うちはごみ屋敷なのか…

断捨離ネタばかりですみません。ここ一か月ほどほんとそればかりです。

さて、断捨離は伝染するといいますか、私が2,3個粗大ごみを出したらそれに便乗して家から20~30点の粗大ごみが出てきました。春に祖母が他界したのもあり、最初は祖母の物を処理していたのですが、それ以外にも出るわ出るわ。粗大ごみは主に祖父(亡)の物、姉(既婚)の物のようです。(父親も物が多いのですが、粗大ごみは無くて小物が多い。)

先日は姉が置いていった粗大ごみを整理していて母親がとうとう体を痛め、私が捨てると言われたものを物置に引っ張り出しに行ったのですが、そこが久しぶりには行ったらごみの山でびっくりしました。いや、全部ごみではないのでしょうが、要・不要の判断がされないまま乱雑に物が放り込まれていたのです。

よく、収納がない家や部屋を嘆く人がいますが、収納能力がありすぎるのもどうかと思います。少なくともうちは大変なことになっていました。ちびちびと物を買うのは簡単ですが、判断して処分するのは本当に労力が要ります。こういう作業をしていると物を買うことに本当に慎重になりそうです。