両親が法事から帰宅

親戚の法事のため祖母の実家に行っていた両親が帰ってきました。

田舎で電車が通っていないため電車で行くと電車と車の乗り継ぎでえらく時間がかかる場所で、飛行機で行きました。父親が極度の高所恐怖症、閉所恐怖症にも関わらず…というか、やむを得ず。

飛行機で行くことが決まってから、家族の心配事はこの父親のことばかりでした。姉曰く、水戸に行くのに特急列車にも乗れないそうなのです。列車が止まらないことによる閉塞感で顔面蒼白になったのを見たそうです。飛行機なんて閉塞感だけでなく高所までプラスです。目的地までたかだか1時間なのですが、されど1時間。私は父親の恐怖感を想像するだけで疲れてしまいました。。。

到着した日のお昼に母に電話したところ、無事着いて現地の知り合いのお宅でがーがー寝ているとのこと。そして先ほど帰ってきてケロッとしていました。大丈夫だったようでほっとしました。きっと明日は武勇伝を聞かされるのでしょう…。