バングラディッシュのヨーグルトドリンク「ボルハニ」を作りました

   

ボルハニの素

ボルハニの素

昨年シンガポールに来たばかりのころ、バングラディッシュのご家庭に「ハリラヤ・ハジ(犠牲祭)」の食事に招待いただきました。食事はどれも美味しかったのですが、特に印象に残ったのは「ボルハニ」というバングラディッシュのヨーグルトドリンクです。ヨーグルトに各種スパイスを入れたもので、一瞬慣れない味に驚くのですが、夫リサと私はおかわりをいただくくらい好きになりました。最近そのボルハニの素なるものをいただいたので、作ってみました。

茶色のざらっとしたパウダーで、原料はパクチ(コリアンダー)、クミン、黒胡椒、ホワイトマスタード、岩塩、塩化ナトリウム、砂糖です。一方、作る際に必要な材料はヨーグルト、ミントペースト、パクチ(コリアンダー)ペースト、グリーンチリペースト、トマトソース、砂糖、水。

色んな使わない材料は揃えられない…とぼやいていたら、パクチ(コリアンダー)とミントだけでOKとのアドバイスがありました。パクチはスーパーにいつも売ってます。ミントは…見たことないのでフェアプライス(生協)の一番大型店舗に行ったら、ハーブコーナーがあって買うことができました。(1パック3ドルくらい)

パクチとミント

パクチとミント

フードプロセッサーやミキサーがないため、洗ってちぎった葉っぱを包丁でみじん切り。キッチンペーパーで軽く水分を取りました。大きめの容器にこのハーブとボルハニの素を入れ、さらにヨーグルトと水を追加。適度な粘度のヨーグルトドリンクになったら、味をみながら砂糖を加えて仕上げます。

パクチとミントのみじん切り

パクチとミントのみじん切り

ヨーグルト、水、砂糖を追加

ヨーグルト、水、砂糖を追加

そして出来上がったボルハニ。味は、ちゃんとボルハニでした!クセがあるけど、クセがあるからクセになるこの不思議なスパイシーヨーグルトドリンク、美味しいのですが、これだけで飲むのは少し辛いです。実際、カレー味のお肉とか、ビリヤニ(インドの炊き込みご飯)のような油っぽい食事と一緒に飲むものらしいです。スパイスとヨーグルトが消化を助けるそうです。

完成したボルハニ

完成したボルハニ

リサは辛くて飲めないと一口で断念。ただ、翌朝「プラタ焼いて!」というので、冷凍のロティプラタ(インドのパンケーキ)を焼いたところ、ボルハニにプラタをつけて食べ始めました。美味しい!と叫んでいるので私も真似。インドカレーに付けるかのようにして食べたのですが、確かにおいしかったです。スパイス自体がカレーに入ってる物と同じか似たものなんだと思うので、その風味がプラタと合うし、プラタの油っぽさとヨーグルトの爽やかさがまたいいコンビなのかと思います。

プラタとボルハニ

プラタとボルハニ

プラタもボルハニも完食です。ボルハニの素は残ってるので、今度ホーカー(屋台)でビリヤニ買って来たらまた飲みたくなりそうです。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(おでかけや食事)