日本からのSAL便が届きました

   


日本からのSAL便が届きました。小型とはいえ小包なので部屋まで届くかと思いきや、郵便受けに入れてありました。留守にしてることがあるので助かりますけど。

このSAL便、中身は婦人体温計です。日本一時帰国の少し前に壊れてしまい、帰国直前にネットからオムロンのサポートに連絡。東京に着いたその日に修理センターに送りました。さすがに日本滞在中の1週間程度では戻ってこなかったので、母に転送を頼んでいきました。送付方法は最安の2kg以下の小型小包のSAL便にしました。CN22を郵便局でもらい、封筒のあて名も書いて置いて行きました。

体温計は私の出国後2日程度で届いたようで、母が梱包して郵便局へ。宛名に不備はなかったようで難なく出せたようでした。その後、郵便局のサイトに書かれてた公式日数?の2週間程度でこちらに到着。料金も240円とか、日本国内の定形外郵便と変わらない値段…悪くないです。

ただ、小型のSAL便には難点もあります。追跡番号がつかないので、届かない場合もトラッキングのしようがないのです。今回はほぼ公式日数で届きましたが、正直届かないんじゃないかやきもきしました。届かなかったらもう手の打ちようがありません。シンガポールの郵便事情は評判が良くありません。会社の人は「感覚的には8割しか届かない」とまで言ってました。届かなかったものがどこに行くのかは謎です…。

なので、本当に大事なものはEMSで送るのがいいそうです。ただ、EMSの料金はびっくり価格なので、よほど困らないと何か頼むことはないだろうと思っています。母はいろいろ送ってあげると張り切っていたのですが、シンガポールはお金さえ出せば日本のものが手に入りやすいので、送料を考えるとこちらで買うより高つきそうなのでした…。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(生活)