映画「Steve Jobs」

   

映画「Steve Jobs」を見てきました。スティーブ・ジョブズが映画化されるなんてちっとも知らなかったのですが、数日前にTVCMで見かけて気になり、急遽初日の本日行ってきました。映画の日で1,000円だったのも背中を押されたかも。

話はスティーブがアップルを立ち上げる少し前から、会社の設立、成功、解任、そしてまたアップルに戻るくらいの期間がメインで描かれています。

全体的に音楽や映像がかっこいいです。さらにスティーブを演じるアシュトン・クッチャーがかっこいい(笑)。役者陣は誰もが個性的で、オタクっぽい人やおじさんばかり出てきて画面にまったく華がないのに、なんとなく愉快なのが魅力的でした。

ストーリーは恐らくほぼ史実どおりなのでしょう。なので知られているドラマをどう描くかが映画の見せどころだと思うのですが、私の印象では中途半端な作品でした。人間ドラマと企業ドラマの両方が描かれていて、どっちつかずだと感じました。映画で見るなら人間ドラマを深く掘り下げて欲しかったと個人的には思います。そして企業ドラマ的な部分はテレビで見たい。好みかもしれませんが。

それなりに面白がりながら見ていたつもりでしたが、最後全体を振り返るとちぐはぐな印象でした。

ちなみに最初にスティーブとタッグを組むウォズや、スティーブの養父母(ジョブズ夫妻)がいい役どころです。特に養父母は登場シーンが非常に少ないのに印象的な形で描かれていて、スティーブ・ジョブズがどんな家庭で育ったのかも興味がわくところです。

Google Adsense

※当ブログはブログランキングに参加しています→にほんブログ村 子育てブログ

 - 映画