データ出力が高い&面倒です

   

コダックの出力料金表

コダックの出力料金表

シンガポールでのデータ出力に困ってます。

日本にいたときはモノクロレーザープリンタを長らく愛用してました。邪魔だ、と夫に片づけられちゃった後はコンビニの出力サービスを活用していました。PCなりスマホなりで送ったデータを、いつでも近所のコンビニで出力できるのは今にして思えば本当に便利でした。

なので、シンガポールに来た当初、プリンタ購入を真剣に考えていました。ただ、頻度や使用期間を考えると、新品はもったいなかったり処分が面倒。ネットの掲示板で日本人同士が中古品の売買をしているのもチェックしましたが、インクジェットばかりでモノクロレーザー(しかもスキャナ付き)は見かけません。結局買わず仕舞いでした。

それが、やっぱり使わないかも…と半年を過ぎた今、急に英語の勉強や関連した調べ物で印刷したいものがあれこれ出てきたのです。ネットだとじっくり読めないので印刷して書き込みながら読みたいとか、データでもらった資料を紙でみたいとか…。

とりあえずデータをPDFにしてUSBに保存し、向かったのはコダックのお店。日本と似たような写真出力のお店で、モールなどに入っています。何のあてもなく行ったのですが、予想が当たってUSBからのデータ出力サービスがありました。モノクロの出力は最初の1枚が1ドル、2枚目~20枚目までは1枚40セントで、出力枚数が増えると単価が下がります。USBを渡すとお店の人が操作して印刷してくれます。10枚で4.6ドル。…高いかと…。

この話を夫にしたら、近所のHDB(公団)のインド人経営のネットカフェに連れて行ってくれました。ネットカフェと言っても、狭いスペースがぎゅうぎゅうにパーティションで区切られ、PCでネットができるだけのお店です。入口に店員が座っていて、出力はUSBを渡せばその場で対応してくれました。こちらはモノクロ1枚30セント。コダックより安い!

このお店に行った後、もう一店このHDBに出力サービスがありそうなお店を思い出しました。何屋さんか不明なのですが、店先に大きな複合機を置いているのです。今日思い切って入って聞いてみたところ、やはり出力サービスがありました。表に値段が書いてなかったのですが、1枚50セントとのこと。おぉ、一番高い…と思いつつ、他をまわる時間も気力もなかったのでお願いしました。

そんなわけで、うちの近所ではHDBのインド系ネットカフェで出力するのが一番安いです。モノクロ1枚30セントが相場かはわかりませんが、出力のために遠出するつもりもないので今後もここを使うと思います。それでも安くはないし、徒歩10分かけてわざわざ行くのは面倒です。今後出力する機会がもっと増えたら、またプリンタ欲しくなってしまいそうです。

※ちなみに年賀状印刷をお願いした日系出力サービスのアクセアさんは、10セントとのこと(HP情報)。しかしいかんせん、中心部はうちからは遠くて気軽に行ないのでした…。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(生活)