教会の礼拝を見学してきました

教会の礼拝を見学してきました

日曜日の昨日、夫リサの同僚の方に誘われて教会の礼拝を見学してきました。私たち夫婦は限りなく無宗教なのですが、断りづらかったので一度見学だけという気持ちで行ってきました。結果、私たちの信条(限りなく無宗教)に変化はありませんが、シンガポールに来てから一番のカルチャーショック体験をしました。

特定がないようあまり細かい描写は避けますが、まず、教会の建物のモダンさに驚きました。ショッピングセンターのようなお洒落なビルです。まだ新しいそうで、中もぴかぴか。中にはさまざまな部屋があるようですが、メインは大ホール。1,000人以上は入ると思われるコンサートホールのような設備がどどん、とあるのです。私が見た限りでは十字架や祭壇はなく、本当に普通のホールです。

ここで礼拝が行われました。礼拝は、牧師さんがバックバンドとコーラス群を従え、エレキギターを弾きながらポップソングのような讃美歌?を歌って始まったようでした。ステージはコンサートと変わらないようなライトアップで演出され、プロ仕様のTVカメラで捉えられたステージの模様は左右の巨大スクリーンと室外のモニターに映し出されています。会場では参列者が総立ちで一緒に歌い、手を上げたり祈ったりしていました。

続く牧師さんはスピーチをしながらのステージでしたが、やはり歌がお上手で、朗々と歌いながらお説教。歌がうまくないと牧師さんになれないのでは、と思うくらいでした。

最後の牧師さんはほぼお説教でした。あいにく英語も聖書もわからず、ほとんど内容を把握できなかったのですが、皆さん一生懸命メモをとったり、スマホで聖書を見ながら聞いたりと、聞き入っておりました。締めは再びバンドとコーラスが登場。途中、寄付やお祈りみたいなものもありましたが、終始音楽が流れる礼拝でした。

私はクリスチャンではありませんが、旅行やイベントでヨーロッパや日本の教会を見たことはあります。カナダでは教会式の結婚式に参列したこともあります。なので自分なりの教会のイメージを持っていたのですが、どれにも当てはまらない教会と礼拝のスタイルでした。恐らくシンガポール独自のスタイルではなく、アメリカから来たスタイルではないかと思っています。いずれにしても衝撃体験で、見学させてもらったことはありがたいと思っています。

ちなみに、礼拝の後、初めて来た人向けの場所に連れて行かれ、パンフレットをもらったり、登録の案内などいただきましたが、やんわりお断りしました。

日本からのSAL便が届きました

日本からのSAL便が届きました


日本からのSAL便が届きました。小型とはいえ小包なので部屋まで届くかと思いきや、郵便受けに入れてありました。留守にしてることがあるので助かりますけど。

このSAL便、中身は婦人体温計です。日本一時帰国の少し前に壊れてしまい、帰国直前にネットからオムロンのサポートに連絡。東京に着いたその日に修理センターに送りました。さすがに日本滞在中の1週間程度では戻ってこなかったので、母に転送を頼んでいきました。送付方法は最安の2kg以下の小型小包のSAL便にしました。CN22を郵便局でもらい、封筒のあて名も書いて置いて行きました。

体温計は私の出国後2日程度で届いたようで、母が梱包して郵便局へ。宛名に不備はなかったようで難なく出せたようでした。その後、郵便局のサイトに書かれてた公式日数?の2週間程度でこちらに到着。料金も240円とか、日本国内の定形外郵便と変わらない値段…悪くないです。

ただ、小型のSAL便には難点もあります。追跡番号がつかないので、届かない場合もトラッキングのしようがないのです。今回はほぼ公式日数で届きましたが、正直届かないんじゃないかやきもきしました。届かなかったらもう手の打ちようがありません。シンガポールの郵便事情は評判が良くありません。会社の人は「感覚的には8割しか届かない」とまで言ってました。届かなかったものがどこに行くのかは謎です…。

なので、本当に大事なものはEMSで送るのがいいそうです。ただ、EMSの料金はびっくり価格なので、よほど困らないと何か頼むことはないだろうと思っています。母はいろいろ送ってあげると張り切っていたのですが、シンガポールはお金さえ出せば日本のものが手に入りやすいので、送料を考えるとこちらで買うより高つきそうなのでした…。

