料理教室で苦手な人と一緒になりました

   

前の投稿で書きましたが、今日は久しぶりに苦手なタイプの人と同じグループになってしまいました。料理教室は毎回同じグループになる人もいますが、振替やら変更やらで違う人と組むのは珍しくありません。短時間でタイトな共同作業を行うので、合わない人との作業はかなりきついです。

私が初めて来たときに一緒になって辛かったのは、「リーダーシップが取れないのに取ろうとする人」。的確な指示ができないなら人に指示しちゃいけません。全員習いに来てる身なのだから、お互い手順を確認しながら進めるのが妥当だと思います。その人、適当な指示を人に出しておきながら自分は自分の好きな作業に入ってしまうので、指示を受けたメンバーが混乱して大変でした。(私は途中から無視しました(笑))。

今日の人は自分が好きなことしかしない人。切るとか調理するとか好きなことだけやって、洗い物や掃除には手を出さない。洗い物しないだけで相当ダメな人なんですが、「油が跳ねる」とか言って焼く作業も人にふってました。こんな人、料理教室来ないでほしい…。他のメンバーはアシスタントじゃないし、自分の家で自分一人でやればいいと思います。まぁ、よくいる倦厭されるわかりやすいわがままタイプなんですが、私は態度や言葉がきつくていちいち頭にきました。少なくとも私との相性は最悪でした。

ちなみにどちらの人も天然ぽくて、悪気が無いのは感じました。今日の人はもともと物事をキツイ言い方しかできないような若い女の子で、少ないやり取りで非常に不快な気持ちになったのですが、長く付き合えば慣れるのかなぁと思います。でもね、長い付き合いはないんです。この料理教室で。たかだか2時間だけの付き合いで、これだけ相手を嫌な気持ちにさせるのも相当だと思います。(相性の問題なら相手も同じ気持ちかもしれません。)

今日はハズレでした。しかしどうやら来月以降は違うコースらしいので二度と一緒にならないのが救いです。早く忘れよう…。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 旅行やおでかけ