保育器です。NICUでこの保育器を見たのはいつも1,2台あるかないかでした。

体温調節ができると保温なしで服を着るようになります
体温調節ができると保温なしで服を着るようになります

そして、移動の日はある日突然やってきました。入院が急なケースが多いので、赤ちゃんの移動も急に行われます。朝、いつも通りNICUに入ったところ、ヨーちゃんの姿はなく、振り向けば開放型保育器のままGCUに移動になっていました。

そろそろと思っていたタイミングだったので、あまり驚きはなかったです。とうとうこの日が来たか、という少し複雑な気持ちでした。

なお、ヨーちゃんは3か月ちょっとの入院生活で、NICUが2か月超、GCUが1か月弱となりました。

GCU通いの一日とGCUについて(2)」に続く。