「愛してる」って言いますか?

   

歌だかメロドラマだかみたいなタイトルですが、釣りではありません(笑)。先日、英語のクラスで「I love you」のニュアンスについて話題になったので、そのことについて書きたいと思います。

私が通っているコミュニティーセンターの英語コースですが、年明けにインド系のおばあちゃんが辞めてしまいました。そして新しく入ってきた子が中華系の男の子で、クラスでノン・チャイニーズは私一人に。そしてその男の子が時々、クラスについていけないことがあり、先生がフォローのため中国語(マンダリン)で話す機会が増えました。

私はマンダリンが全然わからないので、先生がマンダリンで説明を始めると他のことを考えたり、単語を調べたりして、聞き流していました。それが先日、いつものようにクラスでわーわーとマンダリンが流れ出したのを聞き流していたところ、先生に突然

「ニー・アイ・ウォー・マー?って言ってみて」

と言われたのです。

ポカン、としていたら、「ウォー・アイ・ニー(I love you)」を逆さにすると「ニー・アイ・ウォー(You love me)」になって、さらに最後にマー(mah)を付けると疑問文になるので、「ニー・アイ・ウォー・マー?」は「Do you love me?」なのよ! ……と説明をいただきました。

ウォー・アイ・ニーは知っていたので、逆さにしてマーを付けるだけなら簡単です。「ニー・アイ・ウォー・マー?」と言ってみたら、みんなどっと沸いてニヤニヤ。隣の台湾のおばちゃんが「旦那さんに言うといいわ!」と嬉しそうにしていました。完全にいじられてる(笑)。

そして、先生から「日本語でI love youは何ていうの?」と聞かれました。

はい、ここからが本題です。
皆さん、同じ質問をうけたら何て答えますか?

恐らく、ただ翻訳するなら「愛してる/私はあなたを愛してます」なんでしょう。でも、普段の会話で

「愛してる」って言いますか?

「愛してる」って、私にとっては英語の「Love」より上の感情です。「I love you」を、気持ちも含めて翻訳するなら、私は「大好き」と答えます。

私は返答に困り、「好き」と言った後、「普段の会話でLoveにあたる言葉はあまり使わない。LikeかLike very muchって言います」と答えました。そしたら先生も含め、みんな少し混乱した様子でした。いや、私も自分で言ってて混乱しました(笑)。

なぜ、と聞かれたので、「わからないけど、たぶん日本人はシャイだから……」と答えましたが、本当にどうしてなんでしょう。

私がかじった他の言葉では、スペイン語も英語とニュアンスが多少一致しない気がします。「I love you」の表現で愛情の深さは「Te quiero」より「Te amo」が上なんですが、「Te amo」ってすごく突き抜けている印象です。でもGoogle翻訳するとどっちも「I love you」になってしまうんですよね。

言葉は文化が背景にあるので、意味は同じでもニュアンスが100%同じではないことなんてよくあります。この「I love you」はその典型なのではと思いました。

こんなことは翻訳や通訳をしてる人には当たり前の悩み事であり、力量の見せどころなんだと思いますが、今後私も日本語を聞かれることがあったら、可能な限り現実に即した説明をしたいと思った出来事でした。

ちなみに、「愛してる」と普段から言っている人がいたらすみません。帰宅してからこの話を夫リサにして、「愛してる、なんて滅多に言わないよねぇ。」と言ったら、「え! 言ってるじゃん!」とのことでした。そしてその後彼は10回くらい「愛してる~♪」と鼻歌混じりでつぶやき、愛を安売りしてました。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(その他)