製菓材料店Phoon Huatでタピオカ買って、自宅でパールミルクティー

   

今回はパールミルクティーにはまりすぎ、自分でタピオカ買って茹でて家で飲んでいるという話です。

自宅でパールミルクティー

自宅でパールミルクティー

パールミルクティーにはまった

遅ればせながら、昨年末くらいにパールミルクティーにはまりました。買い物帰りの経路にゴンチャ(Gong cha/貢茶:台湾ティー専門店)がありまして、一時期、週2回くらい買い物帰りに毎度のように買って飲んでいました。

最初にはまったのは台湾ブラックティー+タピオカ。トッピングはタピオカ以外に、ハーバルゼリーとプリンも加えた3Jというミックスにもはまりました。次に好きになったのはアールグレイミルクティー+タピオカ。アールグレイのような香りが強い紅茶も、ミルクが入ると途端にタピオカと相性がよくなります。

その他のKOI Cafe(日本は沖縄に店舗がある模様)、Each a cupなどのお茶屋も好きです。ただ、お茶+タピオカという組み合わせには、どこも味にそう差がないので、たまたまゴンチャにはまっただけです。

値段は3ドル前後ですが、ミルクを加えたりトッピングを増やせば5ドル弱にもなったりします。自分のパートのお小遣いで飲んでいたものの、夫リサから飲みすぎ、無駄遣い、と指摘され、我慢することにしました。

しかし、お店の前を通りがかると、後ろ髪をわしづかみで引っ張られるくらい飲みたい。悩んだ挙句、紅茶だったら自分で煮出して家で飲めばいいじゃん、という、まぁ、ごくまっとうな結論に至りました。

ただ、飲みたいのはミルクティーではないんですよね。飲みたいのは「タピオカ」ミルクティーなんです! つまり、私にとってタピオカがかなり重要なのです。

製菓材料店Phoon HuatのBuona Vista店へのアクセス

そんなわけで、シンガポールの製菓材料店Phoon Huatに初めて行ってきました。私にとってお菓子作りはかなり縁遠い世界でして、このPhoon Huatは名前だけ知っていたものの、足を踏み入れることはないと思っていました。まさかタピオカ買いに行くとはねぇ。

Phoon Huatはシンガポール島内に10店舗以上ありますが、Buona Vista店に行ってきました。ホームページの情報によれば、駅の中にあるとのことで、間違いなく駅から一番近い店舗だと思います。

しかし、Buona Vistaは何度か来ていますが、駅の中、しかも2階に店舗なんてあったっけ?? と疑問に思いまして、結局シンガポール人の女の子にお願いして連れてきてもらいました。

Phoon HuatのBuona Vista店入口

Phoon HuatのBuona Vista店入口

駅構内からはアクセスできないようで、駅の外から2階に上がることになります。駅1階の店舗街の途中に2階上がるエスカレーターがあり、それを昇るとPhoon Huatの入り口がすぐ目の前でした。エスカレーターのさらに奥にはエレベーターもありました。

Phoon Huat初潜入

お菓子作りに興味はないものの、いざお店に入って製菓材料やさまざまな器具に囲まれると、妙にテンションが上がります。店内は広々していて、必要なものはなんでも揃いそうでした。私の場合、作ることじゃなくて出来上がりを想像し、スイーツの妄想で嬉しくなってるだけですが、お菓子作りが好きな人は本当に楽しい場所だろうと感じました。

アメリカっぽいレッドベルベットケーキの素、マジパン人形。

レッドベルベットケーキの素

レッドベルベットケーキの素

マジパン人形

マジパン人形

恐らくアメリカ発祥ですが、アジアでも人気のレインボーケーキの素もありました。

レインボーケーキの素

レインボーケーキの素

ジャムやヌテラも売ってましたが、製菓材料として売っていたのかなと思います。

ジャムやヌテラも売ってました

ジャムやヌテラも売ってました

そしてタピオカを買って茹でた

そして買ったタピオカがこちら。台湾製の半生タイプ、カラメルで色付けしたもので、これしか売ってなかったです。1袋5ドル弱でした。タピオカ用の太めのストローも同じ棚にありました。

Phoon Huatで買える半生タイプのタピオカ

Phoon Huatで買える半生タイプのタピオカ

茹で方は要注意です。私、タピオカに乾燥タイプと半生タイプがあることを知らず、乾燥タイプのレシピを参照してしまいました。。乾燥タイプは水に漬けておくと戻すのが早いとのことで、自分のタピオカが半生という認識がないまま水に漬けたところ、見事に全部溶けてしまいました。戻し方は袋に書いてある通り、30分ぐらぐら茹でて、20分蒸すのが無難です。

茹で上がったものは水でさっと洗い、常温で甘味を付けるため砂糖水かシロップに漬けます。甘味を調整できるのはいいかも。

適度に放置した後、ラップに小分けにして冷凍しました。飲むときは1分ほどチンすると元に戻ります。

茹でて甘味をつけたタピオカを小分けして冷凍

茹でて甘味をつけたタピオカを小分けして冷凍

まとめ

そんなわけで、シンガポールで無事タピオカを手に入れ、いつでも家でパールミルクティーを楽しめるようになりました。ココナツミルクなんかも合いそうです。(ココナツミルクはスーパーで手軽に手に入ります。)

しかし、タピオカをまた買いに行くのも茹でるのも面倒なので、本音ではこのまま飽きればいいなぁ、と思うのでした(笑)。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(おでかけや食事)