キレる人

   

最近、わかりやすいくらいよく「キレる人」を目の当たりにしていて、「キレる」ことについて冷静に思いにふけることがあります。

私は決して温厚ではなくギャーギャーとうるさいタイプなのですが、根が気弱なので本気で他人に「キレる」ことは滅多にないと思ってます。なので平気で「キレる」人を目の前にすると結構驚くというか、正直苦手だし、関わりたくないです。(そんな人誰も好きじゃないと思うけど。)

それは怒りをぶつけられたという感情へのダメージだけでなく、生理的にダメなんだろうと思います。特に仕事において、理屈より感情を先に出すという態度が受け入れられないです。この頃は少し冷静になってきて、少し受け流すようになったのですが、そういう態度を相手に求めるのは本当にわがままだなと思います。

周囲の人に聞いたら以前よりだいぶましになったそうなのですが、どうかもうちょっと年相応に成長してほしいものです。

Google Adsense

※当ブログはブログランキングに参加しています→にほんブログ村 子育てブログ

 - その他