本「「忙しい」「時間がない」をやめる9つの習慣」

   

和田秀樹さんの「「忙しい」「時間がない」をやめる9つの習慣」を読みました。

つい手にとってしまうコンビニのラックで手に取った本なのですが、あそこにある本って雑誌の延長のような手軽な本が多い気がします。内容がある本だと思って買って読むといつも後悔するので避けてるのですが、疲れてる時に手に取って衝動買いしてしまいました。そして実際後悔しています。

時間をいかに大事にするか、時間を大事にするためにすることなどが書かれた本書。なぜ私にとってつまらなかったかというと、新しい内容ではなかったからです。この手の自己啓発本に期待されるのは意外性とか、意外ではないけど改めてなるほど…と思わせる視点だと思うのですが、私にはどちらもありませんでした。だらだらしていることもありますが、時間の大事さはよく理解していますし、隙間時間をいかに使うかについて知恵を絞ることもあります。

唯一、興味をひかれたのは時間の家計簿ですが、これもネットで調べたら数年前にブームになっていたようで、別に新しいネタじゃなかったんだなと思いました。つまらない本や映画は途中で見切るのも大事ということですが、この本を見きれなかったのは失敗でしょうか。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 -