冷凍プラタをパイシート代わりにして「鮭のパイ包み」を作りました

冷凍プラタをパイシート代わりにして「鮭のパイ包み」を作りました

何度かブログに書いていますが、私は料理が苦手です。子どものころから関心がなかったので、いい年になるまでまともな料理を作ったことがありませんでした。結婚した今は、料理をするのが私の役割なので、仕事のような気持ちで頑張ってはいますが、それでも炊事は万年憂鬱で関心も低いままです……。

そんな私が料理ネタをブログに載せるのは大変おこがましいと思いつつ、シンガポールっぽい料理ネタを見つけたので共有したく思います。ロティ・プラタがパイシート代わりになるというお話しです。

ロティ・プラタ(Roti Prata)について

ロティ・プラタはインドのパンです。パンと言っても、平べったくてもちもちしており、かつ油っぽいです。日本でインドカレーと一緒に食べるのはナンがメジャーですが、シンガポールではこのプラタが普及していて、どこのホーカー(屋台街)に行っても必ず1軒はプラタを出しているお店があるイメージです。

NLBのサイトによれば、起源はインドのパンジャブ州、もしくはムスリムが広めたという説があるそうです。

Introduced to Singapore by Indian immigrants, roti prata is said to be either of Punjabi origin as wheat dishes feature prominently in the Punjabi diet, or introduced by the Muslim conquerors, who also specialised in making various types of breads.

(引用元:http://eresources.nlb.gov.sg/infopedia/articles/SIP_869_2005-01-11.html

小麦粉にギー(インドのバターオイル)もしくはバターやマーガリンを練り込みながら鉄板で焼きます。店頭で作っている様子を見られることが多く、生地に油をバシバシ入れながら折りたたみつつ器用にまとめ、次々と鉄板で焼き上げていきます。卵、チーズ、バナナなどを練りこんだり、仕上げにチョコレートなどのソースをかけてデザートとして食べることもできます。

ちなみに夫リサはこのプラタが好きでして、週末の午後、小腹が空くとぶらっと近所にプラタを食べに行ったりしています。

冷凍プラタ

プラタは1ドルくらいで手軽に食べられるスナックなのですが、スーパーに行けば冷凍物が手に入ります。5枚で2.5ドル前後。白くて丸い生地がビニールシートに挟まれていて、フライパンで焼くだけで食べられます。

リサがプラタ好きなので、だいぶ前に買ったことがあります。私はなかなか美味しいと思うのですが、やはりお店の物には敵わないみたいで、リサはもう要らないとのこと。なので買ったのは一度きりでした。

そんなわけで、しばらく冷凍プラタの存在には関心を払ってこなかったのですが、先日ネットでこの冷凍プラタ・ブランドのSpring Homeの動画を見て、私の中で再びスポットライトが当てられました。

冷凍プラタを使ったレシピがこんなに豊富とは……。

で、お気づきだと思うのですが、このプラタの使い方は冷凍パイシートと一緒なんですよね。考えてみたら、小麦∔バターって、パイと同じ材料じゃないですか。プラタはもちもち、パイはさくさく、といった食感の違いはありますが、似た食材であることは間違いないです。

冷凍プラタで鮭のパイ包みを作ってみた

料理偏差値が低い私ですが、この動画にすぐに感化されました。お菓子作りには興味がないので、2つ目に紹介されてる鮭のパイ包み(サーモン・ウェリントン)を作ってみました。

いくつかのレシピを参考にし、鮭と一緒に入れる具材は、「茹でたほうれん草∔玉ねぎ∔にんにくを炒めたもの」と「スライスチーズ」にしました。

プラタに具材をのせた状態
プラタに具材をのせた状態。

(※チーズは溶けると生地から出てきてしまうので、写真のように上ではなく具材の間におく方がいいです。)

冷凍プラタはそのままだと硬いので、少し溶けて柔らかくなるのを待ちます。そして具材の大きさに応じて少し伸ばしてから中身を包みこみます。卵を切らしていたので、私は表面に卵黄は塗ってませんが、塗った方がやはりきれいな焼目がつくと思います。そして、焼くとそこそこ膨らむので、トップには包丁で切れ目を入れました。

