セントーサ1泊2日:ユニバーサル・スタジオ・シンガポールの感想

   

セントーサ1泊2日:ユニバーサル・スタジオ・シンガポールの感想

セントーサ1泊2日:ユニバーサル・スタジオ・シンガポールの感想

セントーサのユニバーサル・スタジオ・シンガポール(USS)に行ってきました。私は大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に行ったことがないので、アトラクションについては比較ではなくなにがどう面白かったか素直に書いてみようと思います。

まず全体についてですが、狭い狭いとは聞いていたものの、本当に狭かったです。WikiによればUSSの面積は20ヘクタール。一方USJは54ヘクタール、ディズニーランドは81ヘクタールらしいですから、半分以下です。実際、歩いていると園内をあっという間に1周してしまうくらいの広さです。

それじゃつまらない…かというと、立地がいいので気になりません。これ、戦略なんでしょうか。モノレール駅から近いので島内の他の場所へすぐ行けるし、さらに周囲に水族館などその他のアトラクションがあるので、USSに満足したら他に行けばいいのです。あくまでもUSSもセントーサ島のアトラクションの1つだと捉えれば、その狭さや乗り物の少なさは気になりません。

ただ、大人74ドル(=現在5,800円くらい)のチケット代はコスパが悪いと感じますが……。海外旅行で来るなら割り切れる金額でしょうか。

混み具合ですが、ディズニーランドに比べれば天国です。ですが人気のアトラクションはそれなりに待ちます。短いと5分、長いと1時間半でした。6月はシンガポールの学校が長期休みで、そのせいかいつもより混んでいた可能性はありますが…。

なお、USSはシングルライダー(一人乗り)優先が多くありました。入り口に表示がなくても、スタッフの方に聞くと対応してるアトラクションがあるので、一人乗りOKの方は聞いてみてはと思います。

入口入ってすぐの通り。ディズニーと構造は似ているような

入口入ってすぐの通り。ディズニーと構造は似ているような

さて、以下は乗ったアトラクションの感想です。今回も下に行くほど楽しかったもの、という順番で書いてみました。ホームページの英語の説明も一緒に貼っておきます。なお、Madagascarエリアのアトラクションには乗りませんでした。

トレジャーハンターズ(Ancient Egyptエリア)

ジープに乗って探検します。ジープは運転やなにか操作があるわけでもなく、自動運転でただエジプトの廃墟もどきををぐるっとまわるだけ。びっくりするくらいつまらない(笑)。完全に子ども向けで、大人だけで乗ったら拍子抜けすると思います。
Treasure Hunters
Young explorers can drive their own desert jeep through an abandoned Egyptian excavation site.

シュレック4Dアドベンチャー(Far Far Awayエリア)

シュレックの4D映画です。3D映像を見ながら椅子が動いたり、水が飛んで来たり。結構映像に迫力があって楽しめましたが、テーマパークで4D見なくてもいいかな……と思うのでした。
Shrek 4-D Adventure
See, hear and FEEL the action right from your seat as you join Princess Fiona & Shrek in a fairytale adventure.

エンチャンティッド・エアウェイズ(Far Far Awayエリア)

子ども向けの屋外ジェットコースターです。降りた子どもがギャン泣きしていたのですが、乗ってみたら意外と怖かった(笑)。しかしえらく短いので、中途半端なスリルと満足感の乗り物でした。
Enchanted Airways
Climb aboard this junior roller coaster for a flight over Far Far Away.

ドンキー・ライブ(Far Far Awayエリア)

シュレックのキャラクター、ドンキーと話ができるアトラクションです。ディズニーシーのタートル・トークと同じで、スクリーンに映ったドンキーは観客とリアルタイムで話しながらそれに合わせた動きをします。おしゃべり相手は観客から2名選ばれるのですが、2名とも子どもでした。
私はタートル・トークがすごく好きなので、楽しめました。ただ、一度見ればいいかな。会話の後はなんちゃってライブで、踊らされます。これが私には余計でした。
ちなみに英語です。でも、司会のお姉さんもドンキーも聞き取りやすい英語です。子ども向けのせいか言葉も平易な気がします。
Donkey LIVE
Sing along with Shrek’s sidekick Donkey as he hosts this interactive ‘live’ show.

ライツ、カメラ、アクション!byスティーブン・スピルバーグ(New Yorkエリア)

映画の特殊撮影の説明と、実際にセットを再現したものを見られます。スピルバーグ監督の説明映像を見た後、船の倉庫のセットに移動し、嵐が起きて荒れていく模様を見ることができます。迫力があったし、映画の撮影現場の舞台裏を生で見られるというコンセプトは面白いのですが、これが実際映像になったらどう編集されるのかまでが見たかったです。
Lights, Camera, Action! Hosted by Steven Spielberg
Be blown away as an empty sound stage becomes the setting for a major hurricane about to hit New York City - right before your very eyes.

