相性が悪い人

   

仕事でAさんがいつもBさんにきつく当たっています。それを傍で見ていて、Aさんが怖い人なのかとビクビクしていたら、どうやらAさんはBさんにだけきつく当たるようです。それぞれの立場があるのであまり気にしないようにしていたのですが、昨日、他の部署の偉い人から冗談っぽく「AさんってBさんにキツいよね~」と言われていて、妙にほっとしました。Bさんが気の毒と感じることがあって、それをAさんに指摘する人がいたことに少し安心したのです。

ただ、今後もAさんのBさんに対する態度は変わらないと思います。AさんはBさんが生理的にダメというか、本能的に合わなくて攻撃しているのがわかるからです。それは私自身も経験したことで…苦手で、むやみに攻撃してコミュニケーションを拒絶したくなる相手がいるのです。理不尽と言うか…どちらかが悪いわけではなく、ただ「相性が悪い」それだけのような気がします。幸い、私は今時点ではそういう人と仕事してないのですが、近い立場にそういう人がいたら本当に仕事がしづらいと思います。

誰とでもうまくやっていける人、誰とでもそれなりに付き合っていける人、仕事ではそういう感情的な態度を見せない人、そういう人たちが職場の人間関係においては優秀だなと思います。性格だから直らないではなく、仕事は仕事と割り切って人と付き合い物事を遂行するのは仕事の能力の一つなのだと思います。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他