牛久大仏+ジョイフル本田ツアー

   


今日はtotoさんに車を出していただき、るーさんと3人で牛久大仏+ジョイフル本田ツアーに行ってまいりました。牛久大仏がメインで、ジョイフルは牛久帰りのついでだったのですが、牛久大仏が思いがけず楽しくて時間がかかり、ジョイフルもジョイフルで楽しくて、もうすっかり楽しんじゃった一日でした。

なぜそもそも牛久大仏?という話は2年前のTwitterでの3者の会話が元なのですが、あえてここでは割愛。いつか行きましょう、という話がtotoさんのスペインバルでの「そろそろ」の一言でとうとう実現しました。お天気がよくてお花がたくさん咲いてて、暑すぎず、絶好のタイミングになりました。



牛久大仏はHPを見てても場所のイメージがわかず、片田舎にどーんと大仏様がそびえ立ち、その足元に申し訳程度のお店や施設があるような場所だと思っていました。しかしそれがいい意味で裏切られたと思います。お花畑では100円で10本のお花摘みを楽しみ(期間限定)、ふれあい動物園でおさるの曲芸を見た後うさぎ、りす、やぎなど小動物と触れ合い、最後に大仏様の胎内を堪能しました。


動物はかわいいし、お花はきれいでお花摘みをしたら思いがけず乙女心に火が付いたし(笑)、大仏様の胎内はとにかくきれいでびっくりしました。胎内は(見学用の窓以外は)外が見えないのですが、暗さは感じず、金キラ金の永代供養のスペースはむしろそのまばゆさが圧巻です。写経コーナーも落ち着いた場所にライトテーブル完備で、時間があったらトライしたいような素敵なスペースでした。


結局3時間くらいいたでしょうか。家族連れだったらもっとピクニック気分でのんびりしたくなるような場所でした。ここで宗教に目覚める人がいてもおかしくない気がするような魅力的な場所だったと思います。まだできて20年ほどでびっくり感は否めないですが、時間とともに土地になじみそうな、そんないい予感がいたしました。


さて、夕方に差し掛かる時間に今度はジョイフル本田に移動です。「ヤギが売ってるホームセンター」というキーワードで、かつ帰路で立ち寄りやすいという理由で連れて行っていただいたのですが、これまた都会の人間には楽しいところでした。私はヤギがメインのつもりが、サンルームに気を取られ、パンフレットをもらってくる始末。ロフト付のログハウスなんかもわくわくします。


肝心のヤギは売れてしまったのか小屋しかなかったのですが、犬、猫、そのほか小動物のウィンドーショッピング?を楽しみました。九官鳥やオウムなどの値段にはほんとたまげました。。るーさんが好きな園芸コーナーでは私もついバジルの苗を購入です。もうバジルは買わなくて済むように家で増やしたいです。


その他売り場を楽しんで、店を後にしたのは18時過ぎでしたでしょうか。夕食の場所を探すにもどうも気になるお店が見つけられなかったのですが、totoさんがすごい嗅覚で素敵なデリカテッセンを発見!ドイツで修業してマイスターの資格をもつご主人が経営するお店で、ここで美味しい肉料理を堪能いたしました。ブラックチェリーのデザートもおいしかった…。帰りにはこの5月にドイツで金メダルを受賞したばかりというソーセージもお買い上げです。

牛久大仏もジョイフル本田も楽しかったですが、最後も素敵なディナーで締めくくることができました。イヤー、本当に楽しい日曜になりました。totoさん、るーさん、ありがとうございました!また茨城ツアーお願いいたします^^

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - 旅行やおでかけ