二日連続ホーカー(屋台)ランチ

二日連続ホーカー(屋台)ランチ


昨日、今日とホーカーでお昼を食べました。

昨日はテッカセンター初体験。リトルインディアのショッピングセンターで、建物丸ごと「インド」だそうで。ランチでホーカーだけ足を踏み入れたのですが、お店もお客さんもインドでした。他の形容詞が思いつかない(笑)。

普通のカレーやビリヤニ(炊き込みご飯)も気になりますが、こっちで日本人女性がよくおいしいと言ってるのがロティプラタ。ナンをもっと柔らかくもちもち、しっとりさせたようなパンで、カレーと食べるだけでなく、砂糖、チーズ、バナナなどが入っててお菓子のようなものもあるそうです。私はこのロティプラタ屋さんで、お肉や野菜、チーズを巻いたものを注文しました。6ドル。

出てきたものは細かく切ってあって食べやすかったです。そしてカレーも添えられてました。一番小さい物を注文したのですがそれでも一人分としては多くて食べきれませんでした。でもロティプラタの生地は確かにおいしかったです。お菓子バージョンも近いうちに食べたいです。

そして今日はマレーシア料理。定番のラクサとポピアです。ラクサが…本当においしかった!辛みとココナツミルクのマイルドさが絶妙。辛みが足りなければお椀の端についたラクサペーストを混ぜれば自分の好みの辛さにもできます。小さなお椀一杯で3ドル。


ちなみにお箸がなかったのですが、本場ではこの蓮華だけで食べるそうです。麺が短いのですくえるにはすくえますが、やはり箸が欲しいところ。…と思っていたら、ポピアに箸がついてきてお箸でいただくことができました。ポピアは甘めの生地で野菜をたっぷり巻いたおかず。ラクサのおともにぴったりでした。


毎日食べたら飽きそうですが、たまにおいしいホーカーに出会うと、いい国だなぁと思うのでした(笑)。

日本ブランド、日本語マジック!

日本ブランド、日本語マジック!


海外旅行に行くと、たまに怪しげな日本語を見かけて話題にすることがありますが、シンガポールに住み始めてからそれが日常になりました。

当地では日本製品はいい評価をいただいていると思っています。日本人だからひいき目に見てる部分もありますが、明治屋やダイソーには日本人以外のお客さんもいるし、自分自身生活をしていて電化製品、日用品、食品など、日本のものがいいなぁと思います。シンガポールは海外でもかなり日本製品が手に入りやすい国ですが、それはマーケットがあるからだし、私自身も高くてもいい物なのでつい買ってしまうわけです。

なので「日本ブランド」が存在すると思っているのですが、そのせいで怪しげな日本語をあちこちで見かけるのだと感じています。日本製じゃないものに日本語表記することで「日本のモノ」っぽく、「日本ブランド」に仕立てているのかと。(もちろん、日本メーカーものだって海外産だらけですが、日本の会社が品質管理した商品と、そうでない商品は異なると思っています。ようは日本の会社が日本のうるさい顧客にもまれて世に出してる物たちが「日本のモノ」という定義です。)

日本人が理解できない日本語は、日本人を相手にしているとは思えません。でも、ここで生活を続けているうちに、私自身も「日本語マジック」にかかってしまいそうでして、この頃、怪しい日本語の物につい安心感を感じてしまうのが恐ろしいです(笑)。

※写真は「野菜パソケーキ」。「ソ」と「ン」の間違いはよく見かけます。さらに続く文章が謎でして、最後の3行がまったくわかりません…。「暇で良いゼロ口」って…むしろ原文が読みたい…。

スーパーの小ネタ・2

スーパーの小ネタ・2

今日は朝に買い物に行ったところ、ウェットマーケット(市場)が一番混む時間だったのか、えらい人ごみにまみれて大変でした。日曜日だからでしょうか?…シンガポール人は料理をしない、とよく聞きますが、ウェットマーケットやスーパーの人ごみを見てると、絶対料理してると思います。野菜と調味料はやたら種類豊富だし…。

さて、せっかくなのでウェットマーケットでも買い物しようかと思ったのですが、目的の長ネギがなかったので諦めました。日本と同じ長ネギがスーパーに売ってますが、もしかすると定番野菜ではないのかもしれません。