生地がかなり膨らむのでトップに切れ目を入れました
生地がかなり膨らむのでトップに切れ目を入れました

温度や焼き時間は適当でした。わが家にはグリルがなく、電子レンジの「ローストチキンモード」で焼くしかなかったので。

そして出来上がりはこちら。

冷凍プラタをパイシート代わりにして作った「鮭のパイ包み」
冷凍プラタをパイシート代わりにして作った「鮭のパイ包み」

盛り付けがひどくてスミマセン……。あと、ちょっと時間が経ってつぶれてますが、焼き上がりは表面がかなりプクプクしていました。白いソースはM&Sで買ったオランデーズソースなんですが、サーモンによく合いました。

そして、味は、まずますでした。プラタはばっちりパイっぽい役割を果たしていて、そこは合格だったのですが、私の調理がいまひとつだったからです(笑)。

まず、鮭の臭みとりが不十分でした。包んで焼くだけなので、味のごまかしがききにくいです。下処理はしっかりしよう、という反省点になりました。

また、プラタを広げるときにちぎってしまうという失態を演じました。解凍が不十分な状態で生地を引き伸ばそうとすると、伸びずにちぎれます。もちろんつなげて修復を試みましたが、焼いたらそこから生地が割けて崩壊しました。

プラタの解凍状態の見極めは少し難しくて、完全に解凍すると生地に粘りが出て、今度はシートから剥がれずに苦労します。たぶん、未解凍の状態で粉をふった場所にプラタを置いて、麺棒で伸ばすのが正しいんでしょうね。私のプロセスがいい加減だったようです。

具材なんですが、もともと動画で紹介されているようなクリームチーズ(?)も美味しそうですし、その他のクリームや卵などなど、いろいろ具材選びも楽しそうです。

お料理好きマダムにぜひお試しいただきたい

そんなわけで、私の料理スキルに応じた結果には終わりましたが、冷凍プラタのパイシートとしてのポテンシャルは、十分感じました。プラタとして冷凍庫に常備しておきながら、ときどきパイシートして活用、なんて使い方ができそうです。

ぜひ、シンガポールのお料理好きマダムの皆さんに、いろいろ試していただきたいと思いました。

プチサイズ月餅! 私にはポークジャーキーの美珍香(BEE CHENG HIANG)の月餅がベスト

プチサイズ月餅! 私にはポークジャーキーの美珍香(BEE CHENG HIANG)の月餅がベスト

祭事に旧暦を使うシンガポールでは、9~10月ごろに中秋節のお祝いをします。日本で言ういわゆるお月見。日本では満月とお団子くらいのイメージしかありませんでしたが、中華系の国ではランタンを飾ったり、家族で集まったりしてお祝いをするそうです。

そしてこの時期、街に突如あふれ出すのが月餅(moon cake)。日本でもおなじみの餡子が入った丸い焼き菓子です。中秋節はこの月餅を贈りあう習慣があり、主に贈答用の多種多様な月餅があちこちで売られるのです。

今年の中秋節は10月4日と少し遅めなのですが、8月の独立記念日が終わったあたりからすでに予約を受け付ける広告が出始めました。お店によっては、8~9月初旬に早期予約割引などのプロモーションの展開もしています。そして9月半ばから本格的な販売攻勢が強まっていきます。

こうなると、ショッピングモールの祭事スペースは月餅だらけになります。日本のバレンタインのように、さまざまなお店が月餅を、味やら見た目やら包装やらにオリジナリティを出して売り出します。ちなみに、8月終わりに行ったジョホールバルのイオンでは、既に月餅特設コーナーが始まってました。

シンガポールで売られている月餅について

月餅と言えば、あの今川焼ぐらいの大きさで、中身がずっしり詰まった茶色いやつを思い浮かべていただいて間違いないのですが、シンガポールではスノースキンという焼いてない月餅が、かなり普及しています。

求肥のような皮の中に、フルーツやチョコレートなどのフィリングと、丸いトリュフチョコが入っていたりする、洋菓子のような月餅です。焼いていないため、色が白をベースにカラフル。見た目もお洒落です。高級ホテルの月餅だと、むしろこのスノースキンの方が目玉なんじゃないでしょうか。

このスノースキンは、Wikiによれば1989年に香港で生まれたそうです。甘い蓮根ペーストやら塩漬け卵黄やらを使う伝統的な月餅は、不健康だから、、という発想で生まれたとか。(引用元:https://en.wikipedia.org/wiki/Snow_skin_mooncake

Snow skin mooncakes are a non-baked mooncake originating from Hong Kong. The snow skin mooncake was developed by a bakery in Hong Kong, because the traditional mooncakes were made with salted duck egg yolks and lotus seed paste, resulting in very high sugar and oil content. Since many customers thought traditional mooncakes were an oily food, the bakery used fruit for filling and less oil to make a mooncake with less fat.

