家具・家電のチェックにIKEAと家電量販店に行きました

   


週末、IKEAと家電量販店に行ってきました。不動産はもし希望の物件に決まった場合、ほぼ家具・家電無しのところに入居するため、必要なものをすべて買いそろえる必要があります。

当初はFully furnishedといって必要な家具・家電全部が揃ってる物件を探していたのですが、家賃が高くなる上に、イマイチな家具・家電を使うのは嫌だという話に(私たちの間で)なりました。いくつかの物件を内見しましたが、いくら立派なソファや食器棚が並んでいても、趣味に合わないインテリアは苦痛です。冷蔵庫は汚くて匂っていたり(リサがしばらく咳が止まらなくなるくらい臭いのがあった)、洗濯機はふたが壊れてたりするのを見ました。実は、今の仮住まいでは、私が来る前に夫リサが臭いがきつくて部屋を変えてもらっていました。体臭が強い人が一か月かそれ以上生活するとベッドやクッションに臭いがつくようです。変えてもらった今の部屋もクッションや枕が匂うため、一通り自分たちで洗濯しており、ベッドやソファーにもリスクを感じています。


家具・家電は壊れていたらさすがに交換するだろうし、マットレスも衛生に関連するので交渉できると不動産屋さんは言ってましたが、中途半端な交渉に骨を折るくらいなら一層、何もない状態ですべて自分たちで用意する方が楽だし、その分家賃を下げてもらう交渉をするので安くすむのではということになりました。なのでそのかかる費用を確認しよう、ということで週末にIKEAと家電量販店をまわってきました。

IKEAは日本のIKEAと変わらない印象です。実際同じものを同じくらいの価格で売っているのだろうと思いますが。デザインはいいし、質と値段はピンキリなので、選択の幅があるのは魅力でした。イマイチだったのはマットレスで、こちらの方の好みなのか、妙にボヨンボヨン・プリンプリンした感触のものばかり。薄めのマットレスがいいかなと思ってます。ソファは汚して虫がわいたりしたら嫌なので、合皮でも革張りものが欲しいです。車がないので配送と組み立ても依頼予定ですが、国土の狭さと技術者の人件費が安いせいか、日本より若干安そうです。

家電量販店では洗濯機、電子レンジ、冷蔵庫、TV、掃除機、炊飯器を見ました。洗濯機はドラム式とトップロード(上から入れるタイプ)で少し迷いました。説明がうまい店員のおじさんが現れて、ざっくり聞いた違いは、ドラム式の方が洗い方が優しく、節水。温水で洗うため殺菌効果もあるそうです。ただ、時間がかかるし値段も高い。私たちは日本ではトップロードを使っていて、今の仮住まいでドラム式を使ってるので、おじさんの話を聞いた上でいい比較ができてました。ドラム式の温水洗濯には魅力を感じますが、時間のかかりすぎには不満だし(スタンダードモードで2時間とか)、こちらのドラム式は斜めじゃないので洗濯物が取り出しにくいのが嫌。なのでトップロードにすると思います。一番安いのがパナソニックで400ドル以下だったので、それがいいかなと。その他の家電も、小さめで最低限の機能があるものを選べば、それほど高くならなそうです。ただ、品質とサポートを考えると日本製がいいとブログに書いてる奥様がいたので、できるだけ日本製を選びたいです。

そしてリサに指示されて、最低限必要なものリストを作りました。金額の合計は約2800ドル。これを2年=24か月で割ると月117ドルくらいです。バッファをもたせて月200ドルとして、これを不動産屋への交渉の際、家具・家電を不要とする家賃の値下げ交渉の金額としました。この一連の話はすべてリサが考えたことなのですが、実際オーナーにも妥当な話なんだろうと思います。まだ回答がないのでオーナーがどう捉えたかはわかりませんが…。

私はぼちぼち、上記のリストをブラッシュアップしていく作業をします。必要なものを追加していき、値段を確定し、さらに月200ドル以下に収めるのがミッションです。今日はブログばかり書いてて何もしてないので明日から…はは。

<Wishリスト>

●家電
・洗濯機(乾燥機は悩み中)
・電子レンジ(グリル付き)
・冷蔵庫
・TV
・掃除機
・アイロン

●家具
・ベッドとマットレス
・ソファ
・洗濯物干し

●ファブリック
・タオル、バスマット
・枕
・ベッドカバー、シーツ

●要検討
・リビングのローテーブル
・炊飯器
・ワークチェア

●借りることを交渉
・ワークデスク
・ダイニングセット
・扇風機
・靴用のラック

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - シンガポール生活(生活)