本日の衝動買いはスターフルーツ。日本だとなかなか食べる機会がありませんが、さすが南国。スーパーに普通に並んでおります。見た目のかわいさはさることながら、甘酸っぱい味とさくっとした食感が結構好きなんですよね。


ただ、帰ってすぐ食べてみたらまだ酸っぱすぎました。。熟すにつれて緑~黄色~オレンジと色が変わるそうですが、もうちょっとオレンジまで待った方がよさそうです。

日本と同じ食材が手に入らず、いまだストレスの日々ですが、こちらだからこそ食べられる好きなものを早く見つけたいです。

結婚記念日ディナーでチリクラブ初体験

結婚記念日ディナーでチリクラブ初体験


結婚記念日が近づいてまいりました。何する?どこ行く?と騒いだのですが、平日に休みは取りたくないとのことで、週末の夜に食事に行くことになりました。

私は食べたい物の強い希望はなく、とにかく静かで落ち着いた、雰囲気のある場所で食事がしたいと思っていました。というのも、シンガポールってどこに行っても賑やかな(うるさい)んですよね…。郷に入れば郷に従え、ですが、記念日ばかりは静かに過ごしたいという希望がありまして。

食事はリサの発案でチリクラブになりました。チリクラブはシンガポール&マレーシアの名物料理の一つで、チリソースで炒められた茹でガニ料理です(正しい説明なのか?)。リサが好きなのに加え、私は未体験なのでちょうどいいかなと。名物料理とだけあって有名店はいくつもあるのですが、私は「落ち着いた」とか「静かな」をキーワードに探しました。今回は味と同じくらいお店の雰囲気が大事なので。

そして決めたのがノーサインボードのセントラル店。ノーサインボードはチリクラブの定番有名店の一つのようです。細かいことは気にせず写真の雰囲気で決めました(笑)。予約はリサにお願いしたところ、ネットからできて簡単だったようです。

Read more

銀行でジョイント口座開設

銀行でジョイント口座開設


昨日、銀行口座を開設してきました。仕事を始めたのでお小遣いを貯める場所が必要になったのと、買い物の際にこちらで普及してるネッツ(デビッドカード)を使いたかったからです。

シンガポールのメジャーな銀行はDBS、UOB、OCBCの3行。そのほかHSBCやCitiなど外資の銀行もあります。どこに開設するかについては個々の基準があると思いますが、私は少額の預け入れのみで、運用することはないし、クレジットカードも使わないのでATMの使いやすさだけが基準でした。

最大手のDBS(買収されたPOSB含む)はあちこちにATMがあるものの、いっつもATMは行列。最初から候補から除外してました。一方で、結構あちこちにATMを見かけるものの、滅多に人が並んでないのがCitiBank。日本で口座を持っている(11月からSMBC信託になっちゃいましたが…)馴染みもあり、Citiは一番最初に行ってみました。そしたら、最初の預け入れ金額が5,000Sドル(感覚的には50万円)とかいうじゃないですか。それでもいいかなと思ったのですが、夫からシンガポールの口座にそんなに預けてどうするの、と言われ、やめました。運用予定もないし、帰国の際の送金手数料考えたら割に合わない気がします。

となると残りの候補はUOBかOCBC。…正直、どちらでもよかったのですが、OCBCの方がブルームバーグの世界銀行ランキングで1位になったりと、他行より実力派らしく興味がわきました。しかも世界での評価が高いのに、シンガポールでは3番手というポジションにも天邪鬼的には惹かれるものがありました。

しかし、職場の人曰くOCBCは口座開設条件が厳しいとのこと。実は以前、夫がマンション契約前にOCBCで口座開設をしようとしたところ、マンションの賃貸契約書がないとダメと言われて口座開設ができなかったのです。さらに私の場合、DP(帯同ビザ)では口座開設できないのでは?とも職場の人にわ言われました。幸い、行きやすいところにUOBとOCBCの両方の支店があったので、OCBCがダメだったらUOBにまわることにしました。

結果としては、OCBCでジョイント口座を開設してUOBには行きませんでした。ジョイント口座…夫と共同名義の口座です。夫がメインのアカウントホルダーになり、私がそれにぶら下がってるのですが、そこに入ってるお金は共有名義になるという口座です。それぞれにカードやネットバンクのアカウントが発行されて、二人ともお金の出し入れが自由です。どうせ私のパートの小遣いしか入らないので、後々何か大きな問題になることはまずないでしょう。

なぜジョイント口座かと言われると、私の個人名義の口座は開けなかったからです。ビザがDPだからダメ、とは言われませんでした。ダメだった理由は、住所を証明する書類がなかったことみたいです。

持って行った書類は以下。

・IDカード(夫と私の両方)
・パスポート(夫と私の両方)
・雇用契約書(私のパートの契約書で住所入り)
・公共料金の請求書(住所と宛名入り)
・結婚証明書(戸籍謄本を元にシンガポールの日本大使館が発行したもの)

IDカードには住所が入っておらず、マンションの賃貸契約や公共料金の請求書などは一律夫名義なので、私の名前で住所が記載された書類は「雇用契約書」だけです。これも会社にお願いしてわざわざ入れてもらいました。それが、雇用契約書は公的な書類ではないので認められないとのことでした。残念…。二人のIDカードとパスポート、夫の住所証明としての公共料金請求書でジョイント口座を開設し、雇用契約書や結婚証明書は参考資料として一応スキャンしていたっぽいです。

噂によるとUOBが一番審査がゆるいらしいし、DBSも支店によってばらつきがあるようなので、他だったら個人の口座が開けたかもしれません。それでも変に意地になっていた部分もあり(笑)ジョイントという形でもOCBCに口座開設できてよかったと思います。シンガポールは最近、外国人の口座開設の審査が厳しくなったみたいです。税金対策で日本から口座開設に来る人もいたようですからね…。住所の証明書類がうるさくなるのもわかります。

ちなみにOCBCのカウンターの対応がすごくよかったです。行員の人が入力作業中、夫婦でぼんやりしてたら、ペットボトルの水を出してくれました。ちょうどのどが渇いていた夫、すごく嬉しそうでした。また、年収を聞かれ、慌ててスマホの電卓を立ち上げようとしたところ、すっと電卓が出てきました。こういう空気を読んだ動きってシンガポールであんまりないんですよ…(小声)!

パートで働き始めました&仕事探しについて

パートで働き始めました&仕事探しについて

先週よりパートで働き始めました。小規模な日本の会社の小さなシンガポール支店で、100%日本語環境ですが、人間関係がよく、何よりも経験をいかした仕事ができそうなのが大変ありがたいです。

こちらで仕事探ししていた旨は時々書いてましたが、動き始めたのは下見旅行を控えた8月の頭。なんだかんだ3か月もかかりました。近年、欧米は日本人が労働ビザを取得するのがとても難しいらしいです。一方で東南アジアは比較的ビザがとりやすく、経済成長もあって海外就職を目指す人たちに人気となり、シンガポールにも日本人を相手にした人材紹介会社が何社もあります。私もこのような会社に8月からコンタクトをとり、Skypeで面接したりと準備を進めていました。

ただ、あっという間に応募できる案件がなくなりました。英語力が不十分だったのと、希望の求人がほとんどなかったからです。

大前提として、ネイティブ並みの英語力がなければ現地の人と同じ求人への応募は厳しいです。シンガポール人は英語ネイティブなので、中途半端な英語力の日本人を雇う理由はそうないからです。となると日本語が必要な仕事か、語学より経験やスキルが重要なポストが応募可能なポストになると思います。残念ながら、語学の垣根を超えるほどのスキルはありません。かといって私の希望の職種で日本語が必要なポスト…というのがほっとんどないのです。

また、たとえあっても怪しい会社…というのが2社ありました。実は2社とも応募したのですが、1社は応募して面接進行中に怪しいことに気づき、その旨を人材紹介会社に相談。すると不合格になりました。2社目は書類が通って面接に行くまえ、夫に止められて辞退しました。

1社目は、日本の市場に対して法律ギリギリ(もしくはアウト)の商売を行っている会社です。最近社名を変えたらしくネットでの評判に気づかなかったのですが、人材紹介会社がふとした拍子に前の社名を漏らしたため、まずい商売をしてる会社であることがわかったのです。

2社目も、日本の法律に触れそうな商売をしている会社でした。人材紹介会社にかなり強引に勧められ、気が進まなかったのですが、夫が「面接の練習にすればいい」というので応募したのです。しかしいざ面接の話が出た時に改めて夫に相談したところ、ネットの評判などを見た夫が「絶対受けるな」と騒ぎ出し、辞退しました。

この時点ですっかり人材紹介会社不信になりました…。日本でも有名な人材紹介会社がシンガポールに進出してますが、そういう会社も求職者を送り込む会社の実態は調べないのでしょうか。もしくは知ってて送り込むんだったら悪質です。

日本語を使うコールセンターや一般事務の仕事なら、大手の会社の募集がありそうでした。ただ、帰国後のキャリアを考えると、現在の職種のブランクを空けたくなかったのです。スキルが不十分なのに希望はわがまま…そんな状況で私の就活はあっという間に行き詰ってしまったのでした。

しかし、少しずつでも動き続けていればご縁というものはあるようです。今の職場は人材紹介会社から紹介を受けたところではなく、自分でネットで見つけた情報から直接連絡をしてお話しが決まりました。不十分な語学力、希望の職種、加えてパートという勤務形態の希望を聞いていただけて大変ありがたく感じています。一方で、人材紹介会社は手数料が高いので直接応募してもらってよかったとも言ってもらえ、良いご縁を感じました。

思い描いていたような「ザ・海外就職!」という感じではありませんが、いただいた仕事を日々一生懸命こなすことで少しでも経験値を上げ、シンガポールの生活の糧にできたらと思っています。

スーパーの小ネタ

スーパーの小ネタ


今日も汗だくになって夕食の買い物をしてきました。水とかヨーグルトとか液体は重いので、日本で調達したキャスター付き買い物袋が活躍しています。大きい袋にキャスターがついたようなものなので、行きは転がさず腕にかけていけるし、折り畳みもできるのでカバンにも入ります。何よりも重くないのが特長でしょう。こちらでよくみるカート(トロリー)は枠やキャスターがしっかりしているものの、全体が鉄製で重そう。ましてや物が入った状態で、段差があるところで持ち上げて移動させるのは大変そうです。

そんな使い心地に満足しながら買い物してたら、見知らぬ地元のおばちゃんに「どこで買ったの?!」と声かけられました。申し訳なさそうに「ジャパン…。」って言ったら「オォ、ジャパン…」と少し悲しそう。こっちでも売ればいいのになぁ。探せばあるのかなぁ。

買い物はまだ恐る恐るなのですが、まだ新しい発見もあって面白いといえば面白いです。冒頭写真は日本キュウリ。マレーシア産なので手ごろな価格で手に入ります。ちょっと水分が少なくて固めな気がします。

卵ですが、生食できそうな卵を近所のローカルスーパーで見つけました。冷蔵庫に入ってたのですぐに「こいつは違う!」と気づいたわけですが。値段も1ドルくらい高かったです。悩んだ挙句、生食することないし長持ちする方が助かるので洗浄してない卵を買いました。


そうそう、今日の一番の衝撃は海産物コーナーで見かけたもの。氷の上に魚やら貝やらが積まれていて自分で袋に入れます。海老を選んでたところ、視界の端に魚と一緒に鶏の足らしきものが並んでたのです。なんで魚と肉が一緒に…?とよく見たら…フロッグでした。カエル~!スーパーに売ってるんだ。家庭で調理するんですね…。レベルが高すぎて私が買うことはないだろうな…。

初・ウェットマーケットでの買い物

初・ウェットマーケットでの買い物


今日、初めてウェットマーケットで買い物をしました。シンガポールには通常のスーパーマーケットの他にウェットマーケットという朝市のような市場があり、肉、魚、野菜、果物など、生鮮食品はここが一番新鮮で安いと言われてます。ですがだいたい午前中でどこのお店も閉まってしまうし、外国人には敷居が高い気がしていて、わりと近所にもあるのに行けないでいました。

それが今日はまだ開いてる時間に通りがかり、かつリサ(通訳)が一緒だったので思い切ってお肉を買いました。欲しいのは鶏のもも肉。鶏だけ扱ってるらしきお肉屋さんがあったので、ショーケース越しに商品を眺めました。「もも肉」をなんと言っていいかわからず、自分のももをバンバン叩いてジェスチャーしたら、理解してもらえました。通訳不要(笑)。2枚で3.6ドル。…安くなかった。買い方がわるかった?買ったお店が悪かった?リベンジしよう。

次は魚に挑戦したいけど、魚は買うこと自体より調理ができるか心配です。料理の腕が上がらないまま海外来ちゃうと厳しいですね(汗)。