伝統的な月餅ばかりだと飽きるでしょうし、スノースキンタイプならお店ごとにオリジナリティを出しやすそうですから、普及するのもうなずけます。

そして、月餅の形をしたチョコレートやアイスもあるらしいです。もはや月餅が何者なのかわからなくなります……。でも、まぁ、それだけ月餅を贈りあう習慣が、中華系の人々の間で根付いている証拠だと思います。

スタバのスノースキンタイプ月餅を食べてみた

月餅のお値段ですが、結構値が張ります。有名店の物だと1つ10ドル前後でしょうか。有名ホテルの物だとバラ売りしてないケースもあるし、そもそも郊外在住だと買いに行くのも大変なので、ケーキ感覚で買ってくるのは難しいです。

そんな中、なかなか美味しそうで、手軽に楽しめそうだったのがスタバの月餅でした。私は先日、スタバでようやくスノースキンの月餅デビューを果たしました。味は4種類。黒ごまと柚子トリュフ、パッションフルーツとミルクチョコレートトリュフ、チョコレートとクリームチーズトリュフ、スターバックスコーヒーとダークチョコレートトリュフ……目移りするフレーバーです。そしてお値段は1つ5.9ドル。

スノースキンタイプはスタバに限らず、基本的に要冷蔵です。なので冷蔵ケースに入っていたものを、そのままいただきます。ちゃんとお皿とフォークを出してくれたので、フォークでケーキのようにいただきました。

スタバのスノースキンタイプの月餅
スタバのスノースキンタイプの月餅

フォークの横で切ろうとすると、ぶにゅっっって。
ぶにゅっ。。。求肥だから……。

切りにくいんですが、なんとか一口サイズにして食べました。それが、なんか、、美味しくなかったです。甘いだけで風味がないというか……。そもそもスノースキンタイプの特徴である、求肥があまり美味しくありません。ぶ厚くて、中のフィリングやチョコレート以上の存在感を誇示しています。

期待外れ……。他のスノースキン月餅に比べてリーズナブルだと思った5.9ドルというお値段も、高く感じるクオリティでした。

スタバのが私の口に合わなかっただけで、他のスノースキンは美味しいのだろうと思います。でも、なんだかスノースキンのイメージが悪くなってしまう初体験になりました。

気に入りは美珍香(BEE CHENG HIANG)のプチサイズ月餅

スノースキンはもういいかなと思ってます。少なくとも自分で買って食べることはないでしょう。

かといって普通の焼いた月餅も、わざわざ買って食べたいとは思っていません。日本の月餅とちょっと味が違うことがあるし、中身が重いんですよね。2年前にリサが会社からでっかい月餅を1つ持ち帰ってきたのですが、独特のスパイスが効いたタイプで味が苦手でした。1日1口食べて、3日くらいでギブアップしました。そもそも切り分けてみんなで食べるお菓子なので、夫婦二人の家では消化しきれないのです。

ここまでディスるんだったら、もう月餅の話はいいじゃん(笑)と言われそうですが、一つだけ、好きな月餅があるんです。

そう、ここが本題。私が唯一気に行っている月餅、それはポークジャーキー(バクワ)で有名な美珍香(BEE CHENG HIANG)の小さい月餅です。「Chess Mooncake (棋子月饼)」という名前で、中国の将棋の駒をデザインした月餅です。

美珍香(BEE CHENG HIANG)のChess Mooncake
美珍香(BEE CHENG HIANG)のChess Mooncake

去年、英語の先生がくださったのですが、一口で食べられるサイズで全然重くないし、中は餡子だけなので味もシンプルで、口に合うものでした。ずっともう一度食べたいと思っていて、今年ようやくシーズンが近づいたので、どこの月餅だったのかを教えてもらったのです。毎年同じ物を作るとは限らないらしいのですが、ネットで調べたら幸い今年も売りだしていたので、買ってきました。

美珍香(BEE CHENG HIANG)の月餅売り場
美珍香(BEE CHENG HIANG)の月餅売り場

1箱9つ入りで9ドル。味はPlain Lotus、White Lotus、Pumpkinの3種類で、残念ながらミックスはありません。ただ、どれも餡子みたいなものなので、ハズレはありません。

