ネガティブな感情を客観的に捉える

   

以前、怒りを抑える方法として、自分を客観的にとらえて「ああ、私は怒っているな」と考えるようにするといいというコラムを何かで読みました。怒りに限らず、自分に起きたネガティブな感情は、客観的に捉えることで冷静になって軽減されたりするそうです。

私自身、意識してそれをできるほど冷静なタイプではないのですが、今日、少しイライラするようなことを言われた時、「なぜこの人はこんな言い方をするのだろう」と相手の分析をしているうちに、相手の気持ち、それを受け止めた自分の気持ち、をそれぞれ客観的に捉えようとしている自分に気づきました。そうこうしているうちにどうでもよくなり(笑)、最終的には受け流すことができました。

私は昔から正面から向かってきたものをすぐに打ち返す性格なのですが、こういうコミュニケーションは自分にも周囲にもストレスを与えます。思考の訓練で、どうでもいいことは受け流せるようになりたいです。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他