ブギスのおしゃれ雑貨「NOW & THEN」とパイナップルタルト「L.E. Cafe」

   


今日はブギスに行ってきました。「L.E. Cafe」のパイナップルタルトが目的だったのですが、ついでに気になっていたオリジナルギフトの会社「NOW & THEN」にも行ってきました。

ネットでたまたまみつけた「NOW & THEN」。プラナカン、HDB、スーパーツリーなど、古い物から新しい物まで、シンガポールらしいアイコンをデザインした雑貨を制作している会社のようです。布製バッグやマグカップ、マグネットやスカーフなどいろいろなグッズがあるのですが、プラナカンデザインのテープだけ妙に心惹かれていました。

住所を頼りに行ったところ、The Bencoolenというショップが入ったコンドミニアムの2階のようです。ビルに入ってもすぐに上にあがる階段が見つけられず、フロアマップを見たら外に専用の入り口があるとのこと。そしてたどり着いたのがこの扉。



…ここ?てっきりお店を想像していたので、本当にここなのか自信がなく、かつ扉を開ける勇気がわきません…。ただ、「Celcem Pte Ltd」という社名は一致していたので、扉を開けて階段を昇るとそこはショールーム兼オフィスのような場所でした。


おお、あったあった。ネットで見たグッズの数々。奥からスタッフの女性が現れて次々といろんな商品の説明をしてくれました。聞いているうちにテープの他にバッグも欲しくなりましたが、また買いに来る機会もあると思うのでテープだけにしました。ちなみに高島屋とかチャンギとか、あちこちで売っているそうです。オフィスまで押し掛けた私って…。

続いて「L.E. Cafe」へ。創業50年以上になる老舗のお菓子屋さんです。ここのパイナップルタルトが地球の歩き方で紹介されており、ネットの口コミでも日本人の間で評判のよう。義両親へのお土産に…を言い訳に(笑)私も一度食べてみたく買いに行きました。リトルインディア周辺に3店舗あるのですが、どこも駅から遠いです。なので先ほどのThe Bencoolenから一番近いMiddle Roadの本店に行ってきました。


暑くてぜーぜーしましたが、なんとかたどり着きました。大通りに面しており、店構えも派手なので見つけやすいです。カウンターはシンプルで、奥は工房の模様。お菓子屋さんなのでケーキやクッキーいろいろありましたが、今回はパイナップルタルトだけにしました。ジャー入り(9.8ドル)と、入ってないもの(9.3ドル)をそれぞれ1つずつ。どちらも10個入りを買いました。丁寧にそれぞれ手提げ袋に入れてくれました。


帰宅してから早速一つ食べてみました。おいしかったです。これは日本人の口に合う味です。外側のパイはとても薄くて、パイナップル餡が主役のタルトなのですが、このパイナップルがなかなか酸味が強くて食べやすい。甘味が前面に来るとその他の良さが感じられなくなるのですが、これならパイナップル餡を堪能し、かつ外の繊細な薄皮の歯触りや味わいも楽しめます。加えて見た目のかわいさや、手軽な大きさが人気なのかなと思いました。次回の一時帰国には私の家族にも買って帰りたいです。その他人気の豆乳タルトやムーンパイも別の機会に試したいです。

NOW & THEN
http://nowandthen.sg/

L.E. Cafe
http://www.lecafe.com.sg/

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(おでかけや食事)