劇団四季「ウィキッド」を観てきました

   


東京に戻ってきた劇団四季の「ウィキッド」を見てきました。8月上旬から始まったのですが、四季会員の友達ほんちゃんに早々にチケットを抑えてもらっていました。おかげさまでC席でもとてもいい席でした(ほんちゃんに感謝)。前回はC席で一度見たきりなのですが、すごく感動して良かったにも関わらず、S席で見なかったことを後悔して東京に戻ってくるのをずっと待っていました。なので今回こそS席で…とも思いましたが、やはり念のためC席で先に確認。期待が裏切られることはなく、今回も素晴らしくてこの作品がかなり好きだということを改めて感じました。S席でリピート決定です。

何がいいのかいろいろ考えながら見ていたのですが、音楽や舞台、そして役者さんがいいのは大前提で、やはりお話がよくできていると思いました。オズの魔法使いという有名なファンタジーを題材に、その楽しい世界観を生かしつつ、二人の魔女の深い友情と愛を丁寧に順番をふんで描いている。キャラクターが個性的でただ面白いお話と思いきや、結構残酷な展開もあり、そこに大人っぽさも感じられるのもいいです。あまり観劇で泣いた記憶がないのですが、今日は素直に何度か泣けてしまいました。


ただ、一つ残念だったのはエルファバの声量。演技も歌もよかったのですが、声量や高さが抜けきれない印象でした。「Defying Gravity」は本当に一番の見せどころで、感動のあまり魂が抜けそうなシーンなのですが、声が出きっていないのでどこか醒めてしまいました。グリンダの声量が圧倒的でさらに物足りなく…。フェイロ役の人の声もよかったので、3人が舞台に立つとエルファバがややつぶされているような印象でした。近くの席の人が四季通らしく、やはりエルファバ役の人がまだエルファバを演じるには声量が足りないといったようなことを言ってました。

劇団四季は、役者さんによって公演のクオリティが変わらないようにするのがモットーというのを以前テレビで見ました。なので役者の個性は出させず、飽くまでも均一のクオリティを求めて稽古されてました。それもあって私もあまり役者さんにはこだわりたくないのですが、自分が大事に思うところで差が出てしまうと考えてしまいます。できれば次回は違うエルファバで見てみたいです。

Google Adsense

※当ブログはブログランキングに参加しています→にほんブログ村 子育てブログ

 - 旅行やおでかけ