ワクオの誕生日


夏生まれの甥っ子ワクオの誕生日を母と三人でお祝いしました。黒くて細マッチョな球児に成長しました。まだ彼女はいないようで、「来年は彼女と祝えるといいね」と言ったらふふと笑っていました。まぁ、男子校だし、大学でビューなるか。


お料理はメインのはもが柔らかくて美味しかった~。

久しぶりに英会話

仕事帰りに久しぶりに英会話を少し楽しんできました。スクールじゃなくて単なるおしゃべりなので、話す相手やトピックによって会話の弾み具合は当然違うのですが、それに合わせて英語も出てきたり出てこなかったりします。今日はほとんどしゃべれなかった印象で、少しネガティブな気持ちになって帰る羽目になりました。日本語であろうが英語であろうが会話力と、さらにそれに伴った英語力が必要なんだと身に染みました。

昨日、エリーさんから久しぶりにメールをいただいたのですが、どうやらブログを見ていただいてるみたいで(ありがとうございます!)、「最近元気がなさそう」とのこと。恐らく、見た目は普通に元気ですが、なんとなく不調な気がしています。ここ半年くらいブログが毎日書けなくなったのですが、どうも以前には一応あった「やる気」「パッション」なるものがどんどん枯れているのです。それが加齢のせいなのか環境のせいなのかは自分でもわかりません…。ただ、うまくいかないことは多々あって、ストレスマネジメントのためそれをうまく忘れようとしているのですが、抑え込んでいるだけでやっぱり疲れてるのかもしれませんね…。

じゃがいもの照り煮がうまくいきません


暑い!とか月並みなこと言いたくないのですが今日は暑かった…。朝、食材を買いに近所のスーパーを一往復しただけで汗だくになりました。こんな日に出歩くのは危険です。

さて、今日の料理。じゃがいもの照り煮、いんげんのごま和え、たこときゅうりの甘酢和え、あんだんすー(沖縄の肉みそ)を作りました。じゃがいもの照り煮は料理教室で習ったもので、以前も作っているのですが、どうもうまく作れません。じゃがいもが煮崩れてしまうのです。今日もレシピの指定時間より前に煮崩れてしまい、慌てて取り出しました。新じゃがで皮がしっかりしたじゃがいも使わないとダメなのかもしれません。(今日は皮が嫌いな母のリクエストで皮をむきました。)


あと、あんだんすーという沖縄の肉みそを作りました。先日八丁味噌をお土産でいただいて、赤みそ料理をしてみようと思っていたのです。八丁味噌と沖縄の赤みその違いはわかりませんが、あんだすーは炒めた豚肉を、赤みそと砂糖、みりん、酒で味付けします。出来上がりは想像通りの味で、ご飯がすすみそうな濃厚な味わいです。失敗して味がしみ込んでないじゃがいもの照り煮と一緒に食べたらちょうどよかったです。生野菜につけて食べてもおいしそう。

赤みそはまだ残ってます。次は何作ろう。

隅田の花火を見てきました


親戚のお宅で隅田の花火を堪能してきました。混雑を避けて早目に移動し、夕食をいただいた後、いざ観賞。目の前にバーンとよく見えました。行き帰りも車で送っていただいて、こんなに快適な隅田の花火は久しぶりです。

隅田の花火はまともに行くと地獄のような人ごみに耐えられません。おばさん曰く、我が家も父が子どものころは両国の花火が縁側から見えたそうです。今はビルに遮られてまったく見えません。平屋ばかりでどの家も縁側から見えたなんて風流じゃないですか。仕方ないですけど残念ですね。

ネガティブな感情を客観的に捉える

以前、怒りを抑える方法として、自分を客観的にとらえて「ああ、私は怒っているな」と考えるようにするといいというコラムを何かで読みました。怒りに限らず、自分に起きたネガティブな感情は、客観的に捉えることで冷静になって軽減されたりするそうです。

私自身、意識してそれをできるほど冷静なタイプではないのですが、今日、少しイライラするようなことを言われた時、「なぜこの人はこんな言い方をするのだろう」と相手の分析をしているうちに、相手の気持ち、それを受け止めた自分の気持ち、をそれぞれ客観的に捉えようとしている自分に気づきました。そうこうしているうちにどうでもよくなり(笑)、最終的には受け流すことができました。

私は昔から正面から向かってきたものをすぐに打ち返す性格なのですが、こういうコミュニケーションは自分にも周囲にもストレスを与えます。思考の訓練で、どうでもいいことは受け流せるようになりたいです。

あじの塩焼き、かぼちゃのそぼろあん、いんげんのごま和えを作りました。おまけにクッキーまた焼きました(昨日)


昨日ですが、料理教室の復習をしました。メインはあじの下処理。いきなりぜいごで指を負傷。これが出血しなかったのに結構深い傷で…。今でも痛くてあじ恐怖症になりそうです。

料理教室で習ったまんま3品作ったのですが、私は夕食外でとったので自分で食べませんでした。あじの塩焼きはグリルに置いてきたので写真に出ていません。母曰く、あじの塩焼きは塩が足りなくて、かぼちゃは少し硬かったそうです。いんげんのごま和えは合格。

