やっぱりフルーツ天国!フルーツ自慢

   

メロン

メロン

日本ではそれほどフルーツは食べなかったのですが、シンガポールに来てからはフルーツを欠かさなくなりました。口に合うもの、合わないもの、食べたことがないもの、いろいろですが、とにかく安いです。日本産を除けば(笑)。

先日安さにびっくりしたのはパイナップルとメロン。パイナップルは一個90セント、2個で1.5ドル(120円くらい)です。パイナップルは昨年ハワイに行った後しばらくはまっていて、家でカットしたものを会社の間食にしてました。ただ、オレンジやリンゴに比べて高めなので、ちょっとした贅沢だったのです。それがシンガポールじゃこの値段ですもの。ものによってはオレンジやリンゴより安いです。

パイナップル

パイナップル

メロンはオーストラリア産を2.5ドル(200円くらい)で買いました。値段からして味がしない、甘くない…と勝手な想像をしていましたが、しっかりメロン味だし、ちゃんと甘い!日本みたいなとろっとろの柔らかくて糖度が高いメロンではありませんでしたが、値段を考えたら非常にコストパフォーマンスが高いメロンでした。そもそも日本でメロン買ったことないかも…高いから…。

また、初めて食べたのがジャンブ・アイル。英語ではワックス・アップルと呼ぶそうです。私はスーパーでタイ産を5つ2.5ドル(200円くらい)で買いましたが、マレーシアやインドネシアでもメジャーなフルーツのようです。これ、私は見たこともなかったのですが、日本に売ってますかね?

ジャンブアイル

ジャンブアイル

遠目から見たら形も大きさも赤ピーマンにしか見えません。持ってみると中身が詰まっていてピーマンじゃないことはわかるのですが、店頭で見たとき野菜なのかフルーツなのかもわかりませんでした。よほど高いものじゃなければ珍しいものを試すのは夫リサも好きなので、買って食べてみました。皮はむかないそうなので、洗ってそのままガブリ。中はほんのり緑がさした白色。水分が多いサクサクした食感。味は全体的に薄いのですが、甘味、酸味、ほんの少しの苦みを含んだ青リンゴのようなさわやかな味でした。私は可もなく不可もなくという感想でしたが、リサは美味しかったみたいで立て続けに2つほおばっていました。ネットでも日本人の好みは分かれているみたいで、好きな人、嫌いな人それぞれみたいです。

シンガポールに移住してからまだ半年。未体験の残り半年の生活でまた新たなフルーツのと出会いがありそうです。またブログのネタにしてしまいそうです。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(おでかけや食事)