税務署での確定申告

   

税務署でリサの確定申告をしてきました。ある申告について書類の記入方法を聞いてくるミッションだったのですが、税務署って不明点を手伝いながらその場で電子申告させるんですね。あれよあれよと電子申告して帰りに銀行で納税まで済ませてきました。

全部済ませてスッキリした一方、短時間でも疲れました。相談窓口は机と椅子があって、税務署の人とマンツーマンで書類を書き進めるんだと思っていたのですが、書類の確認と準備、電子申告のためのPC操作、どちらも投票所のような机に向かって立って行います。職員の方も数名がぐるぐる回っているだけで一人占めはできません。一人当たり数名対応していたでしょうか。大変そうでした…。

電子申告後、控えは印刷したものを紙でもらって、源泉徴収票のような必要な書類は係りの人がチェックして鍵のかかった箱に入れていました。私、うっかり大事なメモを入れたまま渡してしまい、鍵を開けて書類を出してもらうことに。最後の最後まで迷惑をかけて帰ってきました。

ちなみに、夫の確定申告を妻がすることについて特に身分証明など求められませんでした。今回は還付ではなく納税なので大丈夫、ということでしたが、そういうものなのでしょうか(笑)。

あと、相談窓口を間違えて列に並んでしまい、待った挙句「ここではありません」と言われて思いっきりがっくりしていたら、列の後ろのおばちゃんが「あら、散々並んだのにカワイソウ!」と叫んでくれました。こういう気のいいご老人がいる町は大好きです。慰められました。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 時事ネタ