マックでカスタムバーガーを食べました(Create Your Taste)

   


今日、マックでカスタムバーガーを食べました。買い物で出かけた先のマックにたまたまあったサービスで、日本にはないので試してみました。

店内には冒頭写真のようなパネルが何台か設置されており、この機械で通常の注文に加えてカスタムバーガーをオーダーすることが可能です。クレジットカードかネッツ(デビッドカード)があれば、店員を介さず支払いまでできます。

カスタムは「パン」→「肉」→「野菜」→「チーズ」→「ソース」→「オプション」を順番に選択していくだけ。

パンは2種類ですが、パンの代わりにレタスも選べます。ローカーボ志向の方たちも安心です。お肉はビーフしかありませんでした。シンガポールなんだからチキンとフィッシュの選択があってもいいのになぁ。野菜はいろいろ。葉っぱ、オニオン、トマト、ピクルスなど。全部入れたら結構なボリュームになりそうです。チーズは4種類。個人的にはチェダーが欲しかったなぁ!ソースは8種類も。あんまり考えずマスタードにしてしまいましたが、アリオリソースもあったみたい。ニンニク好きなので次回はアリオリにしたいです。最後は追加料金がかかる追加トッピング。ベーコン、ワカモーレ、マッシュルームにトルティーヤ、焼きパイナップルまであります。このオプションとソースあたりで個性が出せそうです。

これでバーガーのカスタムは完了。飲み物やポテトをつけるかなどを選択し、横に置いてある呼び出し装置を一つとって、その番号を入力して支払いをしたらあとは待つだけです。

そして呼び出し装置が鳴るかと思いきや、私は店員さんが持ってきてれるというマックらしからぬサービスを受けました。でてきたのがこちらです。


おお、グルメバーガー風のサーブ!マックとは思えません。

柔らかいセモリナのパン、レタス&ピクルス&トマト、スイスチーズ、マスタードソース、ワカモーレの有料トッピング追加のマイ・バーガーです。コーラのSとくるくるポテトをつけて12ドル5セント=1,000円弱です。大きさはシンガポールらしく?全体的に小ぶりなのですが、肉パティがクォーターパウンダーとあって、食べたら結構なボリュームでした。

安くはないですが、なかなか楽しかったので、また試したいと思いました。アメリカやオーストラリア、ニュージーランドにもあるようですね。日本のマックはなかなか苦しそうですが、私は嫌いじゃないので頑張ってほしいです。

ちなみにシンガポールはマックカフェも魅力的。1ドルのチョコかけソフトが美味しかった…。このチョコのかけ方、デイリークイーンを思い出します…。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(おでかけや食事)