間違っても謝らない人

   

昨日、今日と仕事で少しキレてました。やり取りしてた外部業者さんが、間違ったものを納品してきたのに謝らなかったからです。こちらが手間をかけて内容を精査して指摘したら、しれっと直したもの再送してきただけでした。偉そうに「謝れ!」というわけではなく、ただ「すみません、間違えました」の一言があればいいのに、自分が間違えたとも言わないし、絶対謝らない。

頭にきて一人でカッカしていたら、そのメールのやり取りをCcで見ていたチームの人たちが「この人絶対謝らないつもりなんだ」と苦笑いしていたので、誰の目にもおかしい態度に映ったのでしょう。共感してもらえて怒りが少し収まりました。

えばるつもりはまったくありませんが、こちらが発注者であり、お客です。ハッキリ強めに言うのもこちらの仕事かなと思ったのですが、そのエネルギーを割くのも嫌になりました。私の周囲でその業者さんへの評価は下がったし、私の上の人はあまりに酷かったら業者変えるようにすると言っていたし、そもそも他の部署からも評判が悪い業者だったし。さらに、私が今後転職して他の会社に行っても、この会社は絶対使わないし、周囲の人にも勧めません。つまり、あちらには見えないところで十分な制裁を受けているのです。

謝ると自尊心が傷つくので謝らないという人種が世の中にいるようですが、顧客と接するような仕事するなら、他人とのコミュニケーションの仕方について学ぶ機会を持ってほしいものです。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他