手軽でおいしい! インドのレンズ豆せんべい「パーパド」の缶入りタイプを発見

   

インドのレンズ豆せんべい「パーパド」の缶入りタイプ

インドのレンズ豆せんべい「パーパド」の缶入りタイプ

これ、いつからある商品なんでしょうか。スーパーで何気なく買って食べたら、美味しくてハマりそうです。インドのレンズ豆せんべい、パーパドをチップスサイズにしたものです。缶も商品もプリングルスのような缶ポテトチップスと同じくらいの大きさです。

パーパドは豆粉を練って伸ばしたせんべい状のもので、インド料理の付け合わせによく出てきます。うちの近所においしいビリヤニ(インドの炊き込みご飯)屋があるんですが、そこのビリヤニに必ず付いてくるパーパドがもともと好物でした。

テイクアウトしたビリヤニとついてきたパーパド(写真中央)

テイクアウトしたビリヤニとついてきたパーパド(写真中央)

豆らしいちょっと重たい感じと、味わい深さ、若干の苦みが好きです。スパイスが入ったものもあるそうですが、食べたことがあるのはプレーンの塩味だけ。いつも一枚じゃ足りない、もっと食べたい、と思っていたので、このチップスは量も大きさも私の欲望にうってつけの商品です。

このパーパドチップス、缶に書かれた説明によると、通常のチップス(恐らくポテトチップスのこと)の4倍のたんぱく質、3倍の繊維質を含み、炭水化物は40%、飽和脂肪酸は30%少ないそうです。

豆なのでなんとなく納得できる内容です。でもってフライではないので、カロリーも低そう。(パーパドは焼いて食べます。)おやつのポテトチップスをパーパドチップスに替えれば、カロリーセーブができるかもしれません!(※3/17追記:70g 365kCalでした。あまりカロリーは低くないようです。失礼しました……)

考えてみたら、ヒンドゥー教で多くのベジタリアンなインドの方々にとって、豆は貴重なタンパク源。スナックからもたんぱく質を取るのは大切なことのかもしれません。

タージマハルらしき写真を載せたインドっぽいデザインに、南インドのタミル語、タイ語、英語、マレー語、日本語(レンズ豆のチップと言う単語だけ)が混じっている多国籍な見た目ですが、マレーシア産だそうです。

検索した限りでは同じ商品はまだ日本で出回ってないようです。1本2.3ドルで、バーベキュー味とチリ味がありました。探せば袋タイプのチップスもありそうですが、缶だからこそ運びやすいので、日本へのお土産として面白いかもしれません。ってか、お土産に買って帰ろうかな。

パーパド・ファンの方々はぜひ一度お試しいただければと思います。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(おでかけや食事)