東南アジアのこってりサラダ・ロジャック初体験

   

東南アジアのこってりサラダ・ロジャック初体験

東南アジアのこってりサラダ・ロジャック初体験

以前、TVドラマ「ROJAK」を紹介しました。(→ドラマ「ROJAK」で描かれる?シンガポールのシェア生活

そのタイトルである「ROJAK(ロジャック)」は、マレーシア、シンガポール、インドネシア近辺のサラダで、野菜やフルーツ、豆腐や魚の揚げ物などが入ったもの。どんなんだとは思っていたのですが、先日初めてフードコートで見つけて食べてみました。

驚くのが、そそられない臭いと見た目(笑)。臭いは、とにかく魚の臭いが強いです。また、見た目は茶色くてギトギトの山。予備知識なしにこれが食事の場に登場したら、私はちょっと警戒するかもしれません。

箸ではなく竹串のようなもので具を刺して食べます。トップに載ってるのは練った魚を乾燥させたようなもので、焼いてパリパリなので、これは手でつまんで食べました。

味ですが、具材に絡まってる茶色くギトギトしたソースは、濃厚で甘じょっぱかったです。具があっさりしたものや酸っぱいフルーツだったりするので、バランスが良い組み合わせかもしれません。また、ソースがべとべとな一方、乾燥した魚がパリパリしていて、味も食感も雑多な感じの面白い料理だと思いました。

ただ、サラダなので、これだけだとお腹がふくれません。また、味と臭いで好みがわかれるかなと思います。私は、まぁ、時々食べてみてもいいかと思いましたが、夫リサは臭いがまったくうけつけないとのことで一口しか食べませんでした。

大人数でわいわい食べたら楽しそうですし、東南アジア料理の一つではあるで、未体験の方は一度は挑戦してみてはと思います。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(おでかけや食事)