ネットでブランド財布、騙されかけた…かも。

   

先日、ネットでブランド財布を買おうとしていることを書きましたが、怪しいサイトで買いかけてしまったかもしれません。

もともと怪しいと思う点がいくつかあって、気にはなっていたのですが、値段の微妙な安さに負けて購入手続きに進んだのです。

支払方法は銀行振り込みのみ。振込先をHPには掲載しておらずこちらから購入手続き後にメールで連絡して教えてもらいます。それがすでに変なのですが、その振込先の口座名を見て、気持ちにブレーキがかかりました。HPに出てる担当者名(日本人女性の名前)と違うし、どうも日本人ではないようなのです。

しかし裏を取ろうといろいろ検索するも手がかりはなく、面倒になってもういいかな、と思って振込の手続き直前まで行きました。そうしたら何の気なしに開いていたページで他の商品が気になりはじめ、似ているけれど違う形の物が欲しくなったのです。ここで一度支払い手続きが止まったのはよかったかもしれない

メールで商品を変えたい旨連絡したところ、注文しなおしてくれという返信がすぐに来ました。そのメールの日本語が…ちょっと怪しい。丁寧すぎて日本人の日本語らしくないのです。これでまた引いてしまいました。

そこでまた色々調べ始めたところ、同じブランド専門サイトでさらに別の怪しいサイトに出会いました。値段は似たような安さで、会社住所や電話番号を明記しない、支払いにカードが使えない、連絡先アドレスはgmail…なども同じです。これで完全に「こういうサイト」があることを確信し、検索キーワードを変えて調べたところ、偽物を扱うサイトである可能性が高まりました。(つまり詐欺サイト。)

いくら安くても偽物つかまされたらマイナスです…。さすがに値段はあきらめました。楽天やYahooショッピング、そして本国のブランドサイトの公式ショップなどで妥当な値段を確認し、信頼できそうなところで買うことにしました。申し込んでしまったお店にはキャンセルの旨連絡しましたが、返信はありません。一応振込をしなければ自動キャンセルなのでこのまま放置します。

勉強になりました。ネットのリテラシーは高いほうだと思ってましたが、そうでもないようです…。ちなみに日本未入荷の商品なので日本の店頭で買うという選択肢はありませんでした。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他