私のお口のリフレッシュメント~PRO fresh、FISHERMAN'S FRIEND、Lakerol~

   

私のお口のリフレッシュメント~PRO fresh、FISHERMAN'S FRIEND、Lakerol~

私のお口のリフレッシュメント~PRO fresh、FISHERMAN'S FRIEND、Lakerol~

今日は私のお口のリフレッシュメントたちをご紹介。上から時計回りにPROfresh、FISHERMAN'S FRIEND、Lakerolです。

PROfreshとFISHERMAN'S FRIENDは恐らくイギリスの同じ会社のブランドです。どちらもタブレットで、味もミントに何かしらのフレーバーが付いたもので似ています。違いと言えばPROfreshは丸っこい球体で、FISHERMAN'Sは薄めの小判型、さらにFISHERMAN'Sは味の種類が多いというくらいでしょうか。

PROfreshは、昔夫リサがシンガポール出張のお土産で買ってきたので知りました。森永のラムネのような大きさでありながら結構硬いので、ガジガジ噛めるのが気に入っています。FISHERMAN'Sはチャンギ空港で出発前に買って初めて食べました。ミントよりフレーバーが強い印象で、飴のような感じで楽しめます。中身も袋も薄いので、持ち歩きしやすいです。もちろん暑くても溶けないですしね。

そしてLakerol(ラケロール)。実はこれが今一番はまってる、私のお口の恋人です。一言で言うとすごく硬くて小さいグミです。日本語で検索するとスウェーデン菓子として情報が出てくるのですが、今はCloettaというイタリアの会社が製造しているようです。(詳しくはこちら→The history of Lakerol

最初は飴かと思うくらい硬いです。口の中で溶かしているうちに多少柔らかくなりますが、普通のグミのように口の中でちぎれたりはしません。なので多少噛みしめを楽しみつつも飴のように口の中で少しずつ溶かして食べています。

ラケロールのストロベリー味

ラケロールのストロベリー味

何が気に入ったかというと、もともとハードグミが好きなので、この噛みながら舐められる感覚が嬉しいです。加えてミント菓子なので甘すぎないし、それでいて豊富なフレーバーがどれも美味しいのです。初めて食べたのがグアバ味、続いてピーチティーやグレープ、ストロベリー味を食べたのですが、今までのところハズレ無し。他の味も試したいし、同じ味もリピートしたい…しばらくやめられなそうです。

これは有名な話ですが、シンガポールはガムが禁止されています。販売はもちろん、持ち込みも厳禁です(旅行者の方々お気を付けください)。もともとそんなにガムをたくさん食べていたわけではありませんが、これらのミントやラケロールは私の口さみしさを癒してくれる大切な存在になっています。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(おでかけや食事)