運がいい人とは

   

「運がいい人はどんな人なのか」について、年末にTVでやっていたのを見ました。海外で研究をしている人たちもいるようです。細かい内容まで覚えてないのですが、運がいい人はポジティブで物事に鷹揚に構えている人たちのようでした。逆にそうでないのは心配性で神経質な人たち。割と身近なケースで当てはまるなぁ。。と感じた内容でした。

私自身は完全に後者で、いつもささやかな心配を抱えて気力も体力も消費している気がしています。そのことに気づいたのは最近で、運をよくするために…というより、もっとゆったり平和に生きるために余裕をもった考え方の癖を付けたいと考えていたところでした。

運の良さも幸せの定義もあいまいなものですが、前向きで、常に明るく平和な空気を背負っている人のそばにいると幸せな気持ちになるものです。つらい時や行き詰まりを感じた時、あと一歩欲しいものが手に入らないときはそういう人に会いに行くといいパワーをもらえる気がします。

運がいい人たちが運が良くなる努力をしているとは思いませんが、いい考え方の癖を付けようと努力してそれが自然になった人はいるんじゃないかなと思います。私は今年、結構本気で自分がそういう前向きな変化を遂げられるようになりたいと思っています。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他