シンガポールで急にスタバにはまりそうである

   

先月から急にスタバづいてます。

日本でもほとんど行くことがなかったスタバ。なぜなら、高いから。ドトール、ベローチェ、はたまたマックやコンビニのコーヒーで満足していた私に、スタバという選択は基本無かったのです。

そんな私がシンガポールのスタバに行くようになったきっかけは、こちらの限定マグでした。

シンガポール限定かつ期間限定スタバマグ

シンガポール限定かつ期間限定スタバマグ

先月のクリスマス・シーズンにシンガポール限定、かつ期間限定で売り出されたマグです。いつも通りがかるスタバの店頭に看板に写真が出ていて、一目見て心惹かれました。

スタバのシンガポール進出20周年を記念したもので、シンガポールらしいアイコンたちが、これまたシンガポールらしい赤をベースにほどよくデザインされています。

シンガポール限定かつ期間限定スタバマグ

シンガポール限定かつ期間限定スタバマグ

ただ、こういう大きくて重く、かつ取っ手がないマグは苦手で、買ったところで使わないんじゃないかと結構迷いました。ですので一度帰宅してちゃんと頭冷やして考えた挙句、シンガポール滞在経験の記念になる物を特に持っていないので、買うことにしたのです。

10ドルチャージされたスタバカードが強制的についてくる抱き合わせ販売で、32ドルぐらいでした。

はめられたのでしょうか。この半強制的に初めて手にしたスタバカードが、その後の私のスタバ通いを促すことになったのです。

いや、最初は使い方がよく分かっておらず、放置していました。いつか10ドル分使いきって処分しよう、くらいにしか考えていませんでした。それが、会社の人にスタバカードの活用法を聞いてしまったのです。

スタバ好きに人には常識も常識なんでしょうが、私は全然知らなかったこのスタバカードの使い方。ネットでカードの番号を登録して会員になると、豊富な会員特典が待っているのです。

よくあるらしいのがOne for one。このフレーズはシンガポール生活でお馴染みのフレーズでして、1つ買うともう一つ1つ付いてくる、つまり、1杯の料金で2杯いただけるわけです。

会社の人曰く、12月はかなりの頻度でこのOne for oneがあったそうです。へぇ!と感心して、登録するだけなら無料だからとりあえず登録しました。

そしたらいきなり新規入会特典でOne for oneがついてきました。週末の買い物帰りに夫リサと早速スタバです。1杯無料なので実質半額になりました。

さらに先月末、登録会員情報の変更を行った先着9,500名に、限定スタバカードとOne for oneをあげるというお知らせが流れてきました。たまたまそのお知らせを瞬時に見て、該当の手続きを直ちに行った私は、あっという間に二度目のOne for oneを手に入れました。

そしてリサと二度目の半額スタバ。本当はお店で飲むのではなく、リサに「二人分買って帰ろうか?」と提案したのですが、スタバは場所まで使ってなんぼ、とのリサの主張を受けて、二人で本やらPCを持ち込んで2時間くらいリラックスしました。

私はいつもホットのカフェラテをデカフェでいただきます。リサは甘味無しのエスプレッソフラペチーノを飲んでました。甘くないフラペチーノって強烈です。

カフェラテとフラペチーノ

カフェラテとフラペチーノ

ちなみに、限定スタバカードとは「Happy New Year」とデザインされたものです。いやしい私はお金がチャージされていると淡い期待があったのですが、カードだけでした。世の中にはスタバカードを集めている人がいるそうですが、そういう人にもらってもらった方がよかったかも。

Happy New Yearスタバカード

Happy New Yearスタバカード

そして、話はまだ終わりません。3度目のOne for oneが来ました……!

年末から1か月弱で3度目のOne for oneですよ。ちょっとさすがにもう無理してまで使うことはないんじゃない、とリサに言われていますが、そわそわしてしまう私です。

このような特典や獲得ポイントを確認するために、スマホにアプリも入れてしまいました。完全にスタバのマーケティングに取り込まれている気がします。。。

果たして、いつまでこの気持ちは続くでしょうか。商品の魅力やお店の雰囲気など、本質的な部分で私がどれくらいスタバを評価しているのかが、今後の分かれ目になりそうです。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(その他)