あと、写真にはありませんが、またまたクッキーを焼きました。くるみとチョコレート入り。先日は森永のクッキーミックスで、今回はクオカのクッキーミックス。今回はショートニングではなくバターを使ったのでふんわりした仕上がりでした。思ったより甘いのが惜しかったけど、こっちの方がおいしかったです。ナッツをもっと入れたら甘みが抑えられるかな。

土日は母の実家に行っていました


カレンダー通り三連休のお休みでしたが、土日は法事で石川県の母の実家に行っておりました。いつも遠いなぁ、と思っていましたが、やっぱり遠いです。電車2回乗り継いでさらに車で30分ちかく。片道5時間以上の旅です。行きは新潟~金沢を通る電車がひどく混んでいて、指定席の通路にも人が並ぶ混み具合でした。指定取れてよかった…。特急列車で立って2時間半はきつすぎます。

法事は無事終わり、法事を行った場所でお風呂まで入れてラッキーでした。夕暮れの露天風呂ではひぐらしがカナカナ…と鳴いていて風流なり。母の実家には昨年秋に行っていますが、6年ほど会っていないイトコにも再会できました。子供たちが大きくなっていて、初めて会うイトコの子供が二人ともかわいかったです。頼まれて、子供たちの間で大流行らしい妖怪ウォッチの絵を真似して描いたりしました。

母親の寝言に悩まされながらも一泊し、翌朝は道の駅に連れて行ってもらって買い物をした後、11時前の電車で東京へ。17時前には戻ってきました。やっぱり遠い…。また来春、法事で私が来るかどうかはわかりませんが、そのころには待望の北陸新幹線が開通しています。金沢まで2時間半!乗り換えも1回になるので楽になります。


…私は金沢も輪島も好きです。法事関係なくまた石川県はゆっくり旅したいです。

※冒頭の写真は近くの海。子供の頃毎年夏ここで泳ぎましたが、今や住んでいるのはお年寄りばかりで…限界集落。ほぼプライベートビーチです…。

Hacoaさんで名入れプレゼント買いました

御徒町のHacoaさんでプレゼントを買いました。Hacoaさんは木で作った様々な雑貨を製造販売しているお店です。レーザーで名入れもしてくれます。姉に教えてもらったお店です。

行きやすい場所だったので、先日一度店頭で実物はチェック済み。注文はネットでしようかな~と思っていたのですが、名入れがきちんと入るか不安だったのでまたお店に行ってきました。そしたら店頭ではネットよりフレキシブルな対応をしてくれました。名入れ前にプレビューを見せてくれるのですが、ちょっとした文字間の調整など、センスあるお店の人がやってくれて、満足のいく仕上がりになりました。

木製雑貨が好きな方にはお勧めです。でもって店頭に足を運んでみるのがお勧めです。簡単な名入れで混んでなければその場でやってもらえます。

http://www.hacoa.com/index.html

間違っても謝らない人

昨日、今日と仕事で少しキレてました。やり取りしてた外部業者さんが、間違ったものを納品してきたのに謝らなかったからです。こちらが手間をかけて内容を精査して指摘したら、しれっと直したもの再送してきただけでした。偉そうに「謝れ!」というわけではなく、ただ「すみません、間違えました」の一言があればいいのに、自分が間違えたとも言わないし、絶対謝らない。

頭にきて一人でカッカしていたら、そのメールのやり取りをCcで見ていたチームの人たちが「この人絶対謝らないつもりなんだ」と苦笑いしていたので、誰の目にもおかしい態度に映ったのでしょう。共感してもらえて怒りが少し収まりました。

えばるつもりはまったくありませんが、こちらが発注者であり、お客です。ハッキリ強めに言うのもこちらの仕事かなと思ったのですが、そのエネルギーを割くのも嫌になりました。私の周囲でその業者さんへの評価は下がったし、私の上の人はあまりに酷かったら業者変えるようにすると言っていたし、そもそも他の部署からも評判が悪い業者だったし。さらに、私が今後転職して他の会社に行っても、この会社は絶対使わないし、周囲の人にも勧めません。つまり、あちらには見えないところで十分な制裁を受けているのです。

謝ると自尊心が傷つくので謝らないという人種が世の中にいるようですが、顧客と接するような仕事するなら、他人とのコミュニケーションの仕方について学ぶ機会を持ってほしいものです。

ボランティアに行ってきました

ブログさぼりがちですが、日曜日は労働したり、月曜日は腰を痛めたりしていました。

そして今日は仕事帰りにボランティアの日。活動の打ち合わせです。この頃週末のレギュラーのボランティアがすっかりご無沙汰なので、夜だけミーティングで尋ねるとちょっとした懐かしさも感じます。外で取材したり家で執筆したりする時間も短くないので参加意識はあるのですが、やはりレギュラーの活動もしないとなぁと思うのでした。

そんなわけで8月は大学も夏休みだし、久しぶりにちょびっと現場復帰を検討中なのでした。