片付け本の話

   

片付け本といえば「断捨離」とこんまりの「人生がときめく片づけの魔法」が有名ですが、わたくし、当然2冊とも読んでます。「断捨離」はあまりぴんと来なくて一回読んで処分してしまいましたが、一方こんまりさんの方は響くところがあって時々読み直しています。

で、効果がどれだけあったのかといえば、とりあえず服はこんまり流に畳んで片づけるようになり、取り出しやすくなって満足しています。ただ、まだ「捨てる」という点については気持ちが追い付いていません。

なのでまたさらに別の片付け本を読むことにしました。ノウハウは後にして、とにかくメンタルに訴える本が読みたかったのです。まだ読んでいる途中なのでなんとも言えませんが、まずまずの本です。勢い余って一番アンタッチャブルのクローゼットの中身を引っ張り出したら、物の山に埋もれてこの本自体が行方不明になりかけましたが(笑)。

今回の片付けは数年ぶりの大事になっています。

Google Adsense

※当ブログはシンガポール生活のブログランキングに参加しています!→にほんブログ村 シンガポール情報 ブログランキング・にほんブログ村へ

 - その他