ドラゴンフルーツ、ロンガン(龍眼)、マンゴスチンを食べました。

   

南国フルーツ・シリーズ。ドラゴンフルーツ、ロンガン(龍眼)、マンゴスチンを食べました。

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツ

目が覚めるようなピンク色の皮と、白い果実のコントラストがお洒落なドラゴンフルーツ。シンガポールに来たばかりの9月にカットフルーツで食べたのですが、味が淡白であまり美味しいとは思いませんでした。

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツ

ところが4月くらいにスーパーで山盛りで売られるようになり、安いと1つ70セント程度だったので買って食べてみたところ、上品な甘みと酸味、爽やかな食感にすっかりはまりました。みずみずしくてのどの渇きもいやせます。あの美味しさは、きっと旬だったんでしょうね。まだ時々店頭で見かけますが、恐らくシーズンは終わりに近いのでまた次のシーズンを楽しみにしたいと思います。

ロンガン

ロンガン

ロンガン(龍眼)は金柑くらいの小さな実で、大きいパックに大量に詰められて売られています。あまりに量が多いので買うのをためらっていたのですが、一度は食べてみようと思い切って挑戦しました。

ロンガン

ロンガン

皮は指で少し割って剥くのですが、小さくて結構大変。さらに食べてみると種が大きくて実が小さいです。一回で5~6個は食べるので、大量パックで売られているんだろうと思いました。味や食感はライチそっくりです。ただ、ライチと違って甘いだけのように感じました。とにかく皮むきが面倒だったので私はちょっと苦手です。

マンゴスチン

マンゴスチン

そして、マンゴスチン!夫リサがずーっと食べてみたい、買ってきて、と言い続けていたのですが、あまり見かけませんでした。たまにスーパーで見かけても、ネットに大量に入っており、量にひるんで買えなかったのです。それがとうとう先日、リサが自分で買ってきちゃったのです。八百屋?で一山3ドルで売っていたものを、4ドル出したら二山くれたそうです。突如やってきた大量のマンゴスチン…。とりあえずせっせと洗って冷蔵庫にしまいました。

ネットで食べ方を調べたところ、上下から押しつぶせば皮は剥けるとのこと。試しにやってみたところ、きれいに縦にヒビが入り、そこから白い果肉が見えました。さらにヒビに指を入れるとキレイに皮が剥けます。そして中から出てきたのはニンニクの実のような形のマンゴスチンちゃん。

マンゴスチン

マンゴスチン

果肉は繊維質なものの水分を含んで柔らかく、つかめないので、取り出さずにかぶりつきます。するとじゅわっと果汁が口に染み出し、甘味と適度な酸味が広がります。うーん。なんと表現すべきか、とにかく美味しいです!…リサはかなりはまったようで、買ってきた日に6個食べ、翌日夕食後に3個食べてました。この調子だと二山のマンゴスチンの消費は余裕です。

シンガポールで食べられる南国フルーツシリーズ。まだ滞在歴一年未満につき、未体験のものがあるか把握していませんが、気になるフルーツ発見時の折は、またブログにてご報告したく思います。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(おでかけや食事)