写真の断捨離

今日は出かけたくなるようなお天気でした…が、断捨離しました。もう、決めたタイミングで決めたことをやらないとまた問題を先送りにするだけなので頑張りました。

ターゲットは写真。以前散々整理したつもりが途中で終わっていたという難易度の高い断捨離物です。残っているのはフィルムがない400~500枚(推定)の紙焼きと、データ化してないフィルムたち。ネットで調べたら、最近は紙焼きのデータ化の値段もリーズナブルになってきたようなので、まずは紙焼きを整理してデータ化を検討することにしました。

しかし、200枚ほどまとめたところで、すでにデータ化した紙焼きがあることに気づきました。どうやら、以前フィルムをデータ化した際に、そのフィルムの紙焼きを捨てていなかったようなのです。ややこしい…。もうデータ化したものを再度データ化する必要はまったくないので、インデックスのサムネイルを見ながら紙焼きをバンバン捨てました。

100枚くらい捨てたところで紙焼きの整理は中断。まだデータ化してないフィルムがあるので、順番的には「フィルムのデータ化」→「紙焼きの整理」ということに気づいたのです。フィルムの整理も大変でした。コマごとの要・不要が選択できないので、一枚でも気になる写真が入ってるフィルムは捨てられません。頭を抱えながら、結局フィルムはあまり捨てられませんでした…。

そんなこんなで選ばれたデータ化されてないフィルムは21本です。捨てる勇気がないならデータ化するしかありません。結構な値段になります。今月は「住民税」というビックウェーブが来るのに…金欠だわ…。

そしてフィルムのデータ化が終わったら(出してから二週間後)また紙焼きの整理です。今度こそやりきらなくては。今後フィルムで写真を撮ることは滅多にないでしょうから、これを乗り越えれば写真に関してアナログなものが増えることはないのです。