ジュラシックパーク・ラピッド・アドベンチャー(The Lost Worldエリア)

ジュラシックパークの世界をボートで探検するアトラクションです。9人が内側に向かい合わせに乗る丸いボートで、水流でくるくる回りながら流されます。最後はどしゃんと落ちてずぶ濡れ、というのが面白さなんでしょうが、期待値が高すぎたせいかそれほど面白くありませんでした。そんなにスリリングでもなかったような。
ちなみに私は雨合羽を持参しましたが、濡れて不快なのは上半身ではなく、下半身及び足であることに気づきました。ボートの底は最初から水浸しで、下手するとボートに乗ったときから足はずぶずぶになります。裸足+サンダルがベストです。あと、カバンもご注意ください…。
Jurassic Park Rapids Adventure
Enjoy a thrilling river raft ride through primeval dinosaur habitats where you will get wet and possibly soaked.

乾燥機!

乾燥機!

リベンジ・オブ・マミー(Ancient Egyptエリア)

映画ハムナプトラを題材にした屋内ジェットコースターです。手荷物の持ち込みが一切禁止で、入場前にコインロッカーに預けます。(20分だったかな?…まで無料。)ライド名通りミイラの復讐がテーマなのか、全体的に薄暗く不気味な雰囲気で、演出がお化け屋敷のような怖さです。横でミイラの人形が突如起き上がるのを見てライドが走り出す前に既に涙目(笑)。
そして走り出したらすごい疾走感です。暗闇の中で次の動きを読めないのもスリル満点。ディズニーのスペースマウンテンのような楽しさでした。私は高所恐怖症で高い乗り物がダメなので、これは高さを感じずにジェットコースターのスピードを楽しめて満足でした。
なお、回転が速いせいか、人気の割に待ち時間が短い気がします。
Revenge of the Mummy
Plunge into total darkness on this indoor roller coaster as you come face to face with warrior mummies and scarab beetles.

外装も立派です

外装も立派です

トランスフォーマー(Sci-Fi Cityエリア)

USSで一番人気のアトラクションと思われます。私たちは1時間半待たされました…。3D映像に合わせて動くライドです。日本のUSJではスパイダーマンと同じ仕組みのものらしいです。
私は映像に合わせて動く乗り物はディズニーのスターツアーズ止まりだったので、ここまでライドが動き回り、かつ映像のスクリーンも大きいものは初体験でした。久しぶりに新しい乗り物に乗れて、新鮮な驚きを味わえました。
正直、トランスフォーマー自体は興味がなくて、やたらギラギラしたCGのロボットがガチャガチャ目の前で、しかもかなりの迫力で動き回るのを見るのは疲れるのですが、それ以上に映像やライドの動きに興奮しっぱなしでした。人気なのもわかります。USJのスパイダーマンも乗ってみたいです!
TRANSFORMERS The Ride: The Ultimate 3D Battle
Join OPTIMUS PRIME and the AUTOBOTS as you become a freedom fighter in the ultimate 3D battle against the forces of evil.

一番混んでるトランスフォーマー

一番混んでるトランスフォーマー

長ぐつをはいたネコの冒険(Far Far Awayエリア)

ライド名は勝手に翻訳しました。どうやらUSJにはなく、かつUSSでも最新の乗り物のようです。レールぶら下がり型の船の形をしたライドに乗って、長ぐつをはいたネコの世界をめぐります。こちら、それほど期待しないで乗ったのですが、私の中ではNo.1になりました。
ライドは屋外に設置されたレールに沿って登ったり下りたりします。レール沿いには長ぐつをはいたネコの世界の人形が設置されているのですが、はっきり言ってこの人形たちはとてもしょぼい。ろくに動かないし。それでも題材がいいのか、猫たちがとてもかわいいです。最後の猫まみれのシーンは特に萌えました。
そして何よりも気に入ったのが、微妙にスリリングなライドの動き。怖くない乗り物と見せかけて、突然スピードを上げて上下したりするその意外性にやられました。
子ども向けのジェットコースターと言ってもいいかも。楽しいのでお勧めです。
Puss In Boots’ Giant Journey
Hop onto the world’s first Puss In Boots’ Giant Journey suspended coaster and join Puss and Kitty on this anti-gravity, swashbuckling adventure.

猫萌えのライド

猫萌えのライド

…というわけで、ユニバーサルスタジオ・シンガポール編でした。普通のテーマパークで、それ以上それ以下でもない印象ですが、短い時間で楽しめるので旅行のオプションとしてはいいのでは思います。

次回は最後、1泊2日で食べた物について書きたいと思います。しょぼくてがっくりされそうな内容ですが…。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(おでかけや食事)