管理能力と個人の力と

   

なんだか仕事が冴えないです。いろいろ理不尽な目にあってるのですが、なぜか私が我慢を強いられるという状況。みんなそれぞれ自分の希望でしか物事を進めようとしてないのが伝わってきたので、私も自分の立場で行動することにしました。そしたら当然その摩擦が起きたのですが、あまりにも度が過ぎてて、この数週間溜めてきた嫌な気持ちも逆に薄らいできてしまいました。この仕事が終わったら、言うべきところにいろいろ筋道立てて言い残してやろうかと思いましたが、その労力も無駄なので、目の前のことは受け流して前を向いて歩くことにします。

ここ一か月、組織ってバランスだなと思いました。会社全体のことまではわかりませんが、目の前の組織で、私は管理能力にも個人の力にも物足りなさを感じました。すごく管理能力が高いマネージャーがいても個人がついていかなければ機能しないし、逆に個人のスキルが高いだけでそれをまとめる力がないと結果を生まないと思います。そして両方ダメだったらもっとダメなわけで(笑)、もう人をがらりと変えるかその業務自体お金をかける価値があるのか見直した方がいい気がします。私が感じてる物足りなさは、変に期待値が高かったせいもあるかもしれません。そして個人がイマイチなのは私も含まれるのでしょう。しかし、人の出入りが激しいところってそれなりの組織なんだと思いました。それはもっと上のレベルで問題として捉えたほうがいいんじゃないかなと思います。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他