映画「アナと雪の女王」

   

ニュースやテレビでえらく話題だし、他に見たい映画もないってことでディズニーの「アナと雪の女王」を見てきました。2Dの字幕版がよかったのですが、上映枠がなかったのでしかたなく2Dの吹き替え版です。松たか子や神田沙也加の声量はあともうちょっとだけ…という感じでしたがピエール瀧さんの吹き替えが面白くて良かったです。

全体的に、良くも悪くも期待を裏切られなかったという印象の作品でした。ディズニーらしい歌と絵とキャラクターとストーリーとその展開と、全部良い一方意外性はありませんでした。子供から大人まで楽しめますが、大人はあのミュージカル仕立てを楽しめない人はダメなんじゃないかなぁ。曲は女性二人がメインとあって妙にウィキッドがフラッシュバックしましたがこれは個人的な感じ方かもしれません。歌はメロディも歌詞もいいけど、どうも頭に残りませんでした。あと、メインのストーリーに関係ない筋で歌が入るのは冗長な感じがして苦手なんだよなぁ。前半特にそういうのが多くて少し疲れました。

ただ、絵はすごくきれいでよかったです。話題の「Let it go」のシーンはキラキラしながらも迫力満点だし、その他の情景描写も、自然でありながらカラフルで心躍るシーンばかりでした。衣装も街もかわいい。CGがリアルとファンタジーの間で見事に進歩していることを実感できました。

そんなわけで、人に積極的に勧めたいとは思いませんが、少しでも気になっているなら劇場で見ることはお勧めしたいです。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 映画