もりもりの唐辛子と山椒の夕食

   


夕食に四川料理屋さんに連れて行ってもらいました。一緒に行った人に注文を任せたら、こんな真っ赤なものをチョイスしてびっくりです。山盛りの唐辛子と山椒に、小さな鶏のから揚げがまぎれている料理です。辛いものは好きですが、辛すぎるのは食べられません。

しかし、お皿が来た瞬間からその香りのよさにうっとり。山椒でもその他の薬味でもない、コンソメのようなおいしそうな香りが漂ってきました。そして食べてみたら味も美味しい…!じわじわくる辛さはありましたが、ひどく辛くもなく、美味しく食べられました。

唐辛子は食べられないので食べた後は唐辛子と山椒の小山が残ったのですが、スプーンに乗せて思わず匂いをかいでしまうくらいいい香りでした。一体なんの香りだったのでしょうか。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 食べ物登場