インターネット遠隔サポートの難しさ

   

母の実家のおばさんがインターネットを使いたいとの相談の電話がありました。すでに息子であるイトコがネットを使っているのですが、仕組みをよく理解していないらしく、どう回線を分けていいのかがわからないようなのです。

話を聞いているとおばさんはノートPCを無線で使いたいみたいなので、現在の回線を無線のルーターで分ければいいだけだと思います。でも、それを息子が良くわからないみたいだし、機械を用意したところで接続ができるのかいという不安があります。

話していると、もう、その場であれこれ説明したくて、もどかしくて仕方ありませんでした。と言っても片道5時間半もかかるような彼の地にはそうそう行けないし(笑)。

結局あまり役に立たないまま、やはり現地でサポートできる電気屋なり電話屋なり詳しい人に相談したほうがいいというみもふたもない結論で電話をおきました。インターネットやPCってこれだけ普及しても敷居が下がらないなぁと改めて思った次第です。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他