金、土、と不動産探し+αをして、日曜日の昨日は仮住まいでグダグダしてました。一方で隙間時間にせっせと会社の仕事もこなす夫リサを見ていると、ほんと頭が下がります。語学も気候も町にも慣れてないということで許してください…。洗濯機もまともに使えず、扉に挟んだリサのTシャツをグネグネにしたり、グレーのパーカーを緑に染めたりしてるのも、経験値を積んでいる最中ということで…。

さて、私たちの不動産探しですが、8月の下見に続く2回目であり、今度は本番です。前回の下見で、私たちの希望に合った物件を予算内に収めるのは非常に厳しい状況は理解したのですが、それでも不動産屋さんに淡い期待を抱いて希望を明確に伝えたところ、希望と全然違うリストが下見前夜に届いてがっかりしました。。

ブログで前回の下見の不動産探しについては何も書いてませんが、シンガポールでの賃貸はHDBという公団か、コンドミニアムと呼ばれるアパートのほぼ2択です。そのほか今私たちが仮住まいしてるサービスアパートメントというホテル+アパートのようなところや、一軒家の賃貸もありますが、高かったりメンテが大変だったりで現実的ではないようです。

HDBとコンドの比較ですが、HDBは安く、一方でコンドは高いが設備がいいという感じ。しかしHDBといえど賃料が東京の2~3倍もするので、当初は夫がHDBに固執していました。不動産屋さんからもHDBは(外国人に)勧めないと言われていたのですが、とりあえず前回は1軒だけ内見(viewing)リストに加えてもらいました。また、姉のママ友ケイさんの知り合いからもHDBの紹介があり、前回の下見で2軒HDBを見る機会があったのです。

そして2軒とも古い物件だったというのもあり、正直厳しい…というのが素直な感想でした。私はトイレとシャワーの設備、窓から突き出す物干しがダメでした。夫は暗さ、壁、床がダメだったそうです。また、実際に住むと虫が出やすい、壁が薄い、水回りが脆弱、冠婚葬祭などで騒がしい…などあるようです。(飽くまでも日本人にとって、日本の生活とのギャップが大きい点かと思います。)

そんなわけで、HDBだったら10年以内という希望を出しておりました。なのに、前日に届いたリストには築30年以上のHDBが3つも…。二人ともがっくり。コンドミニアムも、私たちの条件に合うものではなく、お金がないからこんな仕打ちを受けているのかと悲しくなりました。条件無視したリストを前夜に送ってくれるなら、事前に相談してくれればいいのに。

続きを読む