直径はちょうど中国将棋のコマと同じくらい。餡が入っているので高さはあります。表面には将棋のコマらしく車とか、馬とかの文字が浮き出ています。大きさは本当に一口サイズ。むしろ一口で食べないと崩壊するので、食べるときはそのまま口に放り込みます。皮は薄くて主張せず、餡がぎっちり詰まっていますが、小さいので全然重くありません。

開封すると乾燥してしまうので、一つずつラップにくるみ、さらにジップロックに入れて保存しています。そして、ただ味を楽しむだけでなく、小腹が空いた時にこれをポイっと口に放り込めば、適度な満腹感も得られるので重宝しています。

ラップにくるみ、ジップロックに入れて保存
ラップにくるみ、ジップロックに入れて保存

美珍香ならあちこちのモールに入っているので、郊外でも手に入りやすいし、何よりも値段と量が自分用に買う月餅としてちょうどいいです。これならもらって嬉しいくらいなので、プチギフトにもなるし、帰国予定があったらお土産に買って帰りたいくらいです。

私はいろんな月餅を見て回ったり、買って食べたりしたわけではないので、もしかすると似たような商品が他にもあるかもしれません。でも、月餅は嫌いじゃないけれど食べきれない、という方は、一度このChess Mooncakeを試してみてはと思います。

ウエストな週末:ラッフルズ・マリーナでランチ+デカトロンでヘルメット購入

ウエストな週末:ラッフルズ・マリーナでランチ+デカトロンでヘルメット購入

先週の9月1日、シンガポールは祝日でした。ムスリムのお祝い、ハリ・ラヤ・ハジ(犠牲祭)です。過去2年、夫リサの同僚ご家族から食事にご招待をいただいていましたが、今年はお呼びがかからず……。敬虔なムスリムご家庭なので、もしかすると今年はメッカ巡礼に行かれたのかなぁなんて想像しています。

2015年:イード・アル=アドハー(犠牲祭)でご馳走になりました。
https://22plus.jp/blog/2015/09/24/211740.html

2016年:ハリ・ラヤ・ハジ(犠牲祭)
https://22plus.jp/blog/2016/09/12/205005.html

Tuas Link:ラッフルズ・マリーナでランチ

そんなわけで、何も予定なく迎えた3連休だったのですが、仕事でストレスMAXなリサが朝突然「今日はラッフルズ・マリーナに行くよ!」と宣言しました。

ラッフルズ・マリーナ? 知らないし、そもそも縁もなさそうな響きです。場所はシンガポール最西端エリアのトゥアスで、どんだけ遠いとこ行くのと思ったのですが、電車で容易にアクセスできました。東西に走る緑の電車が6月に延伸したお陰で、終着駅のトゥアス・リンクを降りたらすぐ目の前にありました。

6月にオープンしたばかりの新駅Tuas Link
6月にオープンしたばかりの新駅Tuas Link
ラッフルズマリーナ正面。門から建物まで少し歩きます。
ラッフルズマリーナ正面。門から建物まで少し歩きます。

建物に入ると、そこはまるでホテルのロビー。

ラッフルズマリーナ
ラッフルズマリーナ

吹き抜けの天井、左右には小さな水槽と真っ青な絨毯が敷かれた階段、そして正面の大きなガラス張りの窓からは海とヨットが見えます。一瞬場違いな感じがしたのですが、それはやはりマリーナだからなのか、カジュアルな服装な人ばかりなので慌てることはありません。建物内のロビーなのにキックボードで走り回る子どもたちもいましたし……。

ラッフルズマリーナのロビー。水槽には偽物の鯉が…
ラッフルズマリーナのロビー。水槽には偽物の鯉が…
ラッフルズマリーナのロビー正面
ラッフルズマリーナのロビー正面

そうこうするうちにリサが建物1階の左手に突き進んでいくので、ただ後を付いて行ったところ、レストランに着きました。

ヨットが見えます
ヨットが見えます

入り口は古い船の中を思わせるよなシックな内装。そこを抜けるとテントが張られたオープンエアのスペースが現れます。外に面した席からは、海、ヨット、そして遠くにはマレーシアが望めました。

Marina Bistro
Marina Bistro

賑やかな中華系大家族のテーブルもありましたが、欧米系のお客さんも多く、犬連れのコケイジャンが追い出されたりしてました。まるで欧米リゾート地のレストランみたい。シンガポールには他にもこういう場所があるんでしょうけど、私の行動圏内にはない雰囲気です。

Marina Bistro
Marina Bistro

びっくりしました。なんでびっくりって、失礼だけど、リサは突然こんな素敵なレストランにサプライズで連れてきてくれるようなタイプではないからです。ストレスたまりすぎてたがが外れたんじゃないかと心配になるくらいでした。

メニューはバラエティに富んでました。洋食、ローカル料理、そして和食もあったようです。値段は、シンガポールのレストランの平均的な価格かなと思いましたが、通常10%のサービス料が15%で、これが地味に響きます。夕食食べてお酒でも飲んだら、合計金額プラス15%は結構なお値段になると思われます。

さて、メニューを開いて本当に好きなものを頼んでいいか3回くらい確認し、選んだのはチキン・ティッカ・ラップです。インド料理の洋風アレンジと言っていいでしょうか。リサはパスタ。パスタは味見していないのでわかりませんが、普通に美味しかったそうです。私のチキンティッカも辛すぎず、クセのあるスパイスなどもなく、お肉がたっぷり入っていて美味しくいただけました。

Marina Bistroのチキンティッカ・ラップ
Marina Bistroのチキンティッカ・ラップ
Marina Bistroのアーリオーリオ
Marina Bistroのアーリオーリオ

これらに水とトニックウォーターで、お会計は39.75ドルでした。質素倹約のわが家のランチにこの金額は厳しいけれど、この雰囲気と食事なら妥当かと思います。贅沢させていただきました。

ちなみにリサがなぜこのお店を知っていたかと言うと、出張でシンガポールに来たときにここで会社の人と食事をしたそうです。私たちの引越し前なので、もう2年以上前の話なんですが、雰囲気は変わっていなかったそうです。

Joo Koon:デカトロンでヘルメット購入

西まで足を伸ばしたのにはもう一つ目的がありました。リサが自転車用のヘルメットを買いたいとのことだったのです。

シンガポールにはフランスのスポーツ・アウトドア用品店、デカトロンが進出しています。日本はオンライン店舗のみのようですが、シンガポールには実店舗もあります。雰囲気はIKEAに似ていて、巨大。品ぞろえが豊富で安いのが特徴です。

スポーツ・アウトドア用品を扱うデカトロン
スポーツ・アウトドア用品を扱うデカトロン

リサは最近、通勤で自転車を使い始めました。以前は道が危なくて乗っていなかったのですが、途中の駅までなら大丈夫そうなことに気づいたらしく、運動を兼ねて半自転車通勤しています。そんな自転車生活に慣れてきて、自転車用のヘルメットが欲しくなったようです。

デカトロンは現在、島内に3店舗ありますが、そのうちの一つがJoo Koonの駅に直結したモール内にあります。最西端駅のTuas Linkからの帰り道に寄れます。

自転車を売ってるくらいなので、当然ヘルメットもありました。しかも自転車用ヘルメットだけで4~5種類はあったと思います。本気走りしているわけでもないので、14.9ドルの安い、でも一応仕事してくれそうなヘルメットを買いました。さらに、朝は夜明け前に家を出るので、後日ダイソーで反射シールを買ってヘルメットと自転車に貼りました。

週末だからなのか、家族連れが押し寄せていて、子どもたちが店内のあちこちで大騒ぎしてました。その辺もIKEAと似ています。私はこの雰囲気に疲れてしまって、お店を出た後すぐに帰る気力がなく、モール内のカフェでぐだぐだして体力を回復しました。

私はスポーツやアウトドアに疎いので、デカトロンで見るものはほとんどありません。でもリサは楽しいらしく、商品の多さと値段の安さは魅力的なようです。

ウエストな週末

そんなわけで、Tuas Link&Joo Koonと、シンガポールのウエストを堪能した祝日でした。

6月に緑の線が西に延伸したとき、新しい駅ができたエリアは工場地帯なので、働いている人以外には関係ないだろうなぁと思っていました。実際、今回初めて延伸エリアの電車に乗ってみて、工場やら倉庫しかない車窓からの風景には、なんら楽しみは見いだせなかったです。駅の利用者もワーカーさん(主にインド・バングラディッシュ系の肉体労働者)だらけでしたし。

トゥアス・エリアの車窓風景
トゥアス・エリアの車窓風景

それゆえにラッフルズ・マリーナは意外な存在でした。せっかく電車が通って島内からのアクセスが楽になったわけだし、何かもっと一般の人や観光客が楽しめるものができたらいいのにと思いました。既存設備を活かすなら、シンガポールの工場萌えツアーとか、どうでしょう。

それにしても2週連続リサ主導で遠出するなんて、相当ストレス溜まってる証拠です。かわいそうです……。