結婚式の準備、着々?

   

来月結婚式を挙げます。親類だけの小規模な式ですが、それなりに準備することがあって忙しくしています。今日も体調ボロボロの夫リサを連れて2件用事をすませたら、リサは帰宅早々ご飯食べて20時前には寝てしまいました。心配です…。

結婚式は以前から思い入れがなく、世間から周回遅れな年齢のこともあって、挙げなくてもいいと思ってました。リサも同じなのですが、私の両親が「そんなわけにはいかない」というわけで親族だけの式にしたのです。正直なところお金も手間も相当かかるし、そもそも私自身結婚式に対するパッションが無いので、当初から「やらされてる感」に追われてました。

ただ、この頃は結婚式が自分たちのためではなく、家族や親族のためなんだと思うようになったら、身が入るようになりました。記録用の写真や動画も、自分たちの記念のためではなく、私たちの周りの人たちを残すためだと思ってるし、流す動画や席次表も、家族の写真をたくさん使います。主役が私たちというより、ホストが私たち、列席いただく家族や親族がゲストです。

この発想って当たり前のことなのかもしれませんが、私の場合、20代の結婚だったらそんな風に考えなかった気がします。年を取ったと感じます(笑)。そして、以前一緒に仕事していた女の子が、結婚式の準備は大変だったけどすべてがいい思い出になったと言ってました。その言葉を励みに、残りの準備も頑張りたいと思っています。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他