突然の全身じんましんと初めての日系病院 in シンガポール

   

先日、突然全身じんましんに襲われました。
最初はたんなる虫刺されかと思っていたのですが、だんだんと発疹箇所が全身で広がったり移動したりし始め、顔から足まであらゆる部位が気味が悪いくらいぼこぼこになり、夜は痒みで眠れないくらいになってしまいました。今まで経験がない症状だったし、朝になってもそれほど症状が改善されていなかったので、大事をとって病院に行くことにしました。2年足らずのシンガポールで初めての病院です。

日系病院が入っているリャンコート

日系病院が入っているリャンコート

海外旅行保険とその利用について

私はシンガポールでは保険に入っていません。夫の会社からお金での補助が多少出てるらしいですが、そのお金での保険加入はしてませんし、パートなので自分の会社の保険もありません。ですが、日本出国前に長期の海外旅行保険に加入しています。(※詳細は日本出国前の手続きをまとめた記事に書きました→こちら)今回、この保険が威力を発揮しました。

利用したことがある人は少なくないと思いますが、コールセンター経由で病院を予約すると、提携クリニックにてキャッシュレスで受診が可能です。緊急で病院に飛び込むような状況でなければ、これはとても便利でした。24時間対応なので、朝6時に電話。所定のやりとりを済ませると、コールセンターが8時45分のクリニック開院時間に予約を入れ、予約が取れたらその旨こちらに連絡をくれます。これ、日本語が通じない、かつ土地勘がないところでだったら非常に心強いサービスだなと思いました。

そして保険証書の原本と身分証明書(ビザかパスポート)を持ち、予約時間に病院に行きます。クリニックでも保険に関わる所定の用紙の記入しますが、手続きはこれでお終い。受診後に薬を受け取り、もちろん支払いなしで終了です。普段は受診料ががいくらなのか不安になりますが、このキャッシュレスは医療費の明細すら出てきません。想像以上に手軽でした。

実はじんましんが起きた当日の朝、「せっかく高い保険料払ったのに全然病院行かないじゃん」と夫リサがこぼしていたのです。何もないことが何よりなのに、なんなのさ! と憤っていたら、この有様ですよ。

初めての日系病院

今回、初めて病院に行くにあたり、言葉にも治療にも不安が少ない日系の病院を選びました。そして実際に利用してみて、シンガポールが日本人にとって暮らしやすい国である理由の一つに、日系病院の多さと利便性の高さがあると感じました。もっと重大なケガや病気の場合はシンガポールの病院に頼ることになるかもしれませんが、それでも日系病院の存在は、普段の生活において安心感がだいぶ違うと思います。

どの病院もほぼ中心部にあります。うちからは1時間前後かかるんですが、、多くの駐在ご家庭には問題のない、むしろ便利な立地だと思われます。設備は清潔で落ち着いた雰囲気でした。そして先生が日本人なだけでなく、スタッフも日本人か日本語が流暢な方ばかり。患者さんも日本人ばかりだったので、クリニックの扉を開けて中に入ればまるで日本にいるかのような場所でした。

さらに、行ったクリニックは日系スーパーの明治屋が入っているリャンコートの中。思わず帰りに明治屋に寄りました。恐らく1年以上は来てなかった明治屋、久しぶりに来ても相変わらずの値段の高さに目がチカチカします。それでも山パン(山崎のパン)やら日本製の洗剤なんかを買ってしまいました。1階にあったマックが無くなってフードコートに変わってたなぁ。。シンガポールはどこもかしこも入れ替わりが早いです。

リャンコートのフードコートで食べたチキンサラダ

リャンコートのフードコートで食べたチキンサラダ

処方とその後

じんましんの経験と受診歴があるリサが「注射一本打てば一発できくよ」なんて言ってました。強い薬は避けたいし、注射自体が苦手なので、勘弁願いたいところ。それが、診察を受ける頃には一度症状が収まり始めていて、それほど重症に見えなかったためか、注射のちゅの字も出てこなかったです。

辛うじて残っていた小さな患部を見て、「じんましんですね」と診断いただき、飲み薬と塗り薬を処方されただけでした。

飲み薬は、花粉症やじんましんなどに効くアレルギーの薬。塗り薬はAtopiclair(アトピクレア)という、日本では処方されないクリームを出してもらいました。

飲み薬は一日一錠、夕食後に服用。帰宅後にじんましんが再び現れ始めたのですが、夕食後にこの薬を飲んだところ、夜寝る前には見事に症状が収まり始めました。前日のように痒みで眠れないなんてこともなかったです。まぶたに出た腫れがひかず、殴られたようなひどい顔でしたが、翌日は無事仕事に行くことができました。

一方アトピクレアですが、非ステロイドの非常に弱い薬らしく、何度塗ってもOKだそうです。最初、量の多さに「さすが海外」と引いたのですが、全身じんましんとなると患部が広範囲なので、実際に使ってみたら大きいのは助かりました。帰宅後、早速あちこちに塗りまくりました。保湿クリームなんじゃないか、と思えるくらい刺激がないので、痒みに即効性はないんですけどね。

薬は14日分処方され、4日飲んだところで症状はすっかり収まっています。様子を見て1週間で一度やめてみてもいいとのことでした。症状が収まらなかったり、また何か問題があれば再診の予定です。

ちなみに原因は不明です。強いて言えばストレスで、思い当たるのは仕事で起きたことなんですが、それほどひどいストレスを感じることだったとも思えません。加齢とともにあちことガタがきていることを実感する日々です。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(生活)