そういえば夫が地元の歯医者に行ったんですよ

   

そういえば夫が地元の歯医者に行ったんですよ。一般的に高額と言われ、保険も適用にならない恐ろしい歯科治療。こっちで歯医者にお世話になりたくないので、虫歯がちの夫には国保があるうちに歯の検査をしつこく促したのですが、「ちょっと前に行ったからいい」と言い張って行かなかったんです。

そしたらある夜「あがっ」ってバスルームから小さな呻きが聞こえ、なにごとかと聞いたら銀歯が取れたという…。慌てて病院検索。英語には問題ない夫は高いと思われる日系病院には目もくれず、近所で探して予約をしていました。

なんとか翌日の仕事の後の時間に予約が取れ、取れた銀歯を持って出かけていきました。やはり会計が怖かったみたいで、会計中にWhatsApp(メッセージアプリ)でドキドキしてるメッセージが届きました。こっちもドキドキ、というかビクビクしました(笑)。

結果は…140ドル弱。倒れるほど高額ではなく安心しました。夫いわくむしろ安いのではとのこと。銀歯が取れたのは虫歯だったらしく、結局削って何か白い物(材質不明)を詰め直してもらったみたいです。お医者さんは若い女性で、英語がアメリカ訛りだったらしい。夫はこのアメリカ訛りにえらく安心したようです。

払えない額ではなかったことは安心しましたが、治療の良し悪しはまだなんとも判断しかねます。一時帰国の際は本人の了承なしで歯科チェックのための歯医者を予約したいと思います